BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨デジバイト(Digibyte/DGB)の特徴、将来性、価格、購入方法は?

バブルとも言われるスピードで成長する仮想通貨市場。全世界にある仮想通貨は1,000種類を超えるとも言われています。今回取り上げるのはビットコインなどに比べると少しマイナーなDigibyteという仮想通貨。みなさんはこの仮想通貨の名前を聞いたことがあるでしょうか?

高いポテンシャル。仮想通貨デジバイト(Digibyte/DGB)の特徴とは?

仮想通貨Digibyteが誕生したのは2014年1月。仮想通貨の歴史のなかでは比較的早い時期に誕生した通貨と言えます。通貨単位はDGB。発行上限は210億DGBに設定されており、2018年1月5日現在、約100億DGBが発行されています。
時価総額ランキングでは現在39位。1,000億円ほどの市場を持っている仮想通貨です。ここからは仮想通貨Digibyteの特徴について見ていきましょう。

ブロック生成速度が早い

仮想通貨では多くの場合、一定時間内に行われた取引データをひとつの箱のようなもの(ブロック)にまとめて処理しています。たとえばビットコインで設定されている時間は10分。これは10分に一度新しいブロックが生成されるということであり、10分以内の取引はすべてひとつのブロックに収められまとめて処理されるのです。しかし当然ブロックには許容量が。10分以内にその許容量を超える取引が行われた場合には、次のブロックに回されてしまうことがあります。これがビットコインのスケーラビリティ問題。現状ビットコインでは頻繁に取引遅延が起こってしまっているのです。
仮想通貨Digibyteではその心配がほぼありません。なぜならDigibyteでは15秒に一度ブロックが生成されるから。ブロックの大きさが同じであっても、ひとつのブロックの責任時間が短ければ、ブロックから取引データが溢れてしまう心配は少なくなります。単純にブロックの大きさが同じであれば、ビットコインの40倍の取引データを処理することができるのです。
また、Digibyteでは2年でブロックサイズを2倍にする特別な仕組みを持っています。もともとDigibyteはSegwit(取引データを圧縮してより多く処理しようとする仕組み)を最初に採用した仮想通貨。当初からスケーラビリティ問題に敏感だった仮想通貨と言うことができます。現状では想像できないほど取引量が増えない限りは永久にスケーラビリティ問題の心配がない。そんな通貨が、仮想通貨Digibyteなのです。

5つのマイニングアルゴリズムを採用している

仮想通貨Digibyteでは、以下の5つのマイニングアルゴリズムを採用しています。
・SHA-256
・Scrypt
・Groestl
・Skein
・Qubit
これもDigibyteの大きな特徴であり、メリットのひとつ。いったいどんなメリットがあるのでしょうか?
ビットコインではこれまで一部のマイナーによってマイニング市場が独占されつつあることがたびたび問題となってきました。彼らはASICBoostというデバイスを使って素人には真似できないような計算能力を実現しています。このASICBoostはSHA-256のアルゴリズムでしか使うことができません。Digibyteでは5つのアルゴリズムにマイニングを分割することで独占される可能性を未然に防いでいるのです。

その他にもスマートコントラクトに似た機能を実装していること、マイニングの難易度調整に柔軟に対応できることといった特徴があります。

将来有望?仮想通貨デジバイト(Digibyte/DGB)の将来性は?

Digibyteの将来性はどう考えられているのでしょうか?仮想通貨Digibyteはまだ有名通貨の一角というほどの知名度はありませんが、特徴からもわかるとおりとても高いポテンシャルを持った通貨です。2017年末から上昇傾向にありますが、今後もさらに値を上げていく可能性があります。また、League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)やMinecraftといった世界的な超有名ゲームのなかで通貨として利用されているという例も。これから先もゲーム内で使える通貨として広がっていく可能性も持っています。

1年弱で600倍以上に。仮想通貨デジバイト(Digibyte/DGB)の価格をチャートで振り返る

これは2018年1月5日現在の直近3か月のチャート。
Digibyteは公開後しばらく0.02円ほどで取引されていました。それが2017年3月ごろから少しずつ価値が上昇、6月には6.8円を記録します。しかしその後、大幅に下落。2円前後で推移する時期が続きました。ターニングポイントとなったのは12月初旬ごろ。再び大きく値を上げ、1月5日14時現在13円ほどまで高騰しています。

購入は海外の取引所で。仮想通貨デジバイト(Digibyte/DGB)の購入方法は?

デジバイト(Digibyte/DGB)を取り扱っている国内の有名取引所は?

Digibyteの取り扱っている有名仮想通貨取引所は、国内にはありません。どうしても手に入れたいという方は今の時点では海外の取引所を利用する以外になさそうです。次の項では海外の取扱取引所を紹介します。

デジバイト(Digibyte/DGB)を取り扱っている海外の有名取引所は?

Digibyteの取り扱いがある海外の有名仮想通貨取引所は以下です。

Poloniex(ポロニエックス)

アメリカの仮想通貨取引所。60種以上のアルトコインを取り扱っている。

Bittrex(ビットレックス)

アメリカの仮想通貨取引所。マニアックな仮想通貨の取り扱いにおいては右に出るものなし。

HitBTC(ヒットビーティーシー)

イギリスの仮想通貨取引所。ICO仮想通貨に強い。

海外の取引所を利用する場合には円建てで(日本円を使って)購入することができません。ビットコイン建て、あるいは対応している法定通貨で購入することになります。ビットコイン建てで購入する場合には、まず国内の取引所でビットコインを購入、そのビットコインを海外の取引所に開設した口座へ送金し、それを使って購入するようにしましょう。

仮想通貨デジバイト(Digibyte/DGB)は今のうちにチェックしておくのがおすすめ

仮想通貨Digibyteについてわかっていただけたでしょうか?Digibyteはポテンシャルも高く、将来性についても見込まれている通貨です。今のうちにチェックしてみてはいかが?

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP