BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨FX(ビットコインFX)と外国為替証拠金取引(FX)の違いは?

最近さまざまな場所で、その存在を聞かれるようになった仮想通貨。
そんな仮想通貨は実際のお金を使った現物取引だけでなく、証拠金を利用したFX取引も可能となっています。
仮想通貨FXは誰でも参加できることから、今後もさらにたくさんの人々の間で広まっていくことでしょう。
しかし闇雲に取引を続けていては、仮想通貨FXのメリットを活かすことができません。
特に本来のFX(外国為替証拠金取引)との違いは、利益のためにはっきりと理解しておく必要があるでしょう。
こちらのページでは、そんなFXとの違いや仮想通貨FXが行える取引所について解説しています。
ビットコインFXや仮想通貨FXに興味があるのなら、ぜひチェックしてみてください。

現物取引と仮想通貨FXの違いは?

現物を扱うかどうか

仮想通貨は基本的に、実際の日本円を入金して購入・売却を行います。
例えば150万円のビットコインを1BTC買うには、日本円の150万円を用意する必要があるのです。
そして同じように、1BTCが150万円のときに売却を行えば、150万円の現金を手に入れることができます。
これがいわゆる現物取引で、外国為替市場ではスポット取引とも呼ばれます。
売買した結果が即座にお金に反映されるため、わかりやすい取引方法だといえるでしょう。

一方で仮想通貨FXとは、手元にある現金以上の金額で取引が行える制度です。
証拠金を預けることでレバレッジ取引が可能となり、少ない金額でも大きな額をトレードできるようになります。
仮想通貨の値動きで利益をあげるには、元手となるお金は大きい方が有利です。
そのため本格的な取引を行うのなら、現物取引よりもFXをおすすめされることが多いでしょう。

レバレッジ取引

仮想通貨FX最大の特徴は、レバレッジ取引です。
レバレッジ取引とは預けた証拠金に対して、数倍から数十倍のお金を利用できるようになるシステムのことを指します。
例えば1万円を証拠金として預ければ、5倍で5万円、10倍で10万円のお金を取引に利用できるようになるのです。
国内には25倍という高倍率でレバレッジ取引ができる取引所も。数万円からでもかなり大きな取引にチャレンジすることも可能です。
「取引に使える資金が豊富に準備できないけれど大きな取引がしたい」というときには、FXでのレバレッジを活用してみてはいかがでしょうか?

仮想通貨FX(ビットコインFX)と外国為替証拠金取引(FX)の違いは?

 

取扱う商品の違い

仮想通貨FXと外国為替証拠金取引(FX)の1番の違いは、取引に使う商品です。
仮想通貨FXではその名の通り、ビットコインやその他のアルトコインといった仮想通貨の取引が行われます。
一方で外国為替証拠金取引は、日本円・米ドル・ユーロといった実際の通貨を取引の対象としているのです。
通貨によって使い道や売買のポイントが異なるので、2つの違いは明確に把握しておきましょう。

取引可能時間の違い

仮想通貨FXと外国為替証拠金取引は、取引時間にも違いが見られます。
仮想通貨FXの取引は1日24時間となっていて、朝でも夜でも関係なく取引を行うことが可能です。
そのためどんな生活スタイルを送っている人でも参加しやすく、自分のやりやすい形で通貨のやりとりが行えるでしょう。
しかし残念ながら、外国為替証拠金取引は平日しか取引ができません。
平日が忙しいと、なかなか本腰を入れて取引が行えないかもしれませんね。
その点仮想通貨FXなら、1日24時間の取引に加えて、土日の取引にも対応しています。
休日にゆっくりと取引がしたいユーザーには、この違いは大きなものとなるでしょう。

仮想通貨FXのメリットは?

値動きが激しい

仮想通貨はその革新性と将来への期待から、価格が大きく変動することがよくあります。
そのためボラティリティ(価格の変動率)が高くなり、大きな利益を生み出しやすくなるのです。
数日・数週間で一気に値段を乱高下させることも少なくないため、タイミングを見極めることができれば一獲千金が狙えるかもしれません。
短期間で集中した取引をするのなら、他の投資と比べても仮想通貨FXが向いているといえますね。

少額からでも参加できる

外国為替証拠金取引だけでなく仮想通貨FXでもレバレッジ取引が行えるため、少額からでもスタートすることが可能です。
レバレッジを最大までかければ、少額でもそれなりの利益を狙えるでしょう。

換金のスピードが速い

FXで得た利益を日本円に換金するには、それなりの時間を必要とします。
しかし仮想通貨FXならあっという間。自分の専用ウォレット(仮想通貨用のデジタルサイフ)や銀行への出金は早ければ数十分で終了です。

仮想通貨FXの気をつけたい点は?

 

追証とロスカットをチェック

外国為替証拠金取引と同じように、仮想通貨FXにも追証とロスカットが存在します。
追証とは価格の下落などによって証拠金の維持率が低下した際に、新たに証拠金の追加をお願いする制度です。
証拠金が追加されないと取引が行えなくなるため、事前に追証の維持率を把握しておきましょう。
またロスカットとは、仮想通貨の暴落などによって含み損が大きくなった際に取引を強制的に決済するシステムです。
現物による仮想通貨取引では追証やロスカットがないため、自分が売買を確定しない限り含み損を抱えたとしても取引を継続することはできます。
その点仮想通貨FXは強制的に取引が終了してしまう可能性があるため、突然の値動きには十分注意しておきましょう。

スワップポイントがない

外国為替証拠金取引には、通貨間の金利差を利用したスワップポイントという利益の獲得方法があります。
金利をプラスにできる取引を継続していれば利益の獲得につながるため、スワップポイントを活用したトレードは多くのユーザーに推奨されているのです。
しかし仮想通貨FXでは、このスワップポイントを利用することができません。
仮想通貨FXは売買の選択に関わらず、取引を継続している限りマイナスのスワップが発生してしまいます。
取引所によって異なりますが、だいたい0.03~0.04%ほどスワップとして徴収されるようです。
長い期間取引を行う予定なら、スワップの値にも気を配っておきましょう。

仮想通貨FXができる取引所は?

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは動画コンテンツや金融サービスで人気を博している大手DMMグループが手がける仮想通貨取引所。
最大の特徴は人気のアルトコインでレバレッジ取引できることです。現物取引、レバレッジ取引ともに手数料が無料。
さらにレイアウト変更やオリジナル仕様にカスタマイズできる取引ツールが魅力です。

GMOコイン

取引手数料が無料なGMOコインは仮想通貨初心者にもおすすめできる取引所です。
売買の画面や手順も単純明快で、スムーズな取引ができると評判になっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer Lightningという専用の売買ツールが魅力で、直感的な操作が売りであるbitFlyer。
仮想通貨FXの取扱いも行っていて、レバレッジは最大15倍、日本円を証拠金として預けることができるなどの特徴があります。

Coincheck(コインチェック)

仮想通貨の種類が日本でトップクラスであるコインチェックでは、最大5倍のレバレッジ取引が可能です。
まずは小さめのレバレッジで取引に慣れていきたいという人に、ぴったりの取引所だといえるでしょう。

Zaif(ザイフ)

取引所Zaifでも、AirFXと呼ばれる仮想通貨FXを利用することができます。
レバレッジは最大25倍までかけることができます。

仮想通貨FXは誰でもはじめられる

仮想通貨FXと外国為替証拠金取引の違いについて、わかっていただけたでしょうか。
上記でご紹介したようなメリットに興味があるのなら、仮想通貨FXに挑戦する準備をはじめてみてください。
もちろん、チャンスのあるところにはリスクも潜んでいます。リスクについてもしっかりとした知識を持ち、正しい判断の下で仮想通貨の取引を行っていきましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP