BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨Steem(スチーム/STEEM)の特徴、価格、取引所、将来性は?

「Steem(スチーム)」は、ユーザーが報酬をもらえる初のSNS(ソーシャルメディア)のプラットフォームとして注目を集めています。このSteemには優良コンテンツを集める目的があり、「Steemit.com」のサイトで独自の仮想通貨が使われています。

大注目の「Steem(スチーム)」について、特徴や価格、将来性を知っておきましょう。

仮想通貨Steem(スチーム/STEEM)の特徴

Facebook(フェイスブック)など従来のSNSでは、投稿されたコンテンツについて報酬が支払われることはありませんでした。しかし、Steem(スチーム)は「Steemit.com」というサイトにブログと同じように投稿でき、投稿した人や読者に報酬を支払うという初めてのシステムを併せ持つ仮想通貨です。

Steemではブロックチェーンにデータが記録されるので、システム障害や投稿が消えることがありません。

Steemitには3種類の通貨がある

サイトの中では連動する3種類の仮想通貨が使用されています。「Steemit.com」を利用すると、「Steem Power(SP)」50%と「Steem Dollar(SMD)」50%で報酬が支払われます。そして、この報酬を現金化する際に、STEEMが必要となります。

ベースとなる仮想通貨「STEEM」は、1年間に100%ずつ新規発行され、増えていく仕組みです。供給量が増えるとSTEEMの価値は下がってしまうため、SPかSMDに変換する必要があります。SPやSMDに変換することで、STEEMは価値を保っているのです。

「Steem Power(SP)」は保有量に応じて投稿量が決まり、利子が付く仮想通貨で、「Steem Dollar(SMD)」は常に米ドルと同じ価値になるよう調整されてる仮想通貨です。STEEMからSPへの変換はすぐにできますが、SPからSTEEMへの変換には制限がつくので注意が必要です。

また、Steemで報酬を受けるにはコンテンツの投稿やコメントをするのですが、他のユーザーから価値があると評価され、票が入った場合に報酬が発生します。このシステムでは、質の良いコンテンツやコメントがユーザー自身の利益になるように構築されているのが特徴です。

Steem(スチーム)は長期的に発展する?その将来性とは

Steemは創業者ダニエル・ラリマーにより、2016年4月に公開されました。時価総額ランキングで30位前後をキープしている人気の仮想通貨です。

Steemの3種類の仮想通貨に見られるシステムは、短期的な投機を避け、長期的に保有してもらうことを目的に作られているためです。Steemのシステムでは、ユーザーに支払う報酬は新たにコインを発行することでまかなっています。

発行量が増えていく中で、いかに価値を維持していくかに注目です。Steemはまだ開発途上にあり、今後は課題をクリアしていくことで将来性が期待できる仮想通貨と言えるでしょう。

仮想通貨スチーム(STEEM)の現在価格は?

 

Steemの取引価格は、2018年7月9日現在、1STEEM=約200円です。チャートを見てみると、昨年2017年の12月中旬から今年2018年の1月にかけて、暴騰と暴落がありました。その後4月にも高騰がありましたが、現在は仮想通貨市場とともに収束を見せ、200円前後で推移しているようです。

時価総額にすると、2018年7月9日時点で約520億円で、ランキング40位前後に位置しています。

仮想通貨スチーム(STEEM)を扱う取引所は?

Steemは国内の取引所では取り扱っていないため、売買には海外の取扱所を利用しましょう。

主な取り扱い店舗には、Binance(バイナンス)Huobi(フオビ)Bittrex(ビットレックス)Poloniex(ポロニエックス)などがあります。これら海外の取引所で取引をするには、国内に口座を開設しておいてからビットコインを送金する必要があります。

Binance(バイナンス)
世界最大とも言われる中華系の取引所。以前は日本語に対応していたが、現在は非対応。

Huobi(フオビ)
中国発の大手取引所。取引所の独自トークンHTでも有名。

Bittrex(ビットレックス)
アメリカの大手仮想通貨取引所。アルトコインは200種類以上。

Poloniex(ポロニエックス)
アメリカの大手仮想通貨取引所。取り扱っているアルトコインは60種類以上。

Steem(スチーム)はSNSをサポートする仮想通貨!

Steemは従来にはなかったSNSをサポートする仮想通貨です。価値のあるコンテンツへ報酬が発生するというシステムで人気を博しています。]

Steemの成功を分析すると、現代においては質の良い情報を共有することが大変重要であることが分かります。新しい切り口の仮想通貨としてSteemの将来性に期待が寄せられています。Steemの今後の動向に要注目ですね。

関連記事

大手仮想通貨取引所Huobiにスチーム(STEEM)が上場!

韓国の大手取引所bithumbにスチーム(STEEM)とストラティス(STRAT)が上場!

中国政府が主要仮想通貨28種の格付けを発表!第1位はイーサリアム(ETH)

中国政府による仮想通貨の格付け第2弾!第1位はイオス(EOS)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial