BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨DigixDAO(ディジックスダオ)の特徴、価格、取引所、将来性は?

仮想通貨は、決済手段としてよりも、投機など資産運用での利用が目立っていますが、その資産の考え方と仮想通貨の技術を融合させることで、画期的なブロックチェーンシステムが誕生しました。その仮想通貨の名前は「DigixDAO(ディジックスダオ)」。今回は、その特徴や将来性を紹介します。

実物資産と仮想通貨の融合!DigixDAO(ディジックスダオ)の特徴とは

DigixDAO(ディジックスダオ)は2016年に公開された仮想通貨で、通貨単位は「DGD」です。イーサリアムのブロックチェーンプラットフォームを使用して、現実の金(ゴールド)をトークンに変換するというサービスです。
仮想通貨はインターネット上でのみ存在する通貨であり、現実世界にはモノとして仮想通貨はありません。オンライン上の取引がメインである仮想通貨の世界では、悪意のあるユーザーによって保有しているビットコインが盗まれるなどの事件が起こる可能性も否定できません。そのような状況から、仮想通貨とセキュリティ性の高い実物資産を融合させたのが「DigixDAO」です。
この仕組みは、従来のマイニングやフォージング、ファーミングとも違います。DigixDAOで新しく採用されている仕組みは、「PoA(Proof of Asset)」と呼ばれるものです。これは、Digixのブロックチェーン上に仮想通貨と実物資産である金の取引を証明・記録するシステムであり、現実世界とネット上に保管場所を分散させることによりそのセキュリティ性を高めています。端的に言えば、ブロックチェーン利用することで、金を保有するためにわざわざ金の延べ棒を自宅の金庫に抱え込む必要がなくなるということです。安定資産である金と密接に結び付くことにより、DigixDAOの資産価値も高くなっています。

「DGX」と「DGD」の2種類のトークンがある

DigixDAOには、「DGX」と「DGD」の2種類のトークンがあります。
決済用としての利便性を高めるために用意されたのが「Digix Tokens(DGX)」と呼ばれるトークンです。「PoA Card」から作られ、「1g=1DGX」として1gあたりの金の価値を示します。
一方、DGDは仮想通貨取引所で取引されるトークンです。Digixプロジェクトに投票できる権利などがあります。

仮想通貨DigixDAO(ディジックスダオ)の将来性は?問題点と需要の見込み

ビットコインは、そのネームバリューや信頼性から、売買が激しく変動のリスクも非常に高い銘柄です。他のアルトコインについても同様のことが言えますが、DigixDAOについては安定した資産である金を後ろ盾にしていることもあり、長期的な価格の安定につながることが予想できます。仮に、この先ビットコインのマイニング問題や51%攻撃などのバブル崩壊につながるアクシデントが起こったとしても、金を担保としているDigixDAOは価格の暴落リスクを免れる可能性があります。ただ、仮想通貨というものが本来物質的な制約から離れた次元での取引を売りにしているのに対して、このDigixDAOはその仮想通貨最大の利点をつぶしてしまっているのではないかという意見もあります。それであれば、サイバー攻撃のリスクがあるブロックチェーンではなく従来通り自宅の金庫で囲ってしまうほうが安全なのではないかということです。確かに、仮想通貨のプラットフォームで金資産を扱うということに対して不安や矛盾を感じる人もいるかもしれませんが、さらに強固なセキュリティ技術も開発される可能性もあります。さまざまな要素が未知数ではありますが、将来性のある通貨なのではないでしょうか。

仮想通貨DigixDAO(ディジックスダオ/DGD)の価格は?

DigixDAOは、2016年の間はしばらく1DGD=1,000円前後を推移していました。しかし、2017年の5月に入ると価格の上昇が見られ、同月末には10,000円を突破しました。その後も順調に上昇を続け、2018年1月には1DGD=20,000円まで高騰します。そして、2月3日にはなんと50,000円を突破しました。
2月26日現在は、1DGD=約45,000円、時価総額は890億円となっています。

仮想通貨DigixDAO(ディジックスダオ/DGD)を扱う取引所は?

残念ながら、2018年2月時点でDigixDAOを扱う取引所は国内にはありません。したがって、海外の取引所を利用する必要があります。
DigixDAOの取り扱いがある主な取引所は以下の通りです。

Binance(バイナンス)
中国の大手仮想通貨取引所。日本語にも対応している。

Huobi(フオビ)
中国の大手仮想通貨取引所。日本語にも対応している。

Livecoin(ライブコイン)
イギリスの大手仮想通貨取引所。マイナーなアルトコインの取り扱いが豊富。

HitBTC(ヒットビーティーシー)
イギリスの大手仮想通貨取引所。ICO直後の仮想通貨も取引できる。

Liqui(リクイ)
ウクライナの仮想通貨取引所。ICO直後の仮想通貨を積極的に取り入れている。

決済用通貨の先駆けとなるか?仮想通貨DigixDAO(ディジックスダオ)の挑戦は続く

投機目的で扱われがちな仮想通貨ですが、このDigixDAOは先に説明したような観点からみても有用な通貨と言えるでしょう。金は地球上に存在量が限られているため、価格が変動しにくいという仮想通貨と真逆の特徴を併せ持っています。資産としての価値はもちろん、このPoAのシステムは、仮想通貨と実物を結びつけるきっかけになるものという見方もできます。これを足掛かりに、決済用としての需要も今後高まるかもしれません。それに向けて、DigixDAOは日々研究されていくのです。ユーザー側としては、しっかりその動向をチェックしておきたいところですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial