BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の特徴、将来性は?

2017年12月、仮想通貨の歴史上まれにみる値上がりをビットコインが記録しました。その額、日本円にして1BTCあたり200万円。2009年の発行当初単位あたり1円だったビットコインが、8年の間に200万倍になるというとてつもない暴騰が起こっています。

一発逆転も夢ではない仮想通貨ですが、今回はまだ値上がりしきっていないアルトコイン「Binance Coin」について紹介していきます。

BINANCEとは中国の大手取引所!仮想通貨バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の特徴は?

仮想通貨は通常、インターネット上に分散されたノードと呼ばれる端末を通して広範囲に管理されています。銀行や国のような組織に依存せず、ある一定のネットワーク内で計算処理されています。その根幹をなす仕組みがブロックチェーンですが、ブロックチェーンの抱える問題を解決すべくさまざまな仮想通貨が生み出されています。Binance Coinもその一つです。

Binance Coinは中国の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)のコミュニティ通貨のような扱いでしたが、2017年に一般公開されました。取引所が運営母体であるという特徴は、他のコインに比べても強みといえるでしょう。通貨の消失リスクが減るということです。一般の仮想通貨であれば、中央集権的でない反面、支持組織というバックボーンがないため、稼動が長続きしないという欠点があります。仮想通貨ならではの分散型システムですが、新規上場する仮想通貨にとっては厳しい条件といえるでしょう。

仮想通貨バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の将来性はどう考える?

仮想通貨の将来性は、全体的に不透明な点が多くあります。そもそも投機目的の仮想通貨競争がいつまで続くのか決済用通貨としての利用は可能なのかインフレは起こらないかなど、将来性を考える上で不確定な要素が多すぎるのです。

短期売買であればチャート分析などで動向を見守ることで、短いスパンの値動きを予測することはできるでしょうが、将来性は予測することが難しいのです。Binance Coinは運営母体であるBinance自体が多くのアルトコインを扱っているため、将来的にますます取引が盛んになる可能性は秘めています

仮想通貨の価値は保証しにくい側面がありますが、運営母体の業績が活発化すれば、それに伴い仮想通貨のレートも上がってくることは想像に難くありません。

仮想通貨バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の現在の価格は?

 

Binance Coinは2017年11月ごろまで10円前後で取引されていました。しかし、その後大きく高騰。仮想通貨市場の拡大も相まって、大きく価格を上げます。

2018年1月6日には過去最高値となる2,755円を記録しました。順調に高値で推移していくかと思われたバイナンスコインですが、仮想通貨市場の収束とともに大きく下落。

取引所Binanceの躍進などもあり、また少しずつ価格を上げてきていますが、7月9日現在は1,500円ほどにとどまっています。

取扱取引所はBINANCEだけ。仮想通貨バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の購入方法は?

Binance Coinは中国のマイナーなアルトコインです。そのため、日本国内には取扱店舗がありません。

Binance Coinを入手するためには、運営母体でもあるBINANCE(バイナンス)にて口座を開設する必要があります。口座を開設するとなると、例えば日本の証券会社であれば税金の関係もあり、マイナンバーの提出が義務付けられていますが、そのようなリスクのある個人情報は提出する必要はありません。名前や性別、国籍などの情報とパスポート番号を入力するだけで、簡単に口座を開設することができます。

Binanceは海外ユーザーの利用を推進している会社であり、日本国内にいながらでも安全に取引することができます

思い立ったが吉日!すぐにでも手に入れたい仮想通貨バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)

仮想通貨は日々進化しています。ビットコインをきっかけに起こった空前の仮想通貨ブームですが、この流れが一時的なものなのか継続していくのかは、おそらく誰も明確な判断を下すことはできないでしょう。今日買った仮想通貨が明日には全くの無価値になってしまうといった、いわばギャンブルのような相場気配を感じる人もいるかもしれませんが、余剰資金でお守り代わりに仮想通貨をいくつか持っておくことで、少ないリスクで仮想通貨市場に参加することができます。

また、ある取引所では電力会社と提携してビットコイン決済を導入する取り組みがスタートしています。ビットコインをめぐる環境も次第にさまざまな企業を巻きこむ形になってきており、その動向から目が離せないでしょう。

関連記事

BINANCE(バイナンス)の特徴、評判、取扱通貨、登録方法を解説!世界最大の仮想通貨取引所

大手仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が選ばれる3つの特徴とは?

2018年下半期、BITDAYSが選ぶおすすめ仮想通貨ランキング!

仮想通貨取引所の独自トークン(独自コイン)5選!

大手取引所Binance、独自通貨バイナンスコイン(BNB)のバーン実施

大手取引所バイナンスに「XRP/BNB」など4種類の通貨ペアが追加!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial