BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

ライデンネットワーク(Raiden Network)の特徴は?

ライデンネットワーク(Raiden Network)はイーサリアムのプロジェクトの一つで、ネットワークを利用する際に使われる通貨単位は「RDN」。ライデンネットワークは、手数料や時間を節約できるシステムとして技術の開発が進んでいます。この通貨の特徴などを理解し、動向に注目しましょう。

ライデンネットワーク(Raiden Network/RDN)の特徴は?

クールな響きのライデンネットワークは、イーサリアムのブロックチェーンの情報処理量を減らし高速化するシステムです。データ量の増加へ柔軟に対応できるため、スケーラビリティ問題への対策として注目を集めています。また、イーサリアムで利用される人気のトークン「ERC20」にも対応。ブロックチェーンの外で高速処理されることがポイントで、短時間で取引ができることは利用者にとって大きなメリットでしょう。ライデンネットワークは主に小売りの支払いや「P2P」キャッシュ、マイクロペイメント(少額決済)などの決済に利用されています。
また、「μRaiden(マイクロライデン)」は似ているネットワークですが、中継者がいないので手数料を払わなくても良いシステムです。複数の中継者に手数料を払うライデンネットワークよりも節約が可能になります。ライデンネットワークは開発中のシステムで、複数の中継地点にはデポジットが必要なことなど課題もあります。多額の送金をする際にはデポジットが不足する可能性もあるでしょう。
ライデンネットワークは少額の取引に向いていると言うことができ、ブロックチェーンの大きな課題であるスケーラビリティ問題に対応できます。今後さらにライデンネットワークの技術開発が進むことで、価値が上がる可能性もあるでしょう。

ライデンネットワーク(Raiden Network/RDN)の将来性が気になる!

ライデンネットワークのICOは、大多数のICOとは異なる「ダッチオークション」という形式をとっていました。この形式は、普通のオークションのように値を上げていくのではなく、はじめに売り手が高めの価格をつけ、次第に値を下げていくことで取引がスピーディーに進む方法です。従来のICOではセールの買い占めが起こり、短時間で販売終了になることもあります。しかしダッチオークション形式を取ったことで、多くの投資家にRDNが分配されています。ライデンネットワークはスタートアップのトークンセールで最大供給量の半分、50万RDNが販売されました。

ライデンネットワーク(Raiden Network/RDN)を取り扱う取引所は?

ライデンネットワークは、2017年10月18日〜11月1日にICOをおこない販売が終了しています。そして、発売後は取引所へ上場していないため入手することができません。開発者であれは、サービスの提供で得られる「ペリフェラル手数料」を入手することも可能ですが、一般の投資家が取引所で入手することは難しいでしょう。Raiden Networkの動向に注目し、上場するのかどうか情報を得ておくことをおすすめします。

ライデンネットワーク(Raiden Network/RDN)の動向を追おう

Raiden Networkは、仮想通貨全体の大きな課題とされる「スケーラビリティ問題」に対応するシステムとして期待されています。Raiden Network最大の特徴である短時間での取引処理は、プロジェクトが進行中で今後の開発について注目を集めています。Raiden Networkの今後の動向を把握しておくことをおすすめします。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP