BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

ストレージ系の有効活用!Siacoin(シアコイン/SC)の特徴や将来性は?

ビットコインの急騰を受け、空前絶後の仮想通貨ブームが起こりました。2017年の円相場ではビットコインが年率リターン1,000%にもなり、そうかと思えば2018年に入り下落し続けている現状です。仮想通貨に関しては今後もその動向に注目が集まりそうです。そんな仮想通貨市場では、新たな通貨が続々と誕生しています。今回はアルトコインのひとつ「シアコイン(Siacoin)」について紹介します。

シアコイン(Siacoin/SC)の特徴は?

2015年に一般公開された仮想通貨シアコインは、ストレージ系のブロックチェーン技術を取り入れた銘柄です。マイニングは基本的にPoS方式を採用しており、マイニング量に応じて報酬が生まれる要素を持ち合わせています。ブロック生成時間は約10分程度で、計算処理という面では初期のビットコインと大きく変わりありません。
シアコインの大きな特徴として、ストレージの有効活用ができるという点があります。一般の企業が提供しているクラウドストレージ機能は、容量や情報の複雑さが増しており、管理コストも増大する傾向にあります。そこに目を付けて、クラウドストレージとブロックチェーン技術を組み合わせるという方法で分散的に管理する手法を作り出したのです。シアコインでは、そのプラットフォーム上で個人のストレージをクラウドに提供することで報酬がもらえるという画期的なシステムを売りにしていますが、それはブロックチェーンとクラウドストレージの機能があることにより実現されています。この報酬体系はマイニングでもフォージングでもなく、ファーミング(耕作)という新しい仕組みです。

ストレージ系の仮想通貨は人気が高い?

シアコインの報酬はストレージの貸し出しに対して支払われます。そのようなシステムを組み込んだ仮想通貨の銘柄は他にもあって、例えば「Maidsaifcoin」や「Storjcoin」などもストレージの貸し出しによる報酬体系を採用していますが、このような種類の仮想通貨はストレージ系コインという扱いを受けており、人気を博しています。Coinmarketcapでも、Maidsafecoinは40位台、Storjcoin90位台といずれも上位100位以内にランクインしており、その人気ぶりが伺えます。通常、ビットコインなどでマイニング報酬を得るためには、多大な計算処理能力と電力を要するため個人では報酬が得られにくいという欠点がありました。それに次いで作られたフォージングという仕組みでは、コインの保有に応じて報酬が支払われるのですが、こちらもやはり大口の投資家などの資金力があるユーザーにインセンティブが偏ってしまうという不均衡性がありました。
それらの課題を解決しうる一般ユーザー向けのストレージ系仮想通貨は、今後需要の増加にともない価値が上昇する可能性が十分に期待できる、将来性ある銘柄といえます。

シアコイン(Siacoin/SC)の時価総額

シアコインは2018年2月時点で時価総額が約700億円、Coinmarketcap上のランキングでも31位です。2017年の11月下旬ごろから価格が上がり始め、2018年1月6日に最高価格の10.5円をマーク。2017年の2月は0.5円にも満たない金額だったため、およそ1年で20倍もの価格になったことがわかります。現在は1SCあたり2円前後を推移し、今後も成長し続けることが期待できます。

シアコイン(Siacoin/SC)を取り扱う取引所は?

シアコインは国内の取引所では取り扱われていません。海外でのみ売買が可能であり、インターネットを経由して安全・即時的に決済することができます。取扱店舗としては、「Poloniex(ポロニエックス)」「Binance(バイナンス)」が挙げられます。これらの海外取引所ではシアコイン以外にも新規性の高いアルトコインを多く取り扱っていることもあり、幅広い銘柄が頻繁にやり取りされています。これらの取引所で売買に参加するには、事前に国内の取引所でウォレットを作成しておき、ビットコインなどのメジャーな通貨を購入しておくと便利です。

 

Poloniex(ポロニエックス)
アメリカの大手仮想通貨取引所。取り扱っているアルトコインは60種類以上。

Binance(バイナンス)
中国の仮想通貨取引所。日本語にも対応しているため、日本人でも使いやすいのが魅力。
※2018年2月7日現在、日本語対応は停止されています

仮想通貨は未来のお金!まずは実際に取引してみよう!

仮想通貨市場はまだまだ未発達で、ビットコインが目立っているものの仮想通貨自体の知名度や信頼性は市民権を得ていない状況といえます。将来性は十分ありますが、得体の知れないモノという不安が強い人も多いかもしれません。まずは実際に取引所などでウォレットを作成し、取引をしてみることがおすすめです。少額のものであれば1,000円程度でも可能であり、気軽に売買できます。小さな一歩を踏み出して、仮想通貨のトレンドに乗り遅れないようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial