BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ビットベイ(BitBay/BAY)の特徴、将来性は?

BitBayは、オンライン取引を保護するセキュリティの提供を目指す仮想通貨です。日本で仮想通貨といえば取引量世界1位のビットコインですが、その他にも1,400種以上の仮想通貨が存在しています。

今回はそんな仮想通貨の中からBitBayに焦点を当て、BitBayの提供する技術についてご紹介していきます。

匿名同士で商品やサービスの売買をおこなう仮想通貨ビットベイ(BitBay/BAY)の特徴は?

ブロックチェーン技術を用いて運用されているBitBay。ブロックチェーン技術とは、分散型システムのことです。

分散型システムと、世界中に点在するパソコンにデータを置くことで壊せないネットワークを作ることをいいます。何故壊せないのかというと、データを持っている世界中のパソコンを一瞬で壊さない限り、残っているパソコンからデータを再構築することができるからです。

また1か所にデータをまとめておかないことでシステムのハッキング防止につながっています。世界中にデータがあるということは、自分の帳簿を世界に向けて公開するということでもありますが、他の利用者がコインの動きを監視してくれるという見方もあり不特定多数の人間に見られているということが不正への抑止力となっています。

こうした技術を用いることで、BitBayでは当事者同士が匿名でも、不正なく商品やサービスの売買をおこなえる環境の実現を目指すプロジェクトです。高度な技術やセキュリティによって、安全性を提供できるプラットフォームとなっています。

スマートコントラクトにより安全性を実現

BitBayは買い手と売り手が共同口座に一定量の通貨BAY(保証金)をロックしておき、取引がうまくいくとBAY(保証金)を解放するという仕組みです。買い手と売り手のどちらかが害を及ぼそうとすると、共同口座にロックしておいた保証金を失うようになっています。これにより、仲介者の存在なしで双方が安全な取引が可能です。

分散型エスクローとは

エスクローとは、取引の際に決済を仲介する役目の人物や企業のことをいいます。例えば、ネット注文において、取引相手から商品が届かないなどの事案が発生した場合にエスクロー役が介入することでトラブルを避けることができます。

BitBayでは、契約書、領収書や誓約書、公証人、インボイスなどのすべての情報が検索可能のため透明性があり、エクスクローが存在しなくてもトラブルを避けることができます。さらにそのデータを世界中に分散させているためサーバーダウンなどの不測の事態が起きてもデータを復元させることができます。

両者の通貨を担保に取引をおこなうダブルデポジットエスクロー(DDE)

さらに、BitBayではビットコインの基盤となるピア・ツー・ピア仮想通貨プロトコルを維持しつつ、ダブルデポジットエスクロー(DDE)も導入。

通常、ビットコインをウォレットへ送金した場合には商品もしくはサービスの取引、また他の塚の取引に関して、その仲介者となる存在がプロセスを終了させる必要がありました。しかしBitBayにはプロセスを終了させるところまで自動でおこなうため、仲介者が必要ありません。

また、仲介者不在でも売買や取引をおこなう両者が公正になるよう、当事者は双方のエスクローに同意した量の通貨を担保にするというルールもあります。

仮想通貨ビットベイ(BitBay/BAY)、今後の動向や将来性は?

BitBayは2014年から開発からようやく機能のリリースが始まったところです。2018年にはモバイルアプリウォレットや最終的なスマートコントラクトテンプレートのリリースが予定されているほか、ダイナミックペグのリリースや完全機能Webウォレットマーケットプレイスといったことも公開されているため、期待が持てる通貨の一つといえそうです。

2018年3月26日の午前中、1BAY=5円前後を推移していた価格が急騰。昼過ぎには7円近くまでなり、今後もどのような動きを見せるか注目です。

仮想通貨ビットベイ(BitBay/BAY)を取り扱う取引所は?

BitBayが購入できる仮想通貨取引所は、2018年3月時点で日本にはまだありません。そのため、日本からBitBayを購入するには国内の取引所でビットコイン(BTC)購入し、BitBayを扱う取引所へ送金しなければなりません。

BitBayが購入できる取引所はまだ多くありませんが、USドルを基に資産価値を安定させながら、成長していくことを目指している仮想通貨なので今後は取引をおこなえる場所が世界でも増えていく可能性があります。

BitBayを取り扱う主な仮想通貨取引所は以下の2つです。

Bittrex(ビットレックス)
アメリカの大手仮想通貨取引所。アルトコインは200種類以上。
Cryptopia(クリプトピア)
ニュージーランドの大手仮想通貨取引所。取引手数料が安いのが特徴。

仮想通貨ビットベイ(BitBay/BAY)。5~10年後の仮想通貨のニーズを考える

2017年の4月に日本政府がビットコインでの決済を正式に認めたことから、日本では2017年をビットコイン元年と称しています。国内における紙幣のデジタル化が進むことでより高い安全性や利便性が仮想通貨には求められています。

BitBayは日本ではまだ認知度が低い仮想通貨ではありますが、世界的な視野でみると決して認知度が低い仮想通貨というわけではありません。仮想通貨が使用できる場所において、世界共通の通貨単位であるのと同様に、日本国内においても仮想通貨に対しては世界基準の判断をしていく必要があります。

5~10年後の仮想通貨に対する国内でのニーズの高まりを考えたうえでBitBayは有効に利用できる可能性が高い仮想通貨といえます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial