BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨クーコインシェアーズ(KuCoin Shares/KCS)の特徴、将来性、価格、購入方法は?

投資は利益が期待できることもある反面、リスクをともなうこともあります。仮想通貨も同様です。急騰することもありますが、暴落によるリスクも考えておきたい投資です。リスクをできるだけ避けるためには、できるだけ多くの情報を吸収しましょう。

ここでは、仮想通貨取引所KuCoinが独自に発行している取引所トークンKuCoin Sharesについて解説していきます。

仮想通貨クーコインシェアーズ(KuCoin Shares/KCS)の特徴

KuCoin Sharesは2017年9月に香港で開設された仮想通貨の取引所であるKuCoinが独自に発行している取引所トークンです。通貨単位はKCSが用いられています。

そしてKuCoin Sharesは取引所の手数料の割引として使えるようになっていたり、保有しているだけで保有数量に対して毎日報酬が得られたりします。

これは、クレジットカード会社のポイントプログラムと置き換えて考えてみればわかりやすくなるでしょう。クレジットカードを使って買い物をするとポイントが増え、たまったポイントを別のものに交換したり、クレジットカードの支払いに使えたりというクレジットカード会社オリジナルのポイントプログラムがあります。

また、クレジットカード会社独自のサービスで提携のレストランやホテルを使用すると、一般より割引された料金で支払えることもあるでしょう。それと同じようにKuCoinに登録してKuCoin Sharesを購入すれば、取引所での仮想通貨の売買の手数料が割引になったり、一定量もっているだけで増えたりするのです。

仮想通貨クーコインシェアーズ(KuCoin Shares/KCS)の将来性は?

KuCoinSharesは、KuCoinが独自に開発し、発行をしているからといって将来性が期待できるとはいいきれません。しかし、KuCoin Sharesが誕生に至る経緯を見ていくと、経営に対しての真摯な姿勢が分かります。

KuCoinは、公開は2017年ですが、ブロックチェーンの研究自体は2011年から取りかかっています。さらに、プラットフォームの完成は2013年です。公開が2017年というと新しい印象を受けますが、公開までの研究と準備には十分な時間を費やしていることが分かります。

さらに、アリババグループのAnt Financialで金融担当者だった人物をCEOに迎えている点にも、安定した経営の元での今後の発展が期待できます。セキュリティや安全性についても同様のことがいえるでしょう。

仮想通貨の取引所としても、取引所トークンKuCoin Sharesも、まだまだ注目される存在といえます。さらにKuCoin Sharesはトークンとしても今後の互換性が期待できます。それは、元となっているトークンがイーサリアムをベースとしたものだからです。さまざまな面において互換性があることは、今後のマーケットで通用できる場面があるということです。

仮想通貨を実際の支払いなどに利用できる可能性も現実化しつつあります。対応できる仮想通貨の種類はまだ限定されがちですが、「UQUIDカード」のような期待できるカードも登場しています。

「UQUIDカード」は、VISAブランドと提携したデビットカードです。仮想通貨でのチャージを可能としたカードで、VISAの取扱店舗であれば、通常のクレジットカードと同様の決済に対応できます。

「UQUIDカード」のチャージに対応する仮想通貨は今後も増える傾向が見られ、KuCoin Sharesも今後このような独自の使い方が期待できるのではないでしょうか。

仮想通貨クーコインシェアーズ(KuCoin Shares/KCS)の価格

KuCoin Sharesの取引価格は、2018年2月の時点で470円前後といったところでしょう。

KuCoin Sharesが高騰したのは、同じ仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)に関連づけすることができます。その理由は、Binanceの取引停止によるものです。KuCoinは、取り扱っている仮想通貨の種類やその基準などをはじめ、経営に関する性質がBinanceに似ているということで、急激にKuCoinに登録する人が増えているのです。

この現象が、KuCoinの通貨であるKCSの高騰へとつながっています。チャートを見ると、KuCoin Sharesは高騰した後に緩やかな下降が見られます。

これはKuCoin Sharesへの期待感が下落したということではありません。Binanceの取引停止にともなってKuCoinへの登録者数が集中したことによるものであり、むしろ急騰から本来の価格に落ち着いてきているといえるでしょう。

これからKuCoin Sharesへの投資を検討している人にとっては、急騰から落ち着いてきている方が安心できるのではないでしょうか。価格が高騰している時には注目されがちですが、購入を考えるなら価格が落ち着いてからの方がよいといえます。

投資は、どの仮想通貨であってもリスクがないとはいいきれません。急騰するチャンスがある分、急落することもあります。価格が高騰した時にはその背景にある原因を探っていくことで、売買に適したタイミングに気づきやすくなります。

今回の高騰理由を参考に、今後どのようなタイミングでKuCoin Sharesが高騰するかを知るには、KuCoinの特徴を熟知し、それがどう世界情勢と関わっているかを見極めることが必要です。

仮想通貨クーコインシェアーズ(KuCoin Shares/KCS)の購入方法と取引所

次に、KuCoin Sharesの購入方法と取引所について説明していきます。
KuCoin Sharesが購入できる取引所は次の通りです。

KuCoin(クーコイン)
香港の取引所。日本語対応なので、安心して利用することができる。

KuCoinは香港の取引所ですが、日本語にも対応しています。

トップページから新規登録して、会員加入をします。メールアドレスとパスワードを登録すると確認メールが届きます。そのURLからKuCoinにアクセスします。右上にある表示言語選択を日本語表示してから、左側のグーグル2-ステップをクリック。Google認証システムのアプリを起動してQRコードを読み込み、二次検証コードを入力、提出をクリックします。登録は、およそ3分で完了できます。

ただし、日本円での送金はできません。送金は、ビットコインで行うといいでしょう。ビットコインは、日本国内の取引所に登録して購入できます。
ビットコインを取り扱っている日本国内の取引所は、以下があります。

bitFlyer(ビットフライヤー)
資金力が豊富な大手取引所。セキュリティ面にも力を入れる。

Zaif(ザイフ)
マイナス手数料が魅力の取引所。マイナーアルトコインも多く取り扱う。

GMOコイン
金融取引のノウハウを持つGMOインターネットグループ。

登録が完了してビットコインが購入できたら、KuCoinに送金しましょう。その後は自分で適切と判断したタイミングで、KuCoin Sharesを購入すればいいのです。

仮想通貨クーコインシェアーズ(KuCoin Shares/KCS)の今後に注目

KuCoin Sharesは、Binanceが取引を停止した後はおよそ200%も急成長するといった高騰ぶりを見せています。もちろん、これは上述したように一時的なものであり、そこから緩やかに戻りつつあります。

しかし、KuCoinの取り扱い仮想通貨の種類や、期待できる経営陣などを考えると、今後もなんらかの情勢に連動して高騰することは十分期待できるといえます。特に、信頼できる仮想通貨を扱うという経営方針には安心感が得られるのではないでしょうか。

仮想通貨の取引所であるKuCoinの実際に取り扱っている仮想通貨についても熟知している必要があります。取り扱いのある仮想通貨のひとつひとつにも、注目すべきかもしれません。

例えば、他の取引所では取り扱いのない仮想通貨が高騰するということもあります。それにともなってKuCoin Sharesも高騰するかもしれません。どのようなタイミングで投資し、どれくらいの利益が見込めるかを判断してください。投資にはリスクがまったくないということはいえません。その分、できるだけ多くの情報を収集し、適切な購入時期を判断することが重要です。

KuCoin Sharesへの投資を考えるには、KuCoin Sharesの特徴や概要をもとに、今後の展開に注目してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial