BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨Skycoin(スカイコイン/SKY)の特徴、価格、取引所、将来性は?

「Skycoin(スカイコイン)」はイーサリアム(Ethereum/ETH)に続く次世代仮想通貨と呼ばれており、第3の仮想通貨であると自称しています。従来の仮想通貨では解決し得なかった問題や、仮想通貨としての限界を超えるために設計されていることが特徴です。

今回は、スカイコインの特徴を記載するとともに、価格や将来性について解説します。

第3の仮想通貨!?Skycoin(スカイコイン/SKY)の特徴とは

第3の仮想通貨

スカイコインが第3の仮想通貨であると自称するのは、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の問題点を解決した設計を持つためです。ビットコインは「サトシ・ナカモト」と名乗る人物によって投稿された論文を元に設計され、2009年から運用が開始された仮想通貨です。

しかし、この仮想通貨にはいくつかの問題と限界があり、論文で示されるものを実現はしていませんでした。それらの問題を解決するために設計し直された仮想通貨がスカイコインです。通貨記号は「SKY」となっています。

ビットコインが採用したシステムの問題点

ビットコインの運用が開始された当初は、まだ取引量も少なく、低い手数料で世界のどこにでも素早く送金ができました。

しかしビットコインの流通量が増えるにともない、手数料は高く、送金速度は遅くなっていきました。これはビットコインが採用するシステム「PoW(Proof of Works)」や「PoS(Proof of Stake)」で行われる取引検証作業が原因です。

「PoW」の問題点

仮想通貨は、その取引履歴を「ブロックチェーン」と呼ばれる技術によって記録していきます。新しい取引が合った場合には「ブロックチェーン」に取引履歴を矛盾なく書き加える必要があります。このような「ブロックチェーン」を解析して検証する作業が仮想通貨には欠かせません。この作業は「マイニング」と呼ばれています。

ビットコインの採用した「PoW」では、この作業を広く世界中の企業や個人に行ってもらい、その対価を支払うシステムになっています。流通当初のビットコインは、ブロックチェーンの解析量も少なく、また多く取引されていなかったことから、マイニングに時間も経費もあまりかかりませんでした。

しかし、流通量が増えるに連れて、多くのマシンパワーや電力などが必要になり、高いコストを対価として求められるようになりました。

また、マイニングの分散化が進むと共に、送金速度の低下を招く結果となりました。ビットコインではこれらの問題を解決するため「PoS(Proof of Stake)」と呼ばれるシステムも利用しています。

「PoS」の問題点

「PoS」のシステムでは、マイニングを行った量ではなく、マイニングを行った仮想通貨の保有量に応じて新規発行された対価が支払われます。そのため「PoW」よりも省エネルギーで支払う対価も低くなりやすいシステムです。

しかし、保有している仮想通貨の量が多いほど対価が大きくなるという仕組みでは、先行者利益が大きすぎ、新規参入が阻害されやすいと言われています。

また、「PoS」は仮想通貨の検証についての信頼性が担保できないのではないかとも指摘されています。仮想通貨の「ブロックチェーン」にはノードと呼ばれるデータが記録されています。ノードは「つなぎ目」という意味で、取引に使われた各端末データや取引などのデータを指します。

「PoS」ではノードのネットワークの重要性の評価に対して、仮想通貨を大量にもつユーザーが関与できてしまうため、ネットワークの重要性が大規模ユーザーにとって有利なものに変更されやすい性質があります。

Skycoin(スカイコイン/SKY)が採用した新システム「Obelisk(オベリスク)」

上記のような、ビットコインが採用しているシステムの問題点を解決するため、スカイコインでは「Obelisk(オベリスク)」と呼ばれるシステムが用いられています。

「Obelisk(オベリスク)」はスカイコインで独自に用いられているマイニングを必要としない合意検証システムです。特定のアルゴリズムを利用することによって、手数料の高騰や送金の遅れを防ぐ効果が期待されています。

「Obelisk(オベリスク)」では分散された各ノードそれぞれが、他のノードのリストを持っています。
それぞれのノードには、他のノードが行った履歴が残されて公開されている、非常に透明性が高いシステムになっています。そしてノードで頻繁にやり取りが行われるコミュニティは影響度が強いものとして「Obelisk(オベリスク)」では判断をします。

ノードに不正である行動が記載されると、そのノードは切り離し、各ノードの重要性を調整します。これによって「検証されたネットワーク」を構成することができます。こうしてできた「信頼の輪(web of trust)」と呼ばれる繋がりによって、マイニングを不要としています。

このように、スカイコインでは「Obelisk(オベリスク)」を採用することでマイニングを不要とし、検証にかかるコストを小さなものとしています。それだけでなく、ノード同士のネットワークについての安全性と信頼性を確保しているシステムであるともいえます。

この利点からスカイコインは第3の仮想通貨としての流通が期待されています。なお、ノードの履歴は公開されてはいますが、誰が送金をしたかなどのプライバシー情報については、複数の情報と混ぜあわせることによって保護されています。

Skycoin(スカイコイン/SKY)の流通と将来性について

スカイコインは2012年頃から開発が始まり、2013年に公開されました。2018年1月の段階では、スカイコインは低コストと速い送金を実現した仮想通貨として流通しています。しかし、マーケティングはあまり行われておらず、通貨の価値や流通は市場取引に任せています。

スカイコインはビットコインと並ぶほどの流通量を持ったときに、システムが理想的に運用されていると証明される仮想通貨です。仮想通貨市場においてシステムの優位性が現れたときに、人気の仮想通貨として普及することが期待できる将来性のある通貨だと言えるでしょう。

仮想通貨Skycoin(スカイコイン/SKY)の価格は?

 

スカイコインは2017年11月ごろまで400円前後で推移していました。しかし、その後価格は急激に上昇。12月初旬に2,200円を記録します。その後も価格の上昇は止まらず、12月の終わりには過去最高となる5,500円に到達し、約2か月で13倍の価格となりました。

2018年になると仮想通貨市場の収束とともに、スカイコインの価格も下落。3月半ばには約900円まで落ち込みましたが、その後また高騰。5月下旬には3,700円まで回復しています。

2018年7月現在の価格は約700円ほど。過去を振り返ってもわかる通り、スカイコインの価格は高騰と下落を繰り返しながら、今に至っています。

 

仮想通貨Skycoin(スカイコイン/SKY)を扱う取引所は?

スカイコインは、2018年7月現在、日本国内の取引所では購入できません。そこで、日本に存在する取引所に登録してビットコインを購入する必要があります。その後、ビットコインを海外の取引所に送金してスカイコインを購入します。

スカイコインを扱っている海外取引所は以下の通りです。

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)は取引高・登録者数が世界有数の海外の仮想通貨取引所で、国内の取引所とは比較にならない圧倒的な通貨数、ICO直後の通貨もすぐに扱うなど、日本人ユーザー間でも爆発的な人気の取引所です。  

Cryptopia(クリプトピア)

ニュージーランドの大手仮想通貨取引所。取引手数料が安い。  

C2CX

中国の取引所で。スカイコインの購入にはビットコインだけでなく「DragonCoin(DRG)」による支払いも可能。1DRGあたり100CNY。「CNY」は中国の通貨「元」を指す。

システムの有利性がSkycoin(スカイコイン/SKY)の魅力

スカイコインは、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の問題点を解決するために誕生しました。検証手続きにかかるコストを低く抑えるとともに、その信頼性を高めるよう設計されています。

そのため、流通量が増えると共にその利点が大きなアドバンテージとなることが期待できる仮想通貨です。取引量を抑えて最短14年をかけて通貨を発行するなど、価格の乱高下を防止するための措置も図られているので、安定した長期の投資を考えている方にも向いている仮想通貨だと言えます。

関連記事

大手取引所Binanceのバイナンスコインがスカイコインのサービスで利用可能に!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial