BITDAYS(ビットデイズ)- キャッシュレス・フィンテックの総合サイト。仮想通貨やスマホ決済の最新情報を発信

仮想通貨ストリーマーデータコイン(Streamr DATAcoin/DATA)の特徴、将来性、価格、購入方法は?

Streamr DATAcoin(ストリーマーデータコイン)は、ユーザー同士で情報を売り買いできるデータアプリケーションを作成するプラットフォームです。

2017年11月に公開され、期待の高まっているStreamr DATAcoinについて、その特徴や将来性、価格動向や時価総額についてわかりやすく解説します。

円滑なデータのやり取りのための仮想通貨。ストリーマーデータコイン(Streamr DATAcoin/DATA)の特徴は?

Streamrは、ユーザー同士で情報を売買できるプラットフォームを提供しています。このStreamr上で、Streamr DATAcoinと呼ばれるトークンを利用して売買を行います。

ある目的地へ向かう場合、どのような経路、交通手段を利用するかを調べる機会があったとします。この場合、多くの人はGPSなどの位置情報を利用したアプリケーションによって検索をします。

このとき、経路や交通手段等の情報は、大企業が収集し、ユーザーに無償で提供されるか、もしくは大企業に収益が発生して提供されるという仕組みになっています。

しかし、膨大なデータを保有する大企業でなくても、Streamrを利用することにより、個人でも情報を売買することができるようになります。Streamrはあるユーザーしか知り得ない貴重な情報を売買することができるプラットフォームです。

ある目的地の場所や経路、便利な交通手段についての情報を持っている場合、そのユーザーはStreamrを利用して、その情報によって収益を得ることが可能となります。貴重な情報の価値を正確に評価し、自由に取引を行うためのプラットフォームなのです。

ある有益な情報を得たい場合、まずその情報を持つユーザーを探し出してから、さらに代金のやり取りをしなければならないとなると、複雑で時間のかかる手順を経なければなりません。

そこで、売買にStreamr DATAcoinを利用し、迅速に情報の売買を行います。Streamr DATAcoinはEthereum(イーサリアム)のブロックチェーンを活用して作成されています。

Ethereumは分散アプリケーションのためのプラットフォームで、高いシェアを誇っています。このプラットフォームの最大の特徴は、スマート・コントラクトの機能を持っていることです。

通常のブロックチェーンが「どのユーザーに対してどれくらい支払いをしたか」という通貨の取引履歴のみが保存されるのに対し、スマート・コントラクト機能を持つブロックチェーンは「どのような契約を経て支払いが行われたか」「支払のあと、どのような契約を締結するのか」といった、契約に関するより詳細な情報も保存することができます。

さらに、Ethereumはブロックチェーン上でプログラムを実行することもできます。「このような状態になったらユーザーにどれくらい送金する」というように、ブロックチェーン上でプログラムを実行することにより、効率よく取引や契約を行うことが可能になります。

Streamr DATAcoinは、Ethereumのブロックチェーンを活用して作成されているため、詳細な履歴を保存しつつ、効率よくデータのやり取りができるのです。

実世界のデータを集める際、生のデータは膨大な量になり、条件や数値の単位はそれぞれ異なった状態で収集されます。もともとStreamrは金融取引所、IoTデバイス、ソーシャルメディアなどから発信される多量のデータを処理するために作成されました。

Streamr DATAcoinは、その特徴を活かし、データの遅延を防ぎEthereumのスマート・コントラクト機能を活用した効率性の高い情報処理を行っています。

IoTの発展と仮想通貨ストリーマーデータコイン(Streamr DATAcoin/DATA)の将来性

あらゆるモノがインターネットにつながるIoTは、さまざまな場面で活用されています。スマートフォンやタブレット、パソコンを使って、外出先からカーテンを開閉したりエアコンの電源を入れたりといった便利な家電も注目されています。

企業だけでなく、一般家庭でも効率化を追求するための欠かせない技術として、IoTが利用され始めているのです。これからもますます発展していくと考えられています。

Streamr DATAcoinはEthereumブロックチェーンを活用した仮想通貨であり、セキュリティが高く有能であることから将来性が期待されています。例えばIoT技術が欠かせない電気自動車の開発には、道路網や交通量、天気、自動車の走行に必要な電気量といった多くの情報が必要となります。

さらに天気と交通量の関連、道路網と必要な電気量の関連というように、各データの関連性についても考える必要があります。Streamr DATAcoinを利用することにより、電気自動車の開発に際して必要な情報がない場合にも有益なデータを迅速に入手できるようになります。

幅広い場面での活用が期待できるStreamr DATAcoinは、将来性の高い仮想通貨であると考えられています。

仮想通貨ストリーマーデータコイン(Streamr DATAcoin/DATA)の価格動向は?

 

Streamr DATAcoinは2017年11月に公開され、取引開始価格は0.07ドル。2017年8月には、数か月の間続いていたビットコインの分裂騒動が収束し、本家からのれんわけした新通貨が誕生しました。

Streamr DATAcoinが誕生した11月頃より、分裂騒動に対する不安から下落基調にあったビットコインの価格は少しずつ持ち直していきました。この時期には仮想通貨全体がその価値を上げていたこともあり、Streamr DATAcoinも1か月で6倍以上高騰し、2017年12月には0.45ドルの値を付けました。

その直後はその反動から0.15ドルまで下がったものの、下落トレンドへ転換する動きは見られず、0.15ドルから0.4ドルの間を行き来しているレンジ相場が1か月半ほど続きました。

しかし2018年7月9日時点で、0.1ドル前後で推移しています。

Streamr DATAcoinがもたらす有益性を考慮すると、ますます価格の上昇が期待される仮想通貨であると考えられます。IoT技術に関するニュースが要因となり、大きく高騰する可能性があります。

仮想通貨ストリーマーデータコイン(Streamr DATAcoin/DATA)が購入可能な取引所と購入方法

Streamr DATAcoinは、2018年2月時点で取り扱いのある有名取引所は以下です。

Binance(バイナンス)
世界最大とも言われる中華系の取引所。以前は日本語に対応していたが、現在は非対応。

Bitfinex(ビットフィネックス)
香港の仮想通貨取引所。米ドルを使った取引高においては世界1位。

海外の取引所では日本円でStreamr DATAcoinを購入することはできません。Streamr DATAcoinの取引を開始するには、まず日本の取引所でビットコインを購入する必要があります。その後、ビットコインを取引所の口座に送金することで取引ができるようになります。

最低でも2店舗での口座開設が必要ですが、簡単な登録情報の入力のみで完了させることができるため、数日後にはStreamr DATAcoinが購入できます。取引画面の使いやすさやチャートの見やすさなどを考慮し、自分にあった取引所を選ぶことが大切です。

仮想通貨ストリーマーデータコイン(Streamr DATAcoin/DATA)、IoT関連ニュースを注視して取引を

有益な情報を迅速に取引できるStreamr DATAcoin。高い技術を駆使してセキュリティと効率性に優れたサービスを提供し、ますます期待が高まっています。

小さなニュースにも大きな反応を見せる可能性があるため、IoT製品や関連企業に関するニュースに注視していくことが求められます。同時にチャートにもこまめに目を通し、小さな動きも見逃さないことが大切です。

情報収集などのファンダメンタル分析と、チャートに注目したテクニカル分析、この2種類の分析をしっかり行うことで、大きな値動きを利益にすることができるようになります。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰
PAGE TOP