BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

Santiment Network Token(SAN)の特徴、価格、取引所、将来性は?

今や1,000種類以上あると言われている仮想通貨。その中でも「決済通貨」としての役割が大きい仮想通貨の一つが、「Santiment Network Token」です。

Santiment Network Tokenには、仮想通貨としての仕組みを活かした特徴があります。ここでは、Santiment Network Tokenの時価総額や特徴について紹介します。

Santiment Network Tokenの特徴とは

Santiment Network Tokenは、Santimentプロジェクトでの決済を目的としたトークンです。2017年2月にスイスで発行され、仮想通貨の歴史の中では比較的新しい部類に入ります。Santiment Network Tokenの通貨単位は「SAN」です。

Santimentプロジェクトでは、どんな人でも公平に仮想通貨のデータや情報を閲覧できるようなシステムを提供しています。Santimentプロジェクトで提供されているコンテンツは、ニュースや情報をまとめた記事や、さまざまな仮想通貨の分析やデータなどです。ニュースレターやレポート、販売分析や市場調査の結果も定期的に更新されるため、仮想通貨の取引を行う人にとっては利用しやすいプロジェクトでしょう。

さらに、価格が大きく変動する可能性が高いさまざまな国の仮想通貨規制についての情報も得られるので、非常に便利です。プロジェクト・創業者・経済学などのデータもオープンに見られるため、仮想通貨についての知識を得たい人の役にも立ちます。

Santimentプロジェクトに採用されているシステムは、仮想通貨の特徴であるブロックチェーンのシステムです。イーサリアムという仮想通貨のシステムを基準にして作成されました。ブロックチェーンの動きをコミュニティ動向の代理として専用のスキャナーで監視し、データを作成することができます。集められたデータは、トレーダーや仮想通貨の開発者の情報源となり、市場心理やデータパターンの分析に役立てられます。

Santimentプロジェクトで提供されている情報コンテンツは一部有料であり、購読するときにSantiment Network Tokenを購読料として支払う仕組みです。

また、情報コンテンツをプロジェクトに提供した場合は、報酬としてSantiment Network Tokenが支払われます。Santiment Network Tokenは、Santimentプロジェクトを利用する人や価値のある情報を得たい人にとって、非常に価値のある仮想通貨なのです。

Santiment Network Tokenの将来性とは

Santiment Network Tokenは、Santimentプロジェクトで使用されている仮想通貨です。

Santimentプロジェクトの特徴は、証拠と信頼性がある質の高い情報をリアルタイムで提供している点です。インターネットで提供されているコンテンツの中には、根拠のない情報や古い情報が混じっている可能性があります。Santimentプロジェクトは、全ての人が最新の情報を得られる点が強みです。

また、情報コンテンツを提供することでSantiment Network Tokenが受け取れ、データなどの閲覧に再利用できるため、情報を提供する側にもメリットがあります。そのため、さらに質の高い情報が集められるようになるでしょう。

ブロックチェーンの仕組みを採用していることにより、市場動向の分析ができる点も他の情報サイトとは大きく異なるため、Santimentプロジェクトの大きな強みです。人が行っていた情報処理などの作業を代わりに行うため、扱うデータの量も増やせます。

Santimentプロジェクトの需要が増加していくにつれて、プロジェクト内の決済通貨であるSantiment Network Tokenの価値も上昇すると考えられるため、将来性はあるでしょう。仮想通貨の市場が拡大した場合も、情報コンテンツを提供するSantimentプロジェクトに大きな影響を与えると予想されます。

Santiment Network Token(SAN)の価格は?

Santiment Network Tokenの時価総額は2018年2月27日時点で、約140億円です。1SANあたり約230円で取引されています。

2017年11月末頃から注目され始め、2018年1月には仮想通貨市場全体が上昇相場にあったこともあり、価格は一気に約543億円まで上昇しました。

2018年1月の半ばには、韓国や中国、ドイツなどで仮想通貨の規制が強化された報道を受けて、仮想通貨全体の価格が40%近く下落する現象が起こります。その際、Santiment Network Tokenも連動するように価格が下落しました。

そして、日本国内ではロスカットの連鎖が生まれ、さらに仮想通貨の価格は下落したのです。仮想通貨の仕組み自体にネガティブな要素があって価格が下落したわけではないので、市場での取引が完全になくなる現象は起こりにくいでしょう。

また、Santimentプロジェクトが提供する情報の価値には、Santiment Network Tokenの価格の変動はあまり影響しない可能性があります。今後も仮想通貨の情報が必要とされるならば、Santiment Network Tokenの価値が上昇する期待ができるでしょう。

Santiment Network Tokenの発行枚数の上限は約8,300万枚と、まだ拡大の余地があります。供給される量が増えるほど時価総額も大きくなるため、供給量と時価総額を合わせて確認するのが良いでしょう。

Santiment Network Token(SAN)を扱う取引所は?

2018年2月28日時点で、Santiment Network Tokenは国内の取引所では販売されていません。そのため、海外の取引所を利用する必要があります。

Santiment Network Tokenの取り扱いがある海外の取引所は以下の通りです。

HitBTC(ヒットビーティーシー)
イギリスの大手仮想通貨取引所。ICO直後の仮想通貨も取引できる。

Bitfinex(ビットフィネックス)
香港の大手仮想通貨取引所。米ドルにおける取引高は世界で第1位。

Liqui(リクイ)
ウクライナの仮想通貨取引所。ICO直後の仮想通貨を積極的に取り入れている。

海外の取引所でSantiment Network Tokenを購入する場合、日本の取引所からビットコインを送金する必要があるため注意しましょう。

主要取引所でのSantiment Network Tokenの流動性は49%であり、Santiment Network Token全体の約半分の量です。また、開発度合は45%で、プロジェクトの完成に向けた開発が進められていることがわかります。

大きな成長性が見込めたり、Santiment Network Tokenの規模が拡大した場合は、日本の取引所でも取り扱いが始まるかもしれません。

プロジェクトでの大きな役割を持つSantiment Network Token

Santiment Network Tokenは、仮想通貨の情報を提供するプロジェクトのSantiment内で使用されている仮想通貨です。情報コンテンツの閲覧や提供をした際、決済のために使用される通貨の役割を持ちます。

Santiment Network Tokenにはブロックチェーン技術も活用されているため、市場心理や取引の分析など、さまざまなデータの収集に役立てることが可能です。

Santimentプロジェクトは質が高い最新の情報を提供できるため、投資家や開発者など、多くの人に利用されるでしょう。Santimentプロジェクトの需要と価値が高まれば、決済通貨であるSantiment Network Tokenの価値も比例して高まると期待ができます。

Santiment Network Tokenは、Santimentプロジェクトと密接な関係にある仮想通貨です。今後の価値の変動を予測するには、開発状況や市場での流動性など、両方の情報を把握する必要があります。

Santiment Network Tokenの購入を検討する場合は、Santimentプロジェクトの最新の情報や市場の状況を判断材料にすると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial