BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨バイトム(Bytom/BTM)の特徴、価格、将来性、取り扱う取引所は?

2017年は投資家や仮想通貨のトレーダーにとって、仮想通貨が爆発的に普及した年として記憶に新しいでしょう。

多くの人がビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)といった有名アルトコインにその耳目を集めていたなか、実は魅力的な新規通貨も続々と発表されていたのです。

この記事では2017年に誕生したアルトコインから、特別な機能を持つ「バイトム(Bytom/BTM)」をご紹介します。仮想通貨と現物の資産の在り方を変えていくかもしれないバイトムは、これから大きく伸びる可能性がある通貨です。

今から特徴や将来性をチェックして、その魅力を把握しておくのもいいでしょう。

バイトム(Bytom/BTM)の特徴とは?

中国発のアルトコイン

バイトムは2017年6月に中国で発表された仮想通貨です。

通貨の表記はBTM、最大供給量は1,407,000,000となっています。ホワイトペーパーや公式サイトも公開されているため、安全性は高いといえるでしょう。

複数のバイトアセット(バイトムで使用されるデジタル資産等の名称)をインタラクティブに利用できるプロジェクトとして、今世界で注目されつつあります。

ブロックチェーンでさまざまな媒体を取引できるようになるとされているので、バイトムが仮想通貨の利便性を向上させるかもしれません。

仮想通貨と現物の資産をつなげる

バイトムは仮想通貨などのデジタル資産と、リアルに取引されている現物資産をつなげるというメリットを持ちます。

現物資産とは債券、証券、配当、予測情報といったものを指し、現在世界に広まっている資産運用の手段のことです。バイトムなら仮想通貨と法定通貨だけでなく、さまざまな金融サービスを同じブロックチェーン上で取引できるでしょう。

これまで複雑な作業や面倒な手続きをこなさなければ行えなかったサービスの利用は、バイトムによって簡略化されるかもしれません。さまざまな通貨とサービスの相互利用が可能となれば、それぞれの取引や転換が思いのままとなります。

いずれはバイトムのブロックチェーンだけで、証券や予測情報の売買ができるようになるかもしれませんね。仮想通貨の存在に懐疑的な人も、現物資産とつながりやすいバイトムなら気軽に利用できるようになるでしょう。

専用の管理方法BUTXOが魅力

バイトムでは、「BUTXO」と呼ばれる特別な管理方法が実用化されています。

ブロックチェーンでは多くの取引が同時に行われるため、スムーズでスピーディな取引が実現するほか、自動契約が実行されるスマートコントラクトも搭載されているので、将来的にはイーサリアムよりも便利なプラットフォームになるかもしれません。

またBUTXOはビットコインで利用されている管理システム「UTXO」と互換性があり、仮想通貨での高速な資産取引に対応できます。

さらにバイトムは伝送、契約、資産相互資産相互作用という3つのレイヤーで構成されているので、自然と匿名性が高くなるのも特徴。

BUTXOによる新しいシステムが、仮想通貨とそれ以外の存在を本格的につなげるきっかけになるかもしれませんね。

バイトム(Bytom/BTM)の将来性は?

現物資産と仮想通貨の境界線をなくす

バイトムの最大の魅力は、仮想通貨とそれ以外の通貨やサービスを簡単に結びつけることです。

そのためバイトムが普及すれば、将来的に仮想通貨と現物資産の境界線をなくしていけるかもしれません。すべての取引がバイトムのブロックチェーンで実行できるようになるのなら、色々なサービスを試してみようと思う人が増えるでしょう。

それは仮想通貨の利用を活性化させるだけでなく、既存のシステムをさらに使いやすくすることになります。バイトムでは上記でご紹介した通り柔軟なトレードが可能となっているので、これまで資産運用を億劫に感じていた人にもおすすめできるようになるでしょう。

将来的にはバイトムを経由して、仮想通貨とさまざまな媒体を交換するのが当たり前となるかもしれませんね。

素早い取引が可能となる

バイトムはスピーディな取引と高い匿名性をメリットとして打ち出しているため、仮想通貨でさまざまなサービスを利用したい人にうってつけとなります。

BUTXOによるトランザクションの並行管理は、スムーズに取引を終了させることが可能になるとのこと。またバイトムは関係のあるトランザクションのみをチェックするコンパクト検証も実装しているので、ほかの通貨にはない柔軟なトレードに期待できます。

いずれはイーサリアムよりも素早いプラットフォームとして、世界中に浸透していくかもしれませんね。

バイトム(Bytom/BTM)の取引価格は?

急上昇から現在は安定へ

バイトムは2017年に発表されてからしばらく、1BTM=15円程度を推移していました。その後2017年末には50円に到達し、翌年1月には一時80円を超えることもあったようです。

しかしそれからすぐに半分にまで値が下がり、2月には30円を切った瞬間もありました。そこからは少しずつ安定を取り戻し、3月末からは再び上昇傾向を見せてくれています。

2018年4月現在では1BTM=108円前後を推移しているようです。この上昇が続くのであれば、年内に大きく飛躍する可能性があります。

いずれにせよバイトムが跳ね上がることはありえるので、これからのチャートもチェックしておくと良いでしょう。

時価総額も要チェック

バイトムは2018年4月現在、時価総額が31位となかなかの位置にあります。
人気通貨ネム(XEM)やICONと近い場所にあるため、少しずつ認知度を高めていけば、さらに高い順位を狙えるかもしれません。

時価総額はその通貨の将来性を図る上で重要なポイントとなるので、バイトムヘの投資を考えているのなら欠かさずチェックしていきましょう。

バイトムは4月の段階ではかなり抑えめの取引価格となっているため、今のうちに購入して高騰を待ってみるのもいいですね。

バイトム(Bytom/BTM)を扱う取引所は?

海外の取引所で売買可能

バイトムは2018年4月現在、日本の取引所では売買ができません。

海外の取引所でのみ取り扱いがあるので、購入を検討するのなら以下の取引所への登録と送金を行いましょう。

主に中国での取り扱いが多いので、市場規模にも期待ができます。バイトム以外の取引にも興味がある場合は、ぜひこれを機に海外の取引所を利用してみましょう。

Huobi(フオビ)
Bytomを含む80種類以上の仮想通貨が取り扱われている取引所。

一時は日本のSBIホールディングスと提携していたこともあるため、知っている人も多いかもしれません。大手取引所なので使い方もシンプルにできていて、バイトムの売買にも苦労しないでしょう。

OKEx(オーケーイーエックス)
豊富な取引量が特徴の仮想通貨取引所。
海外でも自分のタイミングで取引をしたい人におすすめできます。

Gate.io(ゲート)
100種類を超える通貨数と、無名コインの上場のしやすさが売り。
バイトムやその他有望な草コインに投資しておけば、大きく稼ぐことができるかもしれません。

Bibox(ビボックス)
2018年になってから少しずつ注目を集めているBiboxでも、バイトムの売買が可能。
中国の大手Binance(バイナンス)にも追いつくと噂されているようです。

Bytomは仮想通貨と既存の世界をつなぐ!

今、中国ではさまざまなアルトコインがその魅力を世界にアピールしています。バイトムもその1つとして、今後日本でもブームを起こすかもしれません。

この機に特徴や将来性を学んでおくことは、未来への布石となることでしょう。バイトムの魅力に共感できる方は、ぜひ投資を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP