BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨Waltonchainの特徴、価格、将来性、取引所は?

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

現代の小売りや流通は、変革のときを迎えています。あらゆる技術やシステムの応用によって、私たちの生活の身近な部分も、大きく変わっていくかもしれません。

そんな変革を促すシステムの1つとして、仮想通貨「Waltonchain」に注目が集まっています。

WaltonchainのRFID技術とブロックチェーンを組み合わせた画期的なシステムは、今後世界に広まっていく可能性があるでしょう。

こちらでWaltonchainの特徴や将来性をチェックして、仮想通貨とブロックチェーン技術の応用力をその目で確認してみてください。

Waltonchainの特徴とは?

モノとデータを結びつける

WaltonchainはRFID技術とブロックチェーンを融合させ、まったく新しいビジネススタイルを考案する仮想通貨です。

RFIDとは特定の媒体(ICチップなど)から電波を通して、そこに蓄積された情報を読み取る自動のシステムを意味します。情報を得るだけでなく、こちら側から新しいデータの追加も可能とされているので、あらゆる事業への応用が期待されていくでしょう。

現在は電車の利用記録をつけるsuicaなどに使われ、その機能で私たちの生活を影からサポートしています。RFIDは私たちの身近な場所で、知らず知らずのうちに役立っている技術なのです。

WaltonchainはそんなRFIDに注目した仮想通貨で、ブロックチェーンとの組み合わせによる新たな発展を目指すとのこと。将来的にはIoT(Internet of Things)にも貢献し、あらゆるモノとデータを結びつけるきっかけになっていくかもしれません。

家庭の電化製品をネットにつなげて動かしたり、ICタグをお店の商品につけて在庫を管理したりと、その利用方法はいくつも考えられます。Waltonchainによって結ばれた数々のモノとデータは、未来の生活をさらに便利なものとしてくれるでしょう。

RFIDのメリットを広げていく

Waltonchainが有名になればRFIDの特徴とそのメリットは広がっていき、あらゆる事業に浸透することになります。それは小売産業の効率化や流通事業の活性化につながり、これまで以上の透明性と安全性を持ったシステムが根づくことになるでしょう。

近くはICタグを使った店舗内の商品チェックや万引きの防止、その他さまざまなコスト削減につながることが期待されています。経営者が頭を悩ませていた事柄が解決すれば、その分のメリットは消費者にも還元されていくことでしょう。

Waltonchainのブロックチェーンは親チェーンと子チェーンに別れているため、それぞれに役割を持たせることでこまめな管理を行うことができます。それは先に挙げた小売や流通以外の事業にも応用していけるので、Waltonchainのメリットが現在のビジネスの在り方を根本的に変えていくかもしれませんね。

明確な目的が見られる

Waltonchainという名前は、RFIDを考案した人物「Charlie Walton」に敬意を表するためにつけられました。

そのためCharlie Waltonの考えやその発明を未来につなげていくという、明確な目的をWaltonchainから見て取ることができるでしょう。その目的の明瞭さは投資するユーザーの安心感につながり、通貨であるWTCの価格向上につながっていくかもしれません。

またWaltonchainは、具体的なロードマップを4つのフェーズに別けて示してくれています。段階ごとに進展を確認できるので、通貨の価値が上がっていく過程を実感することもできるでしょう。

しっかりと提示されたロードマップは、Waltonchainの将来を予測しやすくし、今後の発展を推し進める要因の1つにもなり得ますね。

Waltonchainの将来性は?

ビジネスの効率化を実現する

Waltonchainのブロックチェーンでは、独自通貨WTCを使ってRFIDの技術を自由に利用することができるようになります。それは既存のビジネスの効率化を実現し、さらに魅力的なサービスを生み出すきっかけになることでしょう。

特に小売りや流通はWaltonchainが提供するRFIDとブロックチェーンのシステムの恩恵を受けやすく、さらなる利益追求に挑戦することができます。最近では人員を削減した無人店舗に注目が集まっていますが、Waltonchainのシステムはそういった次世代のサービスにも採用されていくでしょう。

商品の追跡や補充、偽造の防止やブロックチェーンごとの分散管理、そして手間や作業を減らすことによるコストの縮小は、あらゆる現場で利益となるのです。将来的には世界の名だたる企業たちが、Waltonchainのブロックチェーンで自社の商品を管理するようになるかもしれません。

IoTが身近なものになる

IoTは、近未来を作る画期的な技術として期待されています。

しかし本格的に私たちの生活に浸透していくには、何か大きなターニングポイントが必要になるでしょう。仮想通貨WaltonchainはそんなIoTを広めるきっかけの1つとして、将来を担うことになるかもしれません。

IoTは多くのメリットを持つとされている技術ですが、それを自由に使う地盤はまだ出来上がってはいません。Waltonchainがその地盤となり得れば、ブロックチェーンで使用する通貨であるWTCの価値は、いっきに高まることでしょう。

IoTとWaltonchainの関係性をチェックすることで、通貨の将来的な高騰を予測することができるかもしれませんよ。

Waltonchainの取引価格は?

高騰後の落ち着きが続いている

Waltonchainは2018年4月現在、1WTC=1500円前後の価格をつけています。昨年11月の1WTC=500円程度の頃と比べると、かなり価格は高まっているといえるでしょう。

しかし2018年1月末には一時4000円を超えていたことを考えると、今の価格では満足できないかもしれません。Waltonchainが示すロードマップの進展次第で価格は変わっていくことが予想されるので、投資するのなら最新のニュースには注目していきたいですね。

他にも仮想通貨取引所ヘの上場も、Waltonchainの価格を変動させる要因となります。有名取引所の上場ニュースで見かけるようなことがあれば、その後の価格の変化に期待できるかもしれませんね。

Waltonchainを扱う取引所は?

それほど多くの取引所では取り扱われていない

Waltonchainは2018年4月現在、日本国内の取引所では取り扱われていません。
海外でもそれほど広く普及している方ではないので、売買を検討するのなら自然と取引所がしぼられてくるでしょう。

以下にWaltonchainを売買可能な取引所をまとめますので、興味のある人は登録や送金を行ってみてください。

BINANCE(バイナンス)
中国の巨大取引所で、多くのアルトコインを上場させることで有名になっています。
Waltonchainを売買するのなら、豊富な流通量に期待できるBinanceがおすすめされるでしょう。

Coinnest
韓国に拠点を持つ仮想通貨取引所。
2018年4月にCEOが逮捕された報道が入ってきているため今後の展開がどうなるのかはわかりませんが、一応Waltonchainが売買可能となっています。

KuCoin
2017年に運営を開始したKuCoinは、大手取引所Binanceにも引けを取らない魅力を持つと話題になっています。
豊富なアルトコイン数が特徴なので、Waltonchain以外のマニアックな通貨も見つけられるかもしれません。

OKEx
こちらも中国で話題を呼んでいる仮想通貨取引所。
90種類ものアルトコインと豊富な通貨ペアを武器に、今後もWaltonchainの売買に貢献していくことでしょう。

RFIDとブロックチェーンの未来はWaltonchainが決める!

WaltonchainはRFIDとブロックチェーンという未来を担う2つの技術を、適切に結びつける存在となるでしょう。

これからの注目度によっては、近いうちにWaltonchainが生活のあらゆる場面を便利に変えていくかもしれませんね。

仮想通貨への投資を行っている人はもちろん、IoTの将来に興味がある人も、Waltonchainをチェックしていくことをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP