BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

ジリカ(Zilliqa/ZIL)の特徴、価格、将来性、取引所は?

ビットコインをはじめとした仮想通貨が抱える問題はいくつかありますが、なかでもスケーラビリティ問題は解決が急がれる話題だといえるでしょう。

これまでにもSegwitなどがスケーラビリティの対策として騒がれるなどの進展はありましたが、まだまだ仮想通貨全体の大きな問題として変わりはありません。

しかしそんなスケーラビリティ問題も、アルトコイン「ジリカ(Zilliqa)」によって今度こそ解決に導かれていく可能性があるのです。

今のうちに特徴や将来性、取り扱いのある取引所をチェックして、さらなる発展に期待してみてはいかがでしょうか。ジリカによって仮想通貨は、日常的な支払いスタイルとして定着していけるかもしれませんよ。

ジリカ(Zilliqa/ZIL)の特徴とは?

スケーラビリティ問題の解決を目指す通貨

スケーラビリティとは、仮想通貨のブロック容量によって起こる送金詰まり問題のことを指します。
トランザクションの処理に時間がかかってしまうため、処理速度に影響が出て、スムーズな取引を阻害することになっているのです。

ジリカは、そんなスケーラビリティ問題の解決に特化したアルトコインとなっています。ブロックチェーン上の処理を引き上げ、快適な送金を可能とするジリカのシステムは、多くのユーザーにとって魅力となるでしょう。

現在ビットコインなどは、そのブロック容量の小ささによって処理速度に制限がかけられてしまっています。

1秒間に最大約7件という速度は、残念ながらスムーズな支払いには利用しづらいといえるでしょう。一方ジリカは、テスト段階で1秒間に2400件以上という圧倒的な速度を叩きだしています。

このスピードはVISAなどのクレジットカードに並ぶ数値となっているので、実店舗などでも十分実用化できるでしょう。ジリカは将来的に、ビットコイン(BTC)支払いに代わる日常的な決済手段の1つになっていくかもしれませんね。

シャーディングによるブロックチェーンの並列作業を実現

仮想通貨の多くは、それぞれのノードが全部の取引を計算することで処理を行っています。総当たりで行うため当然効率には期待できず、その結果送金スピードの遅延につながっているのです。

そこでジリカはシャーディングと呼ばれるシステムを使い、それぞれの取引を同時に進行することを目指しています。

ブロックチェーンを複数に分けて並列で作業させるこのシャーディングは、処理速度を劇的に改善させることでしょう。

今後はイーサリアムにも搭載されるのでは?という噂もあるので、ジリカをきっかけに仮想通貨全体の送金速度が変わっていくかもしれませんね。

新しいスマートコントラクトの開発も

ジリカでは既存のスマートコントラクトに代わる技術、データフロースマートコントラクトの採用を目指す仮想通貨でもあります。

独自のプログラミング言語SCILLAを活用したこちらのシステムは、作業の並列化をさらに加速させるとのこと。想定される通りの働きが見られれば、スマートコントラクト以上にスピーディなプラットフォームとして定着するかもしれません。

仮想通貨は新規ユーザーがどんどん増えているコンテンツなので、今後さらに利用スピードの向上は求められていくでしょう。

ジリカの提唱するデータフロースマートコントラクトが、コインの送金を見直す1つのきっかけとなり得ますね。

ジリカ(Zilliqa/ZIL)の将来性は?

シンプルな機能ゆえにさまざまな場所で使われる

ジリカの持つシステムの特徴は、非常にシンプルなものとなっています。だからこそ色々な場所で使われる可能性があり、注目度によっては有名企業のサービスなどで運用されるかもしれません。

取引スピードを改善したジリカは、既存の通貨を純粋にアップグレードさせた仮想通貨だといえます。

単純な利便性の向上につながると予想されるので、別の仮想通貨たちがジリカのメリットを取り入れていくことも予想できるでしょう。

また処理速度の数値を参考にすれば、今後クレジットカードに置き換わる可能性も捨てきれません。

ジリカの通貨ZILが、新しい支払いプラットフォームとして浸透していくことだってあるでしょう。将来性にかなり期待できる通貨だといえるので、投資対象としても優秀ですね。

Binance(バイナンス)での活躍がカギ

ジリカは有名仮想通貨取引所Binance(バイナンス)に上場したことで、いっきに知名度を高めました。その結果スケーラビリティ問題に対する姿勢をアピールすることができたので、これからさらに注目を集めることになるでしょう。

しかし今後の発展が見込まれるアルトコインは非常に豊富なため、今のままでは埋もれてしまう可能性もあります。

まずは上場したばかりのBinanceで活躍して、通貨としての存在感をさらに高めていく必要があるでしょう。ジリカの魅力はわかりやすいため、1度人気に火がつけばどんどん広がっていくかもしれませんよ。

またこれからは、実際の速度を試すテストなども頻繁に行われていくことが予想できます。その結果が良好であれば、そのまま取引価格に影響していくことでしょう。

ジリカに投資する気持ちがあるのなら、これからの最新情報はチェックしておくことをおすすめします。

ジリカ(Zilliqa/ZIL)の取引価格は?

高騰はこれから?

ジリカはだいたい、1ZIL=約10円前後で推移してきています。

4月頭から少し下降トレンドとなったため心配されていましたが、4月12日あたりからいっきに反転し、その後も上昇の傾向が見られ価格の上下を繰り返しています。

取引所ヘの上場が待たれる

Zilliqaは2018年4月現在、時価総額32位とそこそこの位置につけています。現在の上昇がどれだけ続くかに左右されますが、今後も期待できる通貨と言えなくないでしょう。

また価格変動の材料として注目すべきなのが、海外取引所への上場です。

現在は中国の取引所で多くの売買が行われていますが、これがアメリカやその他のアジアにも広がっていけば、さらに値を上げるチャンスとなります。

上場のニュースを逃さないように、2018年のジルカには気をつけていきたいですね。

ジリカ(Zilliqa/ZIL)を扱う取引所は?

海外取引所への登録が必要

ジリカは日本国内の取引所では売買できないので、興味があるのなら海外の取引所を利用する必要があります。

2018年4月現在は以下の取引所で取り扱われているため、それぞれの登録方法やその他の取り扱い通貨をチェックしてみましょう。

Binance(バイナンス)
ジリカの人気上昇のきっかけになった中国の取引所。

毎月上場させる通貨をユーザー投票で決めるという制度があり、ジリカもそのシステムによって上場が決定した経緯があります。

Huobi(フオビ)
同じく中国の取引所で、豊富なアルトコインが魅力となっています。

USDTとETHによる取引ボリュームが大きくなっているので、イーサリアムで売買したい人はHuobiが向いているかもしれません。

Gate.io(ゲート)
草コインの多さが魅力の取引所となっていて、ジリカ以外の通貨に先行投資したい人にもおすすめ。

ややマイナーな取引所ですが、だからこそ掘り出しものの通貨が見つけられるかもしれませんよ。

ジリカ(Zilliqa/ZIL)がスケーラビリティ問題を解決する未来に期待!

ジリカは仮想通貨全体の問題である、スケーラビリティを解決する期待の星です。これからの発展によっては、いっきに主要通貨の一員になる可能性もあるでしょう。

将来有望な通貨への投資を考えているのなら、ジリカも候補に挙げてみてはいかがですか。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP