BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨IOStoken(IOST)の特徴、価格、将来性、取引所は?

既存のオンラインサービスの多くは、いくつもの問題を抱えたまま運営がなされています。仮想通貨のブロックチェーンは、そんな問題を解決に導く糸口にもなると考えられているので、今後本格的な利用が検討されていくでしょう。

しかしSNSやショッピングサイトはその巨大な規模ゆえに、そう簡単にブロックチェーンを導入できないのが悩みとなっています。そこで今注目されているのが、仮想通貨「IOStoken」です。

IOStokenはオンラインサービスに分散型プラットフォームのメリットを提供し、中央集権によって引き起こされるさまざまな問題を解消するアルトコインとなっています。企業が今後ブロックチェーンを事業に取り入れる際には、IOStokenの特徴が魅力的なものとなることでしょう。

こちらでIOStokenの特徴や将来性をチェックして、未来につながっていく技術に期待してみてはいかがですか。

仮想通貨IOStoken(IOST)の特徴とは?

あらゆるオンラインサービスに強固なインフラを提供する

現在のサーバーで動いているオンラインサービスは、中央集権型ゆえの問題を抱えています。手数料の増加やプライバシーに関すること、悪意のあるユーザーの不正行為などその問題は多岐にわたるでしょう。それらの問題を解決するには、分散型ネットワークであるブロックチェーンがうってつけに思われます。

しかしビットコインなどのブロックチェーンには容量や柔軟性が足りず、オンラインサービスの求める環境に対応できない部分も多くなるのです。

その点IOStokenならオンラインサービスに向けたシステムを多数そろえているので、あらゆる企業にブロックチェーンの魅力を提供していけるでしょう。

IOStokenが普及することになれば、オンラインショップやSNSなどの巨大ネットワークも、ブロックチェーンにその拠点を移すことになるかもしれません。安定とセキュリティを兼ね備えたIOStokenのプラットフォームなら、強固なインフラを整備することもできます。それはサービスのさらなる向上につながると考えられるので、IOStokenが私たちの生活を充実させることにもなりますね。

いくつものシステムがブロックチェーンを支える

IOStokenには、他の通貨にない特徴的なシステムがいくつも搭載されています。
それらはビットコインなどとの差別化を図っているので、オンラインサービスにブロックチェーンを導入したいと考える企業へのアピールになるでしょう。

例えばスケールアウトと呼ばれるシステムは、並行処理を行うことで取引の時間を短縮します。EDS(効率的分散シャーディング)はスケーラビリティの問題を解決し、ブロックに対する高い負荷を抑える機能に期待できるでしょう。

他にも普遍ランダム性を作り上げるBRDRや、トランザクションに一貫性を持たせるアトミックスなど、豊富なシステムがそろっているのです。これらは既存のサービスにブロックチェーンを提供するための技術として、今後も注目されていくでしょう。

さらにスマートコントラクトによるDappsの開発や、フィードバックを取得できるFTFSなどの機能もあるので、IOStokenは自らの拡張性にも期待できますね。

承認システムには「Proof of Believability」を採用

IOStokenのブロックチェーンを動かす承認システムには、「Proof of Believability」が採用されています。Proof of Believabilityとはユーザーの通貨に対する貢献度を基準に承認者を選ぶシステムで、いくつかの評価点によって選別されるのが特徴。

IOStokenの独自トークンIOSTの保有量やプラットフォームの利用頻度、取引時の対応や不正をしていない事実などが、ユーザー評価を上げることになるようです。

ビットコインで利用されているProof of Workや、それに対抗するProof of Stakeとも違うこちらの承認システムは、IOStokenの大きな目玉となることでしょう。

IOStokenの将来性は?

既存のオンラインサービスを次世代のレベルに

IOStokenは現在普及しているオンライン上のサービスにブロックチェーンを導入し、新しい環境を提供します。それはサービスを次世代のレベルに押し上げることになるため、IOStokenの特徴を求める企業が今後増えるかもしれません。

IOStokenの成果が認められれば、その性質を参考にする後続のアルトコインが出てくる可能性もあります。それは企業によるブロックチェーンの導入を加速させることになるので、近いうちにブロックチェーンを基盤としたインターネットサービスは当たり前のものになるかもしれませんね。

一般ユーザーにもメリットがあることを伝えられるか

IOStokenは基本的に、企業向けのシステムとなっています。そのため一般ユーザーにはそのメリットがイマイチ伝わりづらく、投資が受けにくくなる可能性があるでしょう。

今後IOStokenはいかに一般ユーザーにその特徴をアピールし、生活が変わっていくことをイメージさせるかが重要となります。IOStokenの発展がどのような結果を生み出すのかがわかりやすくなれば、一般層のなかからも投資したいと考える人は増えるでしょう。

仮想通貨IOStoken(IOST)の取引価格は?

緩やかな上昇がどこまで続くか

2018年4月現在、IOStokenの価格は1IOST=6円前後となっています。

3月から緩やかに上昇しているチャートは、結果的に価格を3倍ほどにまで押し上げることになりました。1月に一時1IOST=14円に達し、そこから一気に急落したことを考えると、現在の上昇はかなり明るい材料だといえるでしょう。

まだ2018年に入ってから取引が始まったばかりの通貨であるため、現在のチャートだけですべてを予想することは難しいです。それでも少しずつ上がっていることは確実なので、今後じわじわと価格の天井が高まっていくことに期待しましょう。

ロードマップによれば、2018年中にさまざまなシステムのテストが予定されています。テストの結果が良好であれば価格には良い影響が出るので、IOStokenの最新情報には注目していきましょう。

仮想通貨IOStoken(IOST)を扱う取引所は?

海外の取引所で売買が可能

IOStokenは、日本の取引所では取扱いがありません。購入を検討する場合は、海外の取引所を利用するようにしましょう。

以下におすすめをまとめますので、気になるものから登録を考えてみてください。

Huobi(フオビ)
取引高が大きいことで有名な中国の取引所です。アジアを中心にあらゆる国で利用されているため、自由度の高い売買が楽しめますね。豊富なアルトコインに加えて独自トークンも発行しているので、ここでしか買えない通貨にたくさん出会えるかもしれません。

OKEx(オーケーイーエックス)
中国の三大取引所として取り上げられることが多く、IOStokenを含めたたくさんの通貨が毎日売買されています。本人確認をしなくても取引に参加できるので、とにかく手続きを簡略化したい人におすすめ。

Binance(バイナンス)
中国で今大人気の仮想通貨取引所で、海外からも多くのユーザーが登録を行っているとのこと。仮想通貨の上場をユーザー投票で決めたり、独自通貨バイナンスコンがあったりと魅力的な要素がたくさんあります。

IOStokenの売買だけでなく、取引所そのものの特徴もチェックしていきたいですね。

仮想通貨IOStoken(IOST)がインターネットサービスを変えるかも

IOStokenのブロックチェーンに搭載されたいくつものシステムは、現在のインターネットサービスを大きく変えていくかもしれません。

変わっていく未来に期待するのなら、今からIOStokenの特徴や魅力はしっかりとチェックしていきましょう。ブロックチェーンを用いることで、企業のサービスは一段上のものとなります。

最新の技術である仮想通貨を上手に応用していくことが、これからの企業の発展を促すことになるのかもしれませんね。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP