BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

Augur(オーガー)

仮想通貨オーガー(Augur/REP)の特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!

仮想通貨オーガー(Augur/REP)の特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!

2018年ワールドカップ、日本中が大盛り上がりでしたね。
会社の同僚、友人の間で賭けをしてる人もいたのではないでしょうか。
海外では「ブックメーカー」と言う、主にスポーツ(中には明日の天気すら賭けの対象にするのもあります)勝敗にリアルマネーを賭ける(ギャンブル)サイトがあります。
勿論、ワールドカップも対象で4年に1度開かれるこのイベントに、ブックメーカー市場も大きな資金が流入します。

しかし、現在のギャンブルは胴元、つまり仲介者が必ずもうかる仕組みになっており、フェアな賭け事が行われません。仲介料を摂取したり、不正を働く可能性があるからです。
今回ご紹介するオーガー(Augar/REP)は、そういった賭け事の歪みを正し、参加者と胴元がフェアな賭けをするためのプロジェクトです。

この未来に起きる出来事を賭け事の対象とした「分散型未来市場」オーガ―の特徴、将来性を含め解説します。

仮想通貨オーガー(Augur/REP)の最新価格・相場・チャート

オーガー(Augur/REP)の初心者入門。仮想通貨オーガー(Augur/REP)の特徴について

オーガーはイーサリアムのスマートコントラクトを用いたプラットフォームで、仲介者や胴元を通さず、個人同士でギャンブルができる分散型未来予想と呼ばれます。

Augurという単語の意味は(占い師)・(予言)を意味し、通貨単位の「REP」は()Reputation(評判)から取られています。

イーサリアムのスマートコントラクトを利用

オーガ―のプラットフォーム上では、胴元が存在せず分散化されており(イーサリアムのスマートコントラクトを使うことで胴元がいない公正なギャンブル市場を作る事ができます。

分散型ブックマーカーとも言うべきオーガーの大きな機能は

  • 誰でも賭け事を作る事ができる
  • 誰でもその賭け事に参加できる
  • 賭け事の結果を胴元が判断せず、ユーザーが判断する
  • 配当が自動的に行われる2

オーガーはこれらの4つの機能を、スマートコントラクトを利用する事により、非中央集権化された市場を実現しています。

レポーターの存在意義

オーガーは、レポーターという事実を認定する役割を担う多くの人が存在します。
予測に対して実際に何が起きたかを判断して報告する義務があり、この際に一定のデジポットを積むことが必要とされます。

レポーターは、多くの人が報告した事実と同じ報告をした場合、報酬を貰う事ができ、事実と違う報告をするとデジポットが没収されてしまいます。

この制度により、レポーターは事実と違う結果を報告し少数派になってもメリットが生じず、常に正しい報告をして多数派になった方が報酬も貰えて得をするのです。

このような事実認定も分散されユーザーによって行われる仕組みを、分散型事実認定と呼びます。

仮想通貨オーガー(Augur/REP)の今後。将来性やロードマップについて

オーガーは「保険システムに利用することが可能ではないか」とも言われています。
一般的に保険のシステムは、一定期間に保険料を支払い、病気、けがなどがあったら保険金が支払われるという仕組みです。
これはギャンブルに似た要素があり、「自分がこの先、一定期間で病気になるという予測をたて、予測が当たり病気になったら報酬(保険料)が貰える」という未来市場の仕組みに置き換えることができます。

仮に、保険のシステムにオーガーを利用すれば、胴元がいない分断型未来市場の基、より正当な保険料、保険金の設定を行うことができるのです。

この点を踏まえ、オーガーにはギャンブルだけではなく保険業界にも応用が利くため、将来性を強く感じる方も多くいられます。

仮想通貨オーガー(Augur/REP)。取引のノウハウとポイント

オーガーは2016年に運用が始まり、2017年の3月まで500円台を推移しています。
同月以降、価格が上がり始めましたが、6月付近から11月まで価格が少し下落。
要因としてビットコインの分裂騒動などが挙げられます。
2018年第一四半期、 オーガーを含め各通貨大きく下落しました。
現在(6月末)一部通貨は、今年最安値を下回り下降トレンドに入っていますが、オーガはレジスタンスラインを抜けた状態です。
一部の間では、ワールドカップが影響しているのではと言う声も聞きます。

その理由として、オーガーのブックメーカーとしてのプラットフォームが、ワールドカップの優勝国予想で沸いているという見方があるからです。

オーガーは日本国内において、ギャンブルプラットフォームとして解釈された場合、(賭博罪)にあたります。
保険分野での活用をする場合も(保険業法)という法的な課題があるので、国による法規制の対象となった場合、価格にも影響を及ぼす可能性が高いでしょう。

仮想通貨オーガー(Augur/REP)のマイニングについて

仮想通貨を得る方法の一つにマイニングがあります。
マイニングはブロックチェーンシステムを構築するために、手助けした人に報酬が与えられますが、オーガーにはマイニングがありません

前文でも少し触れましたが、オーガーにはマイニングに代わるものとしてレポーターという存在があります。

事実が正しいか否かは、レポーターの多数決によって決まりますが、この不特定多数のレポーターによる事実判定は群衆の知恵という概念に基づきます。
2004年、ジェームズ・スロウィッキーの著書にて提唱された概念で、「専門家でない不特定多数による多数決の方が、専門家一人による判断に勝る」ということを統計的に説明したものです。

仮想通貨オーガー(Augur/REP)。利用者の評判・口コミ・体験談・インタビュー

Aさん

オーガーの仕組みは面白そうです。利用しているチェーンがイーサリアムだし上がる可能性も十分あるのでは。

Bさん

予想市場のオープン化&分散化。仮想通貨「Augur(オーガー)」は凄く面白いと思います。

Cさん

保険業界で利用されたら大きく飛躍するのでは。大手保険業の各時価総額って、ゆうに1兆円超えてるし、価格に大きく影響を及ぼすと思います。

Dさん

実際に存在する店舗でオーガーを使えるお店、私はしりません。
どなたかご存知でしょうか?

Eさん

オーガー面白そうだけど、日本だったら規制に潰されるのでは。アメリカとかで流行ったら、黒船のごとく日本上陸してほしいです。

仮想通貨オーガー(Augur/REP)のよくある質問と答え

オーガーはどうやって利用することができるの?

Augur β版のサイトから利用することができます。ユーザー登録を行えばMarcket(市場)を作成する事もできます。

オーガーの取り扱いがある取引所は国内にありますか?

以前はコインチェックで取り扱っていましたが、現在は廃止となっています。
そのため購入する場合は海外の取引所を利用するしかありません。

オーガー対応のウォレットおすすめを教えて?

オーガーの対応ウォレットでおすすめなのは「Ledger Nano S」です。ハードウォレットなので、セキュリティ上かなり安全なタイプです。

仮想通貨オーガー(Augur/REP)の評価まとめ

知名度
★★★★★
★★★★★

将来性
★★★★★
★★★★★

取引量
★★★★★
★★★★★

買いやすさ
★★★★★
★★★★★

実用度
★★★★★
★★★★★

知名度

以前、コインチェックで取り扱われてた事もあり国内において知名度は高い。

将来性

国がオーガーをどう規制するかによって大きく変わる。

取引量

現在(2018/6/30)時価総額ランキング31位。ピーク時に比べ落ち着いて印象。

買いやすさ

唯一、国内で取り扱っていたコインチェックが廃止したので、海外の取引所でしか購入することができない。

実用度

実社会で決済できる店舗は殆どない。

仮想通貨オーガー(Augur/REP)。取り扱いのあるおすすめ取引所

2018年6月18日、コインチェックがオーガーの取り扱いを廃止したため、国内でオーガーを購入することはできません。

オーガーを取り扱っている海外の取引所をいくつかご紹介します。

Poloniex(ポロニエックス)
アメリカの大手仮想通貨取引所。取り扱っているアルトコインは60種類以上。
Bittrex(ビットレックス)
アメリカの大手仮想通貨取引所。アルトコインは120種類以上。
Binance(バイナンス)
現在、マルタ島へ本拠地を移転。世界有数の仮想通貨取引所。

仮想通貨オーガー(Augur/REP)は保険業界にも活用される可能性がある

オーガー(Augar/REP)は分散型予測市場という新しい概念を持ち込んだ面白い通貨です。
ギャンブルだけではなく保険業界の仕組みを変える可能性もあり、もしこのシステムが確立すればAugur自体が社会インフラになる可能性もあります。
一方、国内で普及するには、賭博罪、保険業法という法的な課題があるとされています。
Augurが日本で活用されていくのか、今後の動向に注目が集まります。

仮想通貨オーガー(Augur/REP)関連記事

Augur(オーガー)のレポートに関する記事一覧

登録された記事はありません。

PAGE TOP