BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ネム(NEM/XEM)はどうやって生まれた?開発の歴史とNEM財団とは

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

日本と関わりの深い仮想通貨はいくつかありますが、特に知られているのがネム(NEM/XEM)ではないでしょうか。
ネムはそのポテンシャルの高さと将来への期待から、今後もますます注目される仮想通貨です。

こちらでは、ネムがどうやって生まれたのか、ネムを管理する団体の「NEM財団」とはなんなのか、といった点にスポットを当てていきます。
ネムへの投資やネムという通貨の今後に興味があるのなら、ネムの開発者や現在の管理体制をこの記事でチェックしましょう。

仮想通貨ネム(NEM/XEM)の特徴や将来性について、詳しく知りたいという方はこちら
仮想通貨ネム(NEM/XEM)。特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?BITDAYS編集部の評価やよくある質問も紹介!

仮想通貨ネム(NEM/XEM)の持つ技術的な特徴とは?なぜ有名になったのか?

Proof of Importanceによる承認システムが話題に

ネムの特徴としてよく挙げられるのが、Proof of lmportance(Pol)と呼ばれるブロックの承認システムです。
Proof of lmportanceはビットコインなどが採用しているproof of work(POW)とは違い、単純なマシンパワーによって承認権が優先されることはありません。

ネムの所有者がどの程度ネムのコミュニティにとって重要な存在なのかをスコアで測定し、その貢献度の高さによってブロックの承認権の軽重が測られるのです。
つまり膨大な電気量を消費する高級なマイニングマシーンを揃える経済力がない人でも、ネムに貢献していると判断されれば、承認による報酬を得ることができます。

スコアはネムの通貨単位の「XEM」の所有量や取引量、その他取引した相手が考慮して導き出されます。
それはネムの積極的な利用につながり、多くのユーザーに報酬の機会を提供することになるでしょう。

「富の分配」といわれるこちらのスタイルが話題となり、ネムは多くの支持を集めることになったのです。

ハーベスティングによるエコな経営

ビットコインでいうところのマイニングは、ネムでは「ハーベスティング」と呼ばれています。
ハーベスティングには、10,000XEM以上を所有するユーザーが参加でき、上記のPolのシステムで動いています。

電力エネルギーの過剰な使用を控え、送金スピードが早いハーベスティングは、ビットコインの決済問題を憂慮するユーザーから高評価を得てもいます。
今後もハーベスティングによる承認が、ネムの大きなアピールポイントとなっていくでしょう。

仮想通貨ネム(NEM/XEM)の開発者は?どのような人物によって発表されたのか

UtopianFutureという匿名のチームによって発表

ネムは2014年1月に行われたbitcointalk.orgのフォーラムのなかで、「UtopianFuture」と名乗る匿名のチームによって発表されました。
UtopianFutureの多くは謎に包まれていて、詳しい事情や内部情報は明らかにされていません。

しかし画期的なシステムとして、ネムの存在は多くの人たちに認知され、java言語を用いてプロジェクトが進行し、2015年3月31日に無事公開に至ります。
当時知られつつあった仮想通貨の問題点を先読みしたようなシステムは、公開後少しずつ広まっていき、2018年6月現在は時価総額で15位につける人気通貨となったのです。

最後までUtopianFutureの詳細が明かされることはありませんでしたが、2015年3月29日のタイムスタンプのネムの最初のブロックが作成されたことをきっかけに、計画が本当に実行されることがわかり、プロジェクトに懐疑的だったユーザーをも取り込むことができたのでしょう。

これ以降、ネムは名前の由来となった「New Economy Movement」という言葉通り「新しい経済圏の創出」を目指し、世界中に広まっていくことになるのです。

NEM財団の発足によって開発が加速

ネムはリリース後それほど大きな値動きが起こりませんでしたが、2017年に「NEM財団」が設立されたのをきっかけに、少しずつ価格高騰の地あいが作られていきます。
NEM財団とは、シンガポールに拠点を置く組織で、仮想通貨ネムの発展と利用の促進を目的に運営されています。

ネムの普及を目指す範囲は政府、学会、産業界、そして一般ユーザーと幅広く、現在もその発展のためにさまざまなイベントが財団によって企画されています。
日本でもネムを使ったコンテスト「NEMCON」などの催し物が活発に行われていますが、それはNEM財団の基本方針と合致していることが理由なのかもしれませんね。

また、ネムはNEM財団によって、開発者が公募されている仮想通貨です。
そのため、開発が止まることはなく、プロジェクトのさらなる進行が期待できることでしょう。

NEM財団はパートナー企業を見つけることにも成功していて、NEMの世界への普及と開発を加速させているのです。
中央集権化を問題視する声もありますが、現在のネムがあるのはNEM財団の支えがあってこそのものだといえるでしょう。

2017年にはマレーシアのクアラルンプールにNEMのためのブロックチェーンセンターを建設するなど、未来への投資も積極的に行っているのも好印象です。
ネムの将来は、NEM財団の動きによって今後も左右されていくことになると思われます。

NEM財団のメンバーとは?

UtopianFutureとは違い、NEM財団ではメンバーがすべて公開されています。
特に有名なのが、創設メンバーでメディアへの露出も多かったLon Wong氏とJeff McDonald氏でしょう。

Lon Wong氏は理事長、Jeff McDonaldは副理事長の立場からネムの発展とアピールに関わり、2018年4月の退任までにさまざまな功績を残してきました。
現在もネムを支える立場に変わりはないようで、今後は団体のトップとしてではなく、もっと別の立場からのアプローチでかかわっていくことでしょう。

なかでも、30年以上起業家としてさまざまな会社に携わったLon Wong氏のキャリアは、これからもネムのメリットの1つとして認知されていくことでしょう。

また、NEM財団には日本人メンバーの朝山貴生氏がいることでも有名です。
朝山貴生氏は国内の仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ社の代表として知られており、日本におけるネム普及を担う第一人者となっています。

ネムは朝山貴生氏の活躍によって、日本国内でもかなりポピュラーな仮想通貨となりました。
その結果、ネムはZaifの運営会社のテックビューロとも深い関わりを持ち、さまざまな技術提携を行うまでになっています。

今後も、NEM財団は朝山貴生氏を通して、ネムに関するさまざまなニュースを持ち込んでくれるかもしれませんね。

仮想通貨ネム(NEM/XEM)はどうやって広まったのか?今後の将来性と合わせてチェック

mijinとCOMSAが仮想通貨ネム(NEM/XEM)を広めるきっかけに

ネムは2017年5月に開催されたConsensus 2017のなかで、テックビューロ社と共同でブロックチェーン技術「mijin」を発表しました。
mijinはネムの実用性と将来性を示す大きなきっかけとなり、仮想通貨熱も高まっていたことから世界中で話題となったのです。

また同年8月には、仮想通貨のICOプラットフォーム「COMSA」が発表され、ネムの用途をさらにアピールしています。
続けざまに行われた技術発表が影響したのか、2018年1月にはネムの価値が大きく高まり、最高値を記録しました。

残念ながら、2018年1月に起きたCoincheckのネム流出事件以降価格は下落しますが、ネム自体に問題はないので、これからも値動きに期待ができることでしょう。

仮想通貨ネム(NEM/XEM)とNEM財団の今後は?

ネムの今後に最も期待できるのが、取引処理を爆発的に上昇させるシステム「カタパルト」の実装です。
仮想通貨リップルはその送金速度によって知名度を高めましたが、カタパルトが実際に実装されれば、その速度すら凌駕することになります。

しかし、カタパルトの実装は延期されていて、具体的な実装タイミングは2018年6月になった今でも不明なままです。
ネムが今後注目を集めるためにも、NEM財団のカタパルトに関する公式発表が待たれることでしょう。

NEM財団もトップが変わったことから、これまでにないアプローチやアピール方法が行われる可能性があります。
それはネムの価値をさらに高めるかもしれないので、2018年はカタパルトを中心としたNEM財団の積極的な活動に期待していきましょう。

仮想通貨ネム(NEM/XEM)の未来はNEM財団にかかっている?!その動きにこれからも注目しよう

仮想通貨ネム(NEM/XEM)の将来は、NEM財団の今後に大きく左右されることでしょう。
今後の値動きを予想するなら、この機会に通貨XEMとNEM財団との関係性を詳しく調べることをおすすめします。

ネムはまだまだ発展の余地があり、今後、価格水準が向上する可能性があります。
そのタイミングを把握するためにも、NEM財団のチェックは欠かさないようにしていきたいですね。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。
PAGE TOP