BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ネム(XEM)はしっかり管理!おすすめのモバイルウォレットは?

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

2015年から発行が始まった仮想通貨 ネム(NEM/XEM) は、今や人気のある仮想通貨の1つになっています。このネムを手元で管理できるのが、今回ご紹介するようなモバイルウォレットです。モバイルウォレットは操作も簡単で、その名の通りお財布代わりになるので便利です。

NEM/XEM(ネム)について詳しくはこちら

ネムを管理するならこのモバイルウォレットがおすすめ!

ネム(XEM)の管理に使えるモバイルウォレットは、さまざまな種類があります。どのモバイルウォレットが最適かは、使用しているスマホのOSによっても多少変わってくるかもしれません。ネムに対応する代表的なモバイルウォレットは、次の2つです。

ネムの公式サイトがおすすめしている「NEM Wallet」

NEM Walletは、ネムのオフィシャルサイトからダウンロードができるモバイルウォレットです。ネムのウォレットと言えば、例えばNano Walletなどが有名です。
このNEM Walletは、Nano Walletの言わばモバイル版として使えるのが特徴になっています。

Nano Walletと同期して一緒に使うことも可能で、OSに合わせてそれぞれのウォレットをダウンロードしておくと利便性がアップするのが嬉しいところです。NEM Walletには、iOS版とAndroid版があり、端末のOSに合わせていずれかを選ぶことができます。

iOS版とAndroid版とでは使い方もさほど変わらず、受け取りや送金の流れを覚えてしまえば、スムーズに操作が可能です。オフィシャルサイトが勧めているだけに、ネムを管理する上でも安心感が高いのがこちらのNEM Walletと言えるでしょう。

さまざまな仮想通貨の管理ができる「もにゃ」

こちらのもにゃでは、ネムだけでなくビットコインキャッシュやモナコインなども管理することができます。適宜カスタマイズができる機能もあり、利便性に優れているのが魅力です。

日本の仮想通貨であるビットゼニ―やフジコインにも対応していますので、他のモバイルウォレットで管理ができない、といったコインの保管もできるかもしれません。
ただ、App storeからこのモバイルウォレットをダウンロードすると、機能や管理できる仮想通貨の種類が若干制限されることがあります。

したがって、ビットゼニーなどの仮想通貨を管理したいときには、アプリの仕様を少し選ぶ必要があるでしょう。ちなみに、このもにゃを使用するに当たっては、電話番号やメールアドレスなどの登録は不要です。日本のモバイルウォレットであるもにゃは、使い方もシンプルで日本人にとっても扱いやすいと言えます。画面全体が見やすく、ビギナーでも楽に使えるのが魅力になっています。このもにゃも、iOSとAndroidの両方に対応しているため、OSの種類を問わず使用することが可能です。

ネムのモバイルウォレットの使い方をご紹介します!

オフィシャルサイトから入手できるモバイルウォレットや日本のモバイルウォレットは、使い方もそれほど複雑ではありません。実際に使用しているユーザーも多く、使い方で困ったときにはインターネットからも適宜情報が得られます。基本的な使い方を、ここではご紹介してみましょう。

「NEM Wallet」の受け取り、送金方法

NEM Walletでネムを受け取るときは、画面の下にある「QR」というアイコンをタップします。このようにすると、受け取り用の自分のアドレスやQRコードが出てくる仕組みになっています。送金先にアドレスやQRコードを伝えるなどすれば、入金の手続きが可能です。

また、画面の下方にある「アドレスをシェアする」、「QRをシェアする」のいずれかのアイコンを選んで、メールやツィッターで先方に伝えることもできます。送金の手続きを進める場合は、「QR」の左側にある「ダッシュボード」のアイコンを選択。ダッシュボードの画面に切り替わったら、右上の四角いアイコンをタップします。

こうすると送金先のアドレスや送金する金額、メッセージを入力するフォームが現れますので、内容を入れて右上の「送信する」のアイコンから送金手続きを行いましょう。送金がきちんとできたかどうかは、同じ「ダッシュボード」のアイコンをタップして確認ができます。予めアドレス帳に送金先を登録しておけば、さらにスムーズに手続きを進められるでしょう。

「もにゃ」の受け取り、送金方法

もにゃでネムの受け取り手続きをする場合は、「受取」という赤いアイコンを選びます。ネムを受け取りたいときには、次の画面でネムのアイコンを選択。こうすると、受け取り用のアドレスとQRコードがチェックできるようになりますので、メールなどで送金先に内容を伝えて、入金を待ちましょう。

また、Nano Walletなどの外部の自分のアカウントからネムを受け取るときには、先に他のウォレットで送金の手続きを済ませてから、もにゃで入金を確認するという流れになります。もにゃから送金をする場合は、「送金」というグリーンのアイコンをタップします。所定のフォームに送金先のアドレスを入れる、もしくは送金先のQRコードを読み取って、金額を入力。下の「確認画面へ」をタップすると、内容をチェックできる画面に切り替わります。問題がなければ、そのまま手続きを続行しましょう。

モバイルウォレットを使うときにはこんな点に注意!

モバイルウォレットを使う際には、例えばどういった注意が必要になるのでしょうか。これだけは押さえておきたい、という注意点を知っていれば、より安全にネムを管理できるようになります。

パスワードや暗号フレーズなどの情報をしっかりと管理する

モバイルウォレットを使い始める際には、パスワードや暗号フレーズなどを用いた設定が必要になります。

また、秘密鍵なども最初に設定を行って入手するのが一般的です。このような情報は、モバイルウォレットにログインするときやアカウントを復活させるときに必ずと言ってよいほど必要になってきます。秘密鍵の再発行などは、モバイルウォレットによっては難しい場合もありますので、情報の管理にはとくに気を配りましょう。

保管する通貨の種類に合わせてモバイルウォレットを選ぶ

今回ご紹介したNEM Walletなどは、アプリによって管理できる仮想通貨の種類が変わります。こちらのモバイルウォレットの場合、ビットゼニ―などは一部のアプリでは管理ができないなど、一定の制限があります。ダウンロードをする前に、所持している仮想通貨が確実に管理できるかどうか、チェックしておくのがおすすめです。

評判の良いモバイルウォレットを使用する

モバイルウォレットを選ぶときは、評判も1つのチェックポイントになります。評判が良いアプリは、使いやすい、セキュリティ機能が充実しているなどのメリットがあるケースが多いです。

使いにくいとアプリの場合、実際に使用を開始してから不自由を感じることがあるため、画面の見やすさや操作の分かりやすさなどをチェックしてからモバイルウォレットを選んだ方が良いでしょう。

アプリの入手先にこだわる

オフィシャルサイトが提供しているモバイルウォレットなどは、使用する上でもとくに安心感が高いです。このようなアプリをダウンロードする場合は、情報サイトのリンクなどを利用せずに、直接オフィシャルサイトや公式ストアにアクセスをした方が確実かもしれません。悪質なサイトや不正なアプリなどに引っかからないように注意をしましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP