BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ネム(XEM)をマイニング!通貨を生み出して報酬を得るには?

仮想通貨ネムを使って報酬を得る方法として「ハーベスト」という方法があります。このハーベストは採掘をした人に対して報酬が与えられる「マイニング」とは異なる方法です。では、ハーベストとはどのようなものなのか、ここではその仕組みとともに解説していきます。

ネムのマイニング「ハーベスト」って何?

そもそもネムとは

ネムとは、ブロックチェーンを用いて新しく経済運動を起こすことを目的としたプロジェクトのことを指しており、「New Economy Movement」のそれぞれの単語の頭文字を取ったものです。

また、本来はネムのプラットフォーム上で発行された仮想通貨単位をゼム(XEM)と言いますが、知名度の高さから、ネムが仮想通貨自体の意味を持つこともあります。このネムは日本企業テックビューロとの提携や独自の承認システムを取り入れていることから日本でも知名度が高いのが特徴です。

ハーベストとは

ハーベストというのは、ネム独自の承認システムのことを指しています。ネムのブロックチェーン上で行われた取引を承認する作業であり、約1分に1回実行されているのが特徴です。

ハーベストはPOI(Proof of Importance)と言われる仕組みを用いて行われ、ハイスペックなパソコンを所有していなくても、一定条件を満たした人であればランダムで選ばれた人たちに報酬を与えるようになっているのです。ハーベストを行うためにはある程度の資金が必要にはなりますが、ハイスペックなパソコンを購入しなくてもできるので気軽に始めることができるのが魅力と言えるでしょう。

ハーベストの種類

ハーベストにはローカルハーベストとデリゲート(委任)ハーベストという2つの種類があります。この2つはハーベストの実行方法が異なります。ローカルハーベストではパソコンが稼働している時に行われるので、常に稼働をしておかなくてはいけません。
しかし、デリケートハーベストではパソコンがオフライン状態、もしくは電源が切ってある状態でもハーベストを実行することができるのです。

ずっとパソコンを稼働させていないといけないというのは手間がかかり電力も消費してしまいますが、ローカルハーベストではそのような心配がないので安心して行うことができるでしょう。
ちなみに、パソコンがオフライン状態、または、電源が入っていなくてもハーベストができる理由については、デリケートハーベストではハーベストを他のノード(スーパーノード)に委託しているということが挙げられます。

スーパーノードとは、大規模な仕事をする端末のことをいい、厳しい条件をクリアしていることがスーパーノードになるためには必要不可欠です。なお、スーパーノードに依頼する際の個人情報などは代理アカウントを経由することで守られています。

ハーベストのメリットとデメリットとは?

メリット

ネムのハーベストにおけるメリットとしては、ハーベストにかかるコストが少なく済むということを挙げることができるでしょう。
なぜなら、ハーベストには、パソコンをオフライン状態にしていたり、電源を切っていたりしても実行できるデリケートハーベストという方法があるからです。

そのため、手軽に取り組むことができるところも大きな魅力です。また、スーパーノードになると毎月20万円ほどの報酬をもらうことができます。スーパーノードになれば大きな報酬を期待できるところもメリットとしてあるでしょう。

しかし、スーパーノードになるためには300万以上のXEMを所有していることや毎秒最低2000回のハッシュを行うことなどいくつかの条件があり、注意が必要です。この他に、ハーベストを行うための設定が簡単なこともメリットです。最初の設定として簡単な設定をいくつかしますが、あとは自動でハーベストを待つだけで済むのでとても手軽です。

デメリット

ハーベストのデメリットとしてはもらえる報酬が不安定であることが挙げられます。ハーベストでは一定量のコインを預けPCのマシンパワーを提供するということを行います。この時に、ネムへの貢献度を基にして、取引承認の報酬がランダムに選ばれた人に与えられるのです。

この貢献度は所有している有効なXEMの量や、XEMの取引量から計算されたPOIスコアに基づいて決められています。1000XEM以上送金する取引や10,000XEM以上保有しているユーザーとの取引も貢献度として関わっています。これらの貢献度を基にして計算されたPOIスコアが高いほど、ハーベストで報酬をもらうことができる確率が高まっていきます。

そのため、なにもせずにいる人は多くても月に数千円程度しか儲けることができません。もらえる報酬にばらつきがあるため、これで収入を安定させるのは難しいでしょう。この他にも、スーパーノードに払われる報酬が将来的に枯渇してしまう恐れがあります。スーパーノードへの報酬はSustainability FundというFundの一部が充てられていますが、その資金がなくなってしまうかもしれないと危惧されているのです。

ハーベストに必要なものを知ろう

専用ウォレットに登録しよう

ハーベストを行うためには、まずネムの専用ウォレットに登録する必要があります。専用ウォレットは「Nano Wallet」といいます。

ネムコインを用意

次にネムコインを用意しましょう。ハーベストを行うためには、10000XEM以上の有効なネムコインが必要です。この「有効な」というのは、ある程度の期間、ウォレットに保管されていることが条件です。

既得バランスの保管

既得バランスとは、一定期間ウォレットに保管されている有効なコインのことを指しています。保有しているコインが多いほど必要な保管期間は短くなりますが、数週間〜数ヶ月が目安となります。

ハーベストを行うためには、10000XEM以上のコインが必要ですが、ウォレットに入金してすぐにハーベストができるのではなく、これらのコインが既得バランスになるまで待つ必要があります。

以上が、仮想通貨ネムを使ってハーベストを行うために必要な準備になります。中でも、ハーベストを行うためには10000XEM以上のコインが必要なのはもちろんのこと、ウォレットに入金してからすぐはハーベストを始めることができないという点に留意しなくてはいけません。

実際にハーベストをしてみよう


ハーベストに必要な準備が整ったらハーベストを実行していきましょう。
なお、ローカルハーベストでは必要な設定がないのでデリゲートハーベストについて紹介します。

デリケートハーベストの始め方

まずは、ネムコインの専用ウォレットであるNano Walletにログインしましょう。ログインしたら、「サービス」→「デリゲートハーベスティング」→「デリゲートアカウント管理」の順に選択して下さい。

その後、「任意有効化」を選択し、Nano Walletのパスワードを入れて送信を押したら有効化が完了するまで待ちます。有効化までかかる時間は約6時間です。「リモートステータス」が有効になっていたら設定完了です。有効化したら、ノードのうちどれかを選択し、「ハーベストの状況」が有効となるのを確認しましょう。有効になったらあとは自動でハーベストが行われるのを待つだけで大丈夫です。

手軽なハーベストに挑戦してみよう


ネムコインでハーベストを行うためには、専用ウォレットに登録すること、10000XEM以上のコインを所有していることに加え、いくつか最初の設定をすることが必要です。これらの条件を満たせば自動でハーベストをすることができます。かかるコストも少なく、手軽に始められるのもハーベストの魅力と言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial