BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ネム(NEM/XEM)はしっかり管理!おすすめのウォレットは?

仮想通貨を管理する際、ウォレットの種類がたくさんありすぎて、どれを選べばいいのかわからないという方もいるでしょう。ウォレットはセキュリティ性能がそれぞれ異なるので、慎重に選ぶ必要があります。まずは各ウォレットの特徴を知っておきましょう。

ネムについてもっと知りたいという方はこちらの記事をどうぞ

ネム(NEM/XEM)を管理できるウォレットの種類

ネム(NEM/XEM)などの仮想通貨を取引所に入れっぱなしにしておくと、盗難されたり取引所が破綻したりするなどのリスクが伴います。
そのため、事前に安全なウォレットに移しておくのがベターです。ネムを管理できるウォレットは主に、ハードウェアウォレット・デスクトップウォレット・モバイルウォレットの3種類があります。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、ハードウェア端末で保管できるタイプのウォレットです。USBメモリのような小さい端末を使って、パスワードなどの秘密鍵を保存しておけるため、ウイルス感染に強く安全性に優れています。

ハードウェアウォレットなら、パソコンから仮想通貨のデータを保管した後に、オフライン環境下で仮想通貨を保管できるので、ハッキングなどの心配がありません。
パスワードもかけられるため、セキュリティ性能の高いウォレットだと言えます。ネムを管理できるハードウェアウォレットには、「TREZOR」などがあります。

TREZOR

TREZORは特殊なチップを内蔵しているハードウェアウォレットなので、ウイルスやハッキングなどの影響を受ける心配がありません。2つのボタンを操作するだけで簡単に保管できるため、手間もかかりません。ネムを動かすときはUSBで接続する必要がありますが、この工程によってセキュリティ性能が高められています。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、パソコンにウォレットをダウンロードして保管するタイプになります。デスクトップウォレットの開発は活発に行われているため、自分にあったウォレットを探し出すことが可能です。

また、デスクトップウォレットには、全ての取引記録を確認できる「フルノード版」が存在するため、マイニングを行うこともできます。ネムを管理できるデスクトップウォレットには、「Nano Wallet」などがあります。

Nano Wallet

Nano Walletは、ネム公式が推奨しているウォレットなので、安心して利用できるメリットがあります。ネムを一定量以上入れておけば、ハーベストができて、お金も貰えることができます。ハードウェアウォレットのTREZORと連携して利用できますが、Nano Walletだけでもインストールすれば、すぐに利用可能です。

モバイルウォレット

モバイルウォレットは、スマホのアプリを使って、ネムなどの仮想通貨を保管・管理ができるタイプです。モバイル端末内に仮想通貨を保管しておけるため、持ち運びが非常に便利です。

端末上で仮想通貨の送金・受金・残高確認などを行うことができるため、外出時でも簡単に管理できます。いつどこにいても好きな時に管理できるのが、モバイルウォレットの魅力です。モバイルウォレットならQRコードが使えるので、実際の店舗でも簡単決済が可能です。ネムを管理できるモバイルウォレットには、「NEM Wallet」などがあります。

NEM Wallet

NEM Walletは、iOSやAndroidに対応したモバイルウォレットです。NEM Walletでは、残高の確認や送受信、ハーベスト履歴の確認ができる他、アドレス帳に送信先を登録できるので、利便性が非常に高いと言えます。スマホで気軽にネムのハーベスティングを確認することも可能です。

ウォレットでネム(NEM/XEM)を管理するときの注意点

ハードウェアウォレットの注意点

ハードウェアウォレットの場合、端末自体が故障したり紛失したりするリスクがあります。万が一、故障や紛失してもバックアップをしっかりとっておけばデータの復元が可能ですが、秘密鍵を書いた紙を紛失すると全て消えてしまいます。

また、端末の本体価格は1万円~2万円程度と高価なので、故障した際は出費が多くなるリスクがあります。それらのことをよく考えて、端末の持ち運びをする際は、紛失しないように十分注意しましょう。

デスクトップウォレットの注意点

デスクトップウォレットは、パソコンにオンラインで仮想通貨を保管するため、ウイルス感染などのリスクがあります。デスクトップウォレットを選ぶ時は、ウォレットのセキュリティを重視しましょう。取引所を選ぶ場合と同様に、セキュリティ対策に信頼がおけるかということを重視して選ぶことが大事です。

デスクトップウォレットは異なるデバイスからアクセスすることができないため、基本的に持ち運びには向いていません。外出先でデスクトップウォレットを利用したい場合には、ノートパソコンやタブレットパソコンなどの持ち運びに適したパソコンに、あらかじめデスクトップウォレットをインストールしておきましょう。

日頃からセキュリティ対策をしていても、パソコン自体が使えなくなってしまっては元も子もありません。万が一の場合に備えて、USBなどにもファイルを保存して厳重に管理しておきましょう。秘密鍵も同様にUSBなどに保存しておきましょう。保存したバックアップデータは、第三者に漏れることがないよう厳重に管理して下さい。

秘密鍵を失うと、ウォレットにアクセスできなくなります。秘密鍵は再発行ができません。
そのため、秘密鍵を一度紛失してしまうと、仮想通貨を永遠に失うことになります。秘密鍵は紙などに書いて保存しておくなど、必ずバックアップを取って、人目に触れないところに保管しておきましょう。

秘密鍵が流出してしまうと、保有している仮想通貨を盗まれる危険があるので、他人に知られることがないように厳重に管理してください。

モバイルウォレットの注意点

モバイルウォレットはオンラインの端末なため、ハッキングやウイルス感染による漏洩リスクがあります。
インターネットに接続する行為には、必ずハッキングやウイルス感染のリスクがつきまとうので、多額の仮想通貨を保管するのはやめたほうが無難です。

また、モバイル端末が故障すると仮想通貨が管理できなくなったり、紛失してしまうと悪用されたりする危険性もある為、注意が必要です。
万が一、モバイル端末を故障・紛失した場合でも、あらかじめバックアップを取っておけば、ウォレットの復元が可能です。

ただし、復元フレーズを忘れると、バックアップができなくなってしまうので注意が必要です。モバイルウォレットの場合、唯一のバックアップ手段が復元フレーズになるので、初期設定時には復元フレーズを必ずメモし、厳重に管理しましょう。復元フレーズは他人に知られてもいけません。復元フレーズを他人に知られてしまうと、別の端末でウォレットを復元される危険があります。復元フレーズは他人に見られないよう徹底した管理を行いましょう。

仮想通貨の管理は自己責任!安全な方法でネム(NEM/XEM)を管理しよう!

ネム(NEM/XEM)を管理できるウォレットはたくさんあるので、それぞれのウォレットの特徴を理解して、自分に適したものを選びましょう。ウォレットには一定のセキュリティ機能がありますが、最終的な責任は自分にあります。どのウォレットを使うにしても一定のリスクが伴うので、大事な資産を失うことがないように、日頃から徹底したリスク管理を行いましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP