BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨モネロ(Monero/XMR)の特徴、将来性、価格、購入方法は?

2017年に入り、世間を賑わすことも増えた仮想通貨。投資・投機の対象としても、現金やクレジットカード、電子マネーに代わる新たな支払い手段としても、注目が集まっています。
仮想通貨と言われると何を想像するでしょうか?2017年11月現在、世界中には1,000種類以上の仮想通貨があると言われています。知名度が1番高いのはやはりビットコインですが、それ以外にもたくさんの仮想通貨が世界中にあるのです。
今回のテーマはそのなかでも今注目されている仮想通貨、Moneroについて。仮想通貨に興味を持っている人のなかでもまだあまり知られていない、Moneroに関するあれこれをご紹介します。

匿名性が最大の魅力!仮想通貨モネロ(Monero/XMR)の特徴は?

Moneroとは、ビットコイン以外の仮想通貨を総称するアルトコインの一種。単位にはXMRが使われています。2017年8月には、世界最大の取引高を誇る韓国の仮想通貨取引所bithumb(ビッサム)が取り扱いを表明し、大きな話題となりました。Moneroにはいったいどのような特徴があるのでしょうか?

取引の匿名性・安全性

Moneroはビットコインよりも匿名性の高い仮想通貨だと言われています。その秘密は使用するアルゴリズムの違い。MoneroはCryptoNoteと呼ばれるアルゴリズムを使用しています。

仮想通貨では取引をするとき個人に与えられた鍵を使ってその取引の安全性を確保します。しかしどの鍵が使われているか調べることで簡単に個人が特定できてしまうことは、仮想通貨の取引において問題となっていました。
その問題をMoneroはクリアしています。Moneroでは個人に与えられた鍵を複数まとめることで鍵束をつくり、その鍵束を使って取引に署名することで誰が署名したのか個人を特定できないようにしました。
また、Moneroのアドレス(口座番号のようなもの)はワンタイムアドレスになっています。これは取引をするたびに都度個人に与えられたアドレスが変化するというもの。この点にもMoneroが匿名性の高い仮想通貨だと言われる理由があります。

しかし、これはメリットでもある一方で、デメリットだと指摘する声もあります。なぜ匿名性が高いことがデメリットになるのでしょうか?
その理由は高い匿名性によって非合法な取引にも利用されやすいことにあります。インターネット上の闇市場サイトで実際に利用されていたという噂も。投資・投機を行う場合にはこういった情報も踏まえて判断しましょう。

取引のスピードが早い

もともと仮想通貨は、国をまたいだ取引において為替を介さない分取引が早いこともメリットのひとつでした。本来法定通貨の取引であれば数日かかっていた取引が、ビットコインであればものの10分で取引ができてしまいます。
Moneroではビットコインと比較してもさらにスムーズに取引をすることが可能。なんと2分で取引を完了することができます。取引のタイムラグが少ないことにメリットはあっても、デメリットはありません。この点もMoneroの大きな特徴と言えそうです。

他の通貨の成長に追随?仮想通貨モネロ(Monero/XMR)の将来性

Moneroの将来については明るい材料があります。それは匿名性の高い通貨が注目されつつあること。
Moneroと同じく匿名性の高い仮想通貨にZcash(ジーキャッシュ)があります。2017年5月、金融会社のJPモルガンはこのZcashの技術に着目し、提携を行うことを発表しました。また、仮想通貨イーサリアムも2017年10月のアップデート「メトロポリス」の中で、Zcashと共同開発した匿名性の高いシステムを実装しています。今後同じようにして匿名性の高さに定評があるMoneroに注目が集まる可能性があり、もしそうなればZcashがそうであったように、高騰する可能性が高いとする見方があります。

1年半で200倍!仮想通貨モネロ(Monero/XMR)の価格をチャートで振り返る

Moneroの公開は2014年4月。それから2016年8月ごろまでは数百円程度で取引されていましたが、その後価格は少しずつ上がり、2017年8月、世界最大の取引高を誇る仮想通貨取引所「bithumb」が取り扱いを表明したことにより、急騰。一時は15,000円近くまで値上がりし、1年前と比較してその価値は20倍に跳ね上がりました。

これはMoneroの2017年12月25日時点での直近3か月のチャート。Moneroは12月25日現在40,000円弱で推移しています。12月20日にはなんと54,700円の高値を記録しました。これは堅実な成長を見せていた半年前と比較して、およそ10倍の価格。成長を見せ始めた2016年8月ごろからすると、およそ1年半ほどで200倍以上の成長を見せたことになります。
この理由には相次ぐビットコインの分裂や、さまざまな分野での仮想通貨決済の導入などで、私たちの生活のより近いところまで仮想通貨が浸透したことが考えられます。そういう意味では今後もさらに注目度が高まる可能性があり、まだまだ値を上げていくことが想定されています。

海外では有名仮想通貨の一角!仮想通貨モネロ(Monero/XMR)の購入方法は?

モネロ(Monero/XMR)を取り扱っている国内の有名取引所は?

Moneroの取り扱いがある国内の有名仮想通貨取引所は以下の2つです。

Coincheck(コインチェック)

使いやすさナンバーワンで、日本一のアルトコイン取り扱い数を誇る。

Kraken(クラーケン)

アメリカ発の取引所。ユーロ圏では大きな取引高を誇っている。

モネロ(Monero/XMR)を取り扱っている海外の有名取引所は?

Moneroの取り扱いがある海外の有名仮想通貨取引所は以下です。

BINANCE(バイナンス)

中国の仮想通貨取引所。日本語にも対応しているため、日本人でも使いやすいのが魅力。

Poloniex(ポロニエックス)

アメリカの仮想通貨取引所。60種以上のアルトコインを取り扱っている。

Bittrex(ビットレックス)

アメリカの仮想通貨取引所。マニアックな仮想通貨の取り扱いにおいては右に出るものなし。

Bitfinex(ビットフィネックス)

香港の仮想通貨取引所。米ドルを使った取引高においては世界1位。

HitBTC(ヒットビーティーシー)

イギリスの仮想通貨取引所。ICO仮想通貨に強い。

bithumb(ビッサム)

韓国の仮想通貨取引所。韓国国内のシェア60%を誇り、世界的にも有望視されている。

海外の取引所を利用する場合には円建てで(日本円を使って)購入することができません。ビットコイン建て、あるいは対応している法定通貨で購入することになります。ビットコイン建てで購入する場合には、まず国内の取引所でビットコインを購入、そのビットコインを海外の取引所に開設した口座へ送金し、それを使って購入するようにしましょう。

今注目の仮想通貨、モネロ(Monero/XMR)。今後の展開からも目が離せない


以上、今注目の仮想通貨Moneroについてお話してきました。投資や投機は買い時ひとつで利益の出方が大きく違ってきます。もしかしたら明日世界中をビッグニュースが駆け巡り、価格が○倍になる、なんてこともあるかもしれません。欲しいと思ったときが買い時。Moneroを取得候補に考えてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial