BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

時価総額上位の仮想通貨モネロ(Monero/XMR)、選ばれる3つの特徴とは?

仮想通貨モネロ(Monero/XMR)は、数あるアルトコインのなかでもその匿名性が高く評価されたことで知られています。
そんなモネロを支える3つの特徴をチェックすれば、きっとその魅力がよりわかりやすいものとなるでしょう。

モネロに少しでも興味を持つのなら、ぜひそのシステムの特徴を把握してみることをおすすめします。
現在の時価総額や順位、その他将来性などもまとめていきますので、1つ投資の参考としてみてください。

仮想通貨モネロ(Monero/XMR)とはどんな通貨?匿名性という特徴に迫る!

モネロ(Monero/XMR)は匿名性が特徴のアルトコイン

モネロ最大の魅力は、その匿名性にあります。
仮想通貨における匿名性とはつまり取引に関するデータを不透明にするということであり、外部や第三者からトレードの詳細を確認できなくするという事です。

プライバシーを重視した安全な資産の管理につながるため、匿名性の高さが仮想通貨の一般化を広げるきっかけになるかもしれません。

取引内容が不透明であるという点は、いくつかの問題や疑問点を浮かび上がらせますが、モネロはいくつかの特徴によってそのデメリットを補っています。
その魅力が理解されれば、今後モネロの匿名性はさらに評価されることでしょう。

仮想通貨モネロ(Monero/XMR)の価格や時価総額は?

モネロは2018年6月現在、1XMR=12,000円前後、時価総額は2200億円程となっています。
ピーク時からは大きく下落していますが、価格の底を見極めることができれば、高騰による利益を狙いやすいタイミングだといえるでしょう。

時価総額ランキングも2018年6月現在の段階で10位前後と高いので、将来の価格には期待できるかもしれません。

モネロが持つ3つの特徴は?匿名性を成立させるシステムに注目

リング署名による正当性の保証

モネロはCriptNightと呼ばれるアルゴリズムのなかで、「リング署名」というシステムを利用しているのが特徴です。
リング署名では複数人のユーザー間で秘密鍵が共有されるので、通貨の送金者を隠すことが可能となっています。

そのため匿名性が高いまま取引の正当性を保証し、実際のトレードに移行することができるのです。
匿名性の裏で不正な取引などが行われることがないため、安全性を保ったままモネロを使うことができるでしょう。

ワンタイムアドレスによる取引

リング著名と合わせて、モネロでは「ワンタイムアドレス」という技術が使われています。
これは通貨の送金のたびに新しいアドレスのマスターキーをランダム生成し、高いセキュリティと匿名性を同時に確保するという特徴を持ちます。

主に受金側のアドレスとして利用され、モネロのブロックチェーンに記録されますが、アドレスは毎回使い捨てとなっているので取引記録から送金先を特定することはできません。

実際に取引が行われるタイミングでのみ有効なアドレスを作るワンタイムアドレスは、モネロの匿名性には欠かせないシステムだといえるでしょう。

ブロックサイズの制限がない

モネロはビットコインなどの仮想通貨と違って、取引時に記録されるブロックサイズに制限がありません。
そのためスケーラビリティ問題などに対処しやすく、将来的な不安も少ない通貨だといえるでしょう。

ブロックサイズに制限がないことで決済スピードの高速化などにもつながり、ビットコインと比べて5倍の速さで取引の処理を行うことができます。
取引の速さは匿名性という特徴を存分に活かすことになるので、今後モネロはさまざまな場面で利用されることになるかもしれませんね。

仮想通貨モネロ(Monero/XMR)の将来性とは?近い未来どのような通貨となるのか

匿名性を利用したい企業やプロジェクトとの連携に期待

モネロの匿名性は、上記でご紹介したような特徴によってしっかりと支えられています。
その点がきちんと評価されれば、今後匿名性を有するブロックチェーンに興味がある企業やプロジェクトと提携を結んでいけるかもしれません。

特に顧客のプライバシーや個人情報を重要視する業界にとっては、モネロの特徴は魅力的なものとなるでしょう。
企業との提携は仮想通貨の価格を上昇させるきっかけとなるので、モネロへの投資を検討している場合はこれからにこそ期待していきたいですね。

クリーンなイメージを定着させることが先決

取引の内容を不鮮明なものとする匿名性は、ときに犯罪や悪意のあるトレードに利用される危険を持っています。
そういったダークなイメージを払拭し、あくまでクリーンな目的で利用されることをアピールすることが、モネロの将来に大きな影響を及ぼすことでしょう。

現在はその時価総額の高さと、2014年に発足してから特に大きな問題を起こしていないという信頼から、少しずつモネロの匿名性は認められつつあります。
しかしまだ十分であるとはいえないので、今後はより具体的な使用例や実績を公表していくことが必要になることでしょう。

仮想通貨モネロ(Monero/XMR)の特徴には今後も注目!仮想通貨の使い道を広げる匿名性の浸透に期待せよ!

仮想通貨モネロ(Monero/XMR)は、
その特徴を支える上記のようなシステムと将来性が伝われば、もっと上の順位を目指すこともできるでしょう。

今後の発展にも期待して、この機会にモネロの未来をチェックしていくことをおすすめします。
モネロの匿名性がもたらす仮想通貨の使い道は、将来新しいシステムやプロジェクトを成立させるかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial