BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨モネロ(Monero/XMR)をマイニング!通貨を生み出して報酬を得るには?

匿名性の高い仮想通貨として有名なモネロ(Monero/XMR)。安全性の高さが魅力なこの仮想通貨で利益を出したいと思っている方も多いのではないでしょうか。モネロは取引所で売買をするだけでなく、マイニングで手に入れるという選択肢もあります。
そこで、そもそもマイニングとは何か、モネロをマイニングするにはどうすれば良いのかなどといった情報をまとめました!

▼仮想通貨モネロ(Monero/XMR)について詳しくはこちら

仮想通貨のマイニングって何?

仮想通貨はブロックチェーンという技術を採用して、取引の記録を管理しています。
ブロックチェーン技術では1台のPCではなく、複数のPCで取引の記録を管理する台帳を管理しています。
そのため、仮想通貨の売買などで台帳に記載されているデータの書き換えが必要になった場合、1台のPCが許可をしただけでは安全性が保障できないので複数のPCによる承認が必要となります。

そこで、その台帳の承認作業をお手伝いするのが「マイニング」という技術です。
仮想通貨の取引において、データの二重書き換えや不正取引はあってはいけません。これを防ぐために、台帳に記載されている過去の取引情報を確認して、台帳の記録の書き換えの承認作業を行うのですが、この台帳は複雑な暗号化技術を用いて管理されています。

この暗号を解くためにはPC数台程度では追い付かないので、暗号を解く作業をお手伝いすることをマイニングと言います。
マイニングをする対価として、仮想通貨を得ることが出来るため、マイニングを始める人が増えてきています。

仮想通貨モネロ(Monero/XMR)をマイニングするメリット・デメリット・注意点

モネロ(Monero/XMR)をマイニングするメリット

先述した通り、モネロは匿名性の高い仮想通貨です。
そのため、仮想通貨の大量流出などといった事態が起こる可能性が低く、安心して取引が出来ると言えるでしょう。

一般的な仮想通貨の暗号化に使われている技術は「公開鍵暗号方式」という技術で、秘密鍵と公開鍵という2つの鍵を使った取引を行います。
ただ、この暗号化技術を使っている場合、仮想通貨ユーザー誰もが台帳に記載されている取引の記録にアクセスすることが可能であり、誰がどんな取引をしたかということを簡単に特定することが出来てしまいます。

それに対して、モネロの場合は「Crypto Night」という特殊な技術を使っており、この技術において暗号化技術には「リング署名」という技術を採用しています。リング署名とは何度も公開鍵を束ねてデータを管理することで、取引の台帳の記録を確認しようとしたひとが簡単に「このデータはこの人の取引の記録」というように特定することが難しくなり、一般の仮想通貨よりも匿名性が高くなっています。

モネロ(Monero/XMR)をマイニングするデメリット

しかし、仮想通貨において匿名性を上げることは大きなメリットと思ってしまいがちですが、反対に大きなデメリットを生んでいる事も知っておくべきでしょう。仮想通貨は近年、犯罪における金銭取引の新たな手段としても注目を浴びています。

匿名性が高いと、万が一仮想通貨が犯罪に使われた場合、その記録の特定が難しくなってしまい、捜査が難航する要因にもなってしまいます。
そのため、仮想通貨の匿名性を上げることによる安全性を保持することで得ることが出来るメリット・デメリットを考えると一長一短と言えるでしょう。

また、モネロのメリットとしては、取引のスピードが速いという点も挙げられます。
一般的な仮想通貨は一度に取引をすることが出来るブロックサイズが決められているので、取引量が増えるとどうしても取引に時間がかかってしまいます。

長い時では10分程度かかってしまう場合もあり、この取引スピードの遅さはイライラしますよね。
しかし、モネロの場合は一度に取引することが出来るブロックサイズをユーザー側で指定することが可能です。
そのため、この取引スピードの問題を解決しており、遅くても2分程度で取引を終えることが出来ます。

そして、仮想通貨は一般的に最初に暗号を解いた人が報酬を得ることが出来るため、暗号を解くスピードが遅いとなかなか報酬を得ることが出来ません。
しかし、モネロの暗号化技術は複雑なので、報酬を得る際にあまりPCのスペックに左右されません。
そのため、マイニング初心者でも報酬を得やすい仮想通貨と言えるでしょう。

モネロ(Monero/XMR)のマイニングには何が必要?

モネロをマイニングしたい場合、PCにマイニング用のソフトと仮想通貨を管理する「ウォレット」を用意する必要があります。
マイニング用のソフトに関しては個人の好みがあるので、自分が使いやすいと思うソフトを選ぶと良いでしょう。

出来るだけマイニングのスピードを速くしたいと思っているのであれば、マイニング用の機材も用意しましょう。
マイニングの方法には家庭用のPCで行う「CPU」、家庭用のPCにグラフィックボードを組み込んで行う「GPU」、マイニング用の機材を購入してマイニングを行う「Asic」という3つの方法があります。

Asicに必要な機材を購入する場合、20~30万円程度、GPUに必要なグラフィック簿度を購入する場合は10万円程度の初期投資が必要なので、これらの方法を選ぶ場合はある程度予算と相談しながら機材を選ぶ必要があります。

一般的にマイニングを行う場合、処理のスピードはAsic>GPU>CPUという順になっており、CPUではなかなかマイニングで利益を得ることが出来ないのですが、モネロの場合はリング署名を採用しているため、CPUでもAsicやGPUとそれほど処理スピードが変わりません。

そのため、モネロ以外の仮想通貨のマイニングを考えていないのであればCPUで十分と言えるでしょう。

仮想通貨モネロ(Monero/XMR)、マイニングのやり方を解説!

マイニングの方法は大きく分けて3種類あり、それぞれ「ソロマイニング」「プールマイニング」「クラウドマイニング」と言います。

ソロマイニング

ソロマイニングは一人でマイニングを行うことを指し、自宅のPCで行うので処理スピードが要求される仮想通貨のマイニングを行うのであれば、ある程度処理スピードの速い機材をそろえる必要があります。

モネロのような暗号化が難しい仮想通貨の場合はソロマイニングでも問題ありませんが、マイニングの競争率の高い仮想通貨の場合、機材にお金をかけた人が儲かる仕組みになっているのであまりおすすめはしません。

プールマイニング

次に紹介するのがプールマイニングです。プールマイニングは複数の人でマイニングをすることで、一人でマイニングをするよりも複数台のPCで処理を行うために報酬を得ることが出来る可能性は高くなります。

しかし、自分が得ることが出来る報酬は得た報酬を人数で割った額であるため、少し利益が減ってしまうという点は注意が必要です。プールマイニングをする場合、プールというマイニングをするためのグループがあり、どのプールを選ぶかで報酬が得にくくなったりすることにも注意しましょう。

クラウドマイニング

そして、最後に紹介する方法がクラウドマイニングです。この方法は業者にお金を払って代わりにマイニングをしてもう方法であり、一番簡単な方法と言えるでしょう。
しかし、業者によっては報酬を持ち逃げする可能性もあるため、注意が必要です。

モネロ(Monero/XMR)のマイニングは簡単!

モネロ(Monero/XMR)は機材にお金をかけなくてもある程度報酬を得ることができます。そのため、これから仮想通貨のマイニングを始めようとしているマイニング初心者におすすめの仮想通貨と言えるでしょう。
また、モネロのマイニングには色々な方法があります。どのマイニング方法が報酬を得やすく自分に向いているのかを試してみることがおすすめです。そして、ある程度慣れてきたら、モネロ以外の仮想通貨のマイニングをやってみるのもいいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial