BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)はしっかり管理!おすすめのウォレットは?

取引所に預けていた仮想通貨がハッキングされて流失するニュースが増え、仮想通貨の保管にも更なる注意が必要になってきました。そんな中、個人通貨の保管、管理できるウォレットが見直されています。今回は仮想通貨の中でもメジャーな物である、リップル(Ripple/XRP)を保管する為のウォレットについて解説します。

リップルについて詳しく知りたい方はこちら

リップル(Ripple/XRP)を管理するならどんなウォレット?

ウォレットについて

仮想通貨を個人で保管する為には、それぞれの仮想通貨に対応した電子財布、ウォレットを作成、もしくは購入する必要があります。一口にウォレットと表現していますが、保管方法や端末の違いによって、管理する環境やセキュリティ性が違ったものになります。それぞれの方法に違ったメリットやデメリットがあるので、使用者が安全性と利便性をどう考慮するかによって、使用するウォレットは変わってきます。

リップル(Ripple/XRP)が管理できるウォレットの種類

仮想通貨のウォレットの種類は一般的に大きく分けて4つの種類になります。インターネット上にアカウントを作成し保管するウェブウォレット、パソコンやスマホ等通信端末に保管するローカルウォレット、USBの様な専用端末に保管するハードウェアウォレット、アドレスや秘密鍵を紙に印刷し保管するペーパーウォレットがあります。

どれも電子プログラムである仮想通貨ならではの保管方法になります。これらのウォレットは、それぞれの特徴を持っています。リップルにはこれら4つの方法毎に対応しているサイト、端末があるので、保管方法は使用者の判断で選択する事が出来ます。

ウェブウォレット

オンラインウォレットとも呼ばれる、サイト内のアカウント等で仮想通貨の管理を行う方法です。基本的な流れは、ウォレットを作成したい会社のサイト等のサービスに登録し、そこで作成したアカウント内で仮想通貨を管理します。

最大の特徴はどんな場所やどんな端末からでも、インターネット接続が可能でありアカウント認証を正しく行う事ができれば、いつでもアクセスできるので利便性が高いのが特賞です。
また、使用端末等が故障してもデータが破損せずにウェブ上に残るので、端末の故障等による通貨の紛失は起こらない事も挙げられます。リップル対応サイトはGatehub、bitbank、Mr.Exchange等があります。

ローカルウォレット

アプリ等をダウンロードし、パソコンやスマホの様な端末毎に保管する方法です。パソコンで管理する事をデスクトップウォレット、携帯やスマホで管理する事をモバイルウォッレットとも言います。

端末毎に保管する為、基本的にはオフラインに近い管理になり、必要になればウェブに接続して取引ができる、安全面と利便性のバランスが良いウォレットです。仮想通貨を始めたばかりの人によく勧められています。リップルでの利用はToast Walletというアプリで、パソコン、スマホの両方ともに対応しています。スマホも現在はIOS、Androidのどちらにも対応しています。

ハードウェアウォレット

USB等の専用端末に仮想通貨のデータを保存し保管する方法です。オフラインの保管になるので、データである仮想通貨のセキュリティとしては高いレベルにあります。対応する専用端末を購入し、パソコンに繋げればそれだけで操作が可能です。

長期的に保管したい時に使用されることが多く、また他のウォレットと違い一種類だけでは無く、他の種類の仮想通貨も一緒に保管できる場合が多いです。リップルに対応している機器はLedger Nano Sで、リップルだけでなくビットコインやイーサリアム他様々な仮想通貨に対応しています。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットを発行するサイトやサービスのアドレスや秘密鍵を印刷し、紙で保管する方法です。保管方法からして電子的な接触が不可能な事がわかります。
そのため、ハッキングに対するセキリュティとしては最高レベルという事になります。紙に印刷したアドレスにデータを送信することにより、通貨の保管が可能になります。

リップルでペーパーウォレットに対応しているのは、Githubです。リップル専用のペーパーウォレットサイトになります。公式サイトにあるファイルをダウンロードし、インターネットの接続を切った状態でファイルを開き、そのデータを印刷すれば完了です。

リップル(Ripple/XRP)、ウォレットの取扱い注意点

ウォレット使用においての注意点

リップルも様々なウォレットでの管理方法があり、それぞれにメリットがありますが、当然デメリットも存在します。電子での管理であるが故のトラブルも多く、常にハッカー等が世界中から狙っているという事に警戒が必要です。

ウォレット共通の注意点としては、アドレスや秘密鍵が第三者に流失しない事、常に端末のセキュリティを最新のものにしておく事です。また、それぞれウォレットについての安全面や操作性等の注意点も把握する事が大切です。

ウェブウォレット

ネット上に存在するという事は常にオンラインの状態であり、ハッキング等の危険に常にさらされている事になります。どんな端末からでもアクセスできる利便性は、自分以外にも適用されるという事です。セキュリティの強化は常にサイトや会社ごとに更新されていますが、常にハッキングされやすいという点は注意して下さい。

ローカルウォレット

保管端末でしか操作ができないので、手元に端末が無ければ、すぐに通貨の操作をする事ができません。オンラインに接続しているときのセキュリティはもちろんの事、端末毎の保管なので保管している端末が故障、又は紛失すると、通貨のデータも紛失する可能性が高いです。

特に、スマホ等で管理するとその危険性が高まるので注意して下さい。
また、端末自体がウイルスに感染する事でデータが破損する事もあります。端末のセキュリティーソフトは万全の状態にしておいて下さい。

ハードウェアウォレット

セキュリティ面では優れた保管の方法ですが、やはり操作性や使いやすさはあまり良くありません。通貨の操作の為には専用端末をパソコンに繋がなければならず、操作出来る環境、タイミングが限られています。

また、専用端末は高価な物になるので、費用が掛かってしまい、物理的な専用端末の紛失や破損にも注意が必要です。万一破損した場合も、適切なバックアップの対応を取っていればデータの復元は可能ですが、同一の端末を購入する必要があります。

ペーパーウォレット

電子に対してはかなり高いセキュリティ性がありますが、紙やメモでの保管になるので、その用紙を紛失してしまえば、通貨の引き出しが出来なくなってしまいます。
加えて、利便性に関してもあまり良いとは言えません。

何を重視するのか

各ウォレットによって安全性や使いやすさ等一つ一つに違った魅力や注意点があります。しかし、リップルは全てのウォレット対応できるので、所有者の意思でウォレットを選択する事が出来ます。所有しているリップルの数、持っている端末や環境によっても左右される面もありますが、安全性を重視するのか、利便性を重視するのかを自分で納得した上で決めていきましょう。

適切なウォレットで適切なリップル(Ripple/XRP)管理を

安全面、利便性全てが優れているウォレットはありません。しかし、それぞれのウォレットの性質を理解する事で、自分に合ったウォレットを選択する事が可能になります。適した保管方法を選択し、リップル(Ripple/XRP)の運用に役立てましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP