BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

リップル社の「xVia」とは?企業の決済システムや業務効率が変わる

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

アメリカに拠点を置くRipple(リップル)社は、個人投資家にも人気の高い仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の発行元として有名ですが、グローバルなビジネス社会をより効率的に変革すべく、新たな金融システムの開発に余念がありません。
リップル社の製品には「RippleNet」、「xCurrent」、「xRapid」、「xVia」があります。
今回は、リップル社が開発した「xVia」について解説します。

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)について詳しくはコチラ

「RippleNet」について

リップル社には、「RippleNet」という国際送金ネットワークがあります。
銀行、送金業者、取引所などを繋ぐ、世界で唯一の国際送金用ブロックチェーンソリューションです。
RippleNetは法人向けのシステムで、これに参加すれば、従来の国際送金で問題視されていた「送金時間」や「高額な手数料」を飛躍的に改善することができます。
すでに多くの顧客がついており、200近くの企業や団体に利用されているといいます。

リップル社の「xVia」とは?

リップル社は、RippleNetを支えるソリューションとして「xCurrent」、「xRapid」、「xVia」を提供しています。この中で「xVia」は、一般企業がRippleNetを利用することで、請求書などの豊富な送金情報を送信できるようにするためのソリューションとして開発されました。
気軽に導入できるシンプルなAPI(Application Programming interface)によって、利用者はさまざまなネットワークやプラットフォームから接続することができるようになります。請求書のような重いデータを添付することが可能なうえ、これまで豊富な情報により照合に時間と手間がかかっていた点も大幅に改善されました。コストを抑えて即時決済と即時承認ができるため、業務の効率化や資本効率のアップが期待できます。

「xVia」導入のメリット

「xVia」は、送金を行いたい企業をはじめ、それを仲介する送金業者や銀行などの金融機関がスムーズに使うことができるスタンダードなインターフェイスとなっています。
シンプルなAPIで、ソフトウェアのインストールは不要です。
このほか、「xVia」の導入には大きく分けて3つのメリットがあります。

メリット①:支払いの追跡が可能

まずは、支払いの追跡がリアルタイムかつ容易にできることが挙げられます。
ネットワーク上の仮想通貨のウォレットも含め、トラッキングと着金確認を利用することで支払いをオンデマンドで追跡できるので、安心で透明性の高い取引が実現されます。

メリット②:資本の効率化を図ることができる

オンデマンドで即時に国際送金を実現できるようになり、決済のための準備資金として外貨取引口座に置かれている資金を有効活用することができるようになります。

メリット③:豊富なデータの転送が可能

最大のメリットは、豊富なデータの送信が同時にできることです。
請求書などの重いデータも送金時に同時に送れるため、経理スタッフなどによる照合プロセスが効率化し、スタッフの負担軽減や人件費のカット、人材の有効活用にも結び付きます。

従来の国際送金には、非常に多くの時間、コスト、手間がかかっています。また、国際的な決済に備えて、外国為替口座などに資金を準備しておかなければならず、決済に使わない間はいわば塩漬けの遊休資金となってしまいます。
「RippleNet」を利用することで、ユーザーはグローバルでシームレスな送金を瞬時に行えるようになります。送金状況をリアルタイムで確認ができるだけでなく、請求書などの必要な書類をデータとして送金時に添付ができるので、業務効率もアップするのです。遊休資金は解放され、事業者会社の資本効率は格段にアップすることでしょう。
「RippleNet」を通じて金融機関、送金業者、一般企業をオンデマンドでスムーズに繋がり、費用対効果と信頼性の高い国際送金が実現していくかもしれません。

「xVia」を導入する企業

  • IFX : イギリスに本社を置くFXコンサルタント会社
  • Currencies Direct : イギリスに本社を置く国際送金サービスプロバイダー
  • TransferGo : イギリスに本社を置く出稼ぎ労働者向けの国際決済サービスプロバイダー
  • FairFX : イギリスに本社を置く国際決済サービスプロバイダー
  • RationalFX : イギリスに本社を置く国際決済サービスプロバイダー
  • Exchange4Free : イギリスに本社を置く国際決済サービスプロバイダー
  • UniPAY : アメリカのジョージア州に本社を置く国際決済サービスプロバイダー
  • MoneyMatch : マレーシアに本社を置くフィンテックスタートアップ企業

FairFXの最高商業責任者であるJames Hickman氏は「xViaを利用することで、より多くのお客さまに対して、効率を引き上げ、コストを下げることができます。また、RippleNetの利用により、透明性と効率が高い、真の意味でグローバルな送金体験をお客さまに届けるという当社の方針を達成することができます。」と述べています。

仮想通貨XRPの価格に影響はあるのか

「xVia」を採用する企業が増え、その性能が認められればリップル社の評価も高まります。
これによって仮想通貨XRPへの投資者や購入希望者が増え、価格が上昇するかもしれません。
また、「xVia」の普及はRippleNetの拡大を促進し、XRPの流動性に繋がります。XRPの価値に大きく寄与するソリューションであると言えるでしょう。
「xVia」は現在の企業における国際送金などの手間やコスト、時間を大きく変えることができるシステムです。瞬時な送金を実現できるだけでなく、請求書などのデータも添付でき、照合の手間など業務効率も高めてくれます。
仮想通貨XRPに投資している方は、今後の「xVia」にも着目してみてはいかがでしょうか。

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Asuka

Asuka

BITDAYS編集部ディレクター兼ライター。 2017年10月より仮想通貨界に参入。毎日の情報収集は欠かしません。主に海外からのニュースを担当しています。 趣味は映画鑑賞。無類のネコ好きです。
PAGE TOP