BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

Ripple(リップル/XRP)はどうやって生まれた?リップル社と3人の開発者とは

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

仮想通貨の時価総額第3位を長くキープしている「リップル(Ripple/XRP)」は、2018年以降もその躍進が期待されているアルトコインです。
送金スピードや金融関係との連携を売りにしているリップルですが、果たしてその魅力的なシステムはいったいどうやって作られたのでしょうか。

そこでこちらではリップルの創立に深く関わる3人の立役者と、現運営会社「Ripple, Inc.」についてチェックしていきます。
リップルがたどってきたこれまでの歴史を紐解いて、その価値を改めて理解してみましょう。

仮想通貨リップル(XRP)について詳しくはこちら

リップルの基本をチェック!その技術的特徴を知ろう

圧倒的国際送金スピードを実現する決済システム

リップル最大の特徴は、圧倒的なスピードによって行われる通貨の国際送金技術です。
主に金融商品の決済を担う存在として期待がされていて、将来的にはさまざまな企業や国がリップルによる送受金を主体とするかもしれません。

基本的にリップルは通貨として利用されるのではなく、決済システムそのものになることを目指します。
そのため応用力の高さからあらゆる世界の企業に注目されていて、最近ではあのGoogleから出資を受けることにもなりました。

仮想通貨業界でよく話題とされるスケーラビリティ問題やコスト面の対策にも抜かりはないのでビットコイン(Bitcoin/BTC)にはない魅力をユーザーに提示できるのも特徴。
今後さらにリップルの利便性が広がっていけば、時価総額の順位も上昇するかもしれませんね。

4つの魅力がリップルを支える

リップルにはその高性能のシステムを支える、4つの魅力が備わっています。

  • IOU(I owe you)という借用システムを用いた取引
  • 一定の承認者によって進められるコンセンサスシステム
  • 分散型台帳システムXRP Ledger
  • 異なるネットワークからでも取引が行えるILP(Inter Ledger Protocol)

以上の実用的な機能の数々が、今後リップルの価値を底上げすることになるでしょう。

将来的にも期待できるこのシステムの開発には、3人の創業者が深く関わっています。
以下でリップルの誕生に関わる歴史と共に、その3人についてチェックしていきましょう。

リップルの開発に携わった3人の天才!その功績をチェックしよう

リップルの始まりを作った「Ryan Fugger」

Ryan Fugger氏はリップルの基本的なシステムである「RipplePay」を開発し、Ripplepay.comというサイトを作り上げた人物です。
リップルにおける最大の功労者ともいわれ、2004年には上記でも紹介した「XRP Ledger」を含めた分散型台帳に関する論文を発表しています。

リップル・ペイメント・プロトコルと呼ばれるこちらのプロジェクトのスタートこそ、現在仮想通貨をにぎわせているリップルの始まりだといえるでしょう。
Ryan Fugger氏は2012年以降プロジェクトから退いてはいますが、その存在はリップルのファンにとっては伝説的なものとなっているのかもしれません。

コンセンサスアルゴリズムの作成者「Jed McCaleb」

仮想通貨取引所「Mt.Gox(マウントゴックス)」を創始した人物として知られるJed McCaleb氏も、リップルの発展に大きく関係しています。
主に「コンセンサスアルゴリズム」の開発が彼の功績で、現在のリップルが他の仮想通貨と明確に差別化できている1つの要因だといえるでしょう。

Jed McCaleb氏のシステムは「Proof of Consensus」の開発にもつながり、ブロックチェーンの承認システムに1つの可能性を提示することになっています。
リップルだけでなく今後多くの仮想通貨に影響を与えるであろうシステムを作ったことこそ、Jed McCaleb氏が注目される理由だといえるでしょう。

2013年にリップルの運営から離れてからはさまざまなアドバイザーを兼任し、時価総額トップ10入りを果たしている仮想通貨「Stellar」の開発も行っています。
精力的に活動するその姿勢からは、まだまだ目が離せませんね。

Ripple Inc の基礎を生み出した「Chris Larsen」

Ripple Inc(リップル社)の前身である「OpenCoin Inc」を立ち上げたのが、Chris Larsen氏です。
プロジェクトの開始後さまざまな企業と提携を結ぶことができたのも、Chris Larsen氏の手腕にあるといえるかもしれません。

2016年には会社のCEOを退任し、現在は会長職としてリップルの動向を見守っています。
融資プラットフォームや住宅ローンのオンラインサービスを展開してきたその発想で、またリップルに関する新しい何かを発表してくれる可能性もあるでしょう。

リップル誕生の経緯とは?どのような目的を持って作られたのか?

RipplePay の発足から OpenCoin Inc の設立まで

リップルはRyan Fugger氏が2004年にRipplePayを開発したことを皮切りに、その巨大な構想がスタートします。
サトシナカモトがビットコインの論文を発表したのが2008年、仮想通貨取引所Mt. Goxが設立されたのが2010年であることを考えると、かなり早い動きであるといえるでしょう。

その後2011年にJed McCaleb氏がコンセンサスアルゴリズムを考案し、リップルの基本的な準備が整います。
そして2012年、Ryan Fugger氏がChris Larsen氏にプロジェクトを譲る形で、リップルの運営を行うOpenCoin Incが誕生しました。

仮想通貨の黎明期に当たる時期に発足したリップルは、その後さまざまな企業や銀行と提携し、その実力を示していくことになります。

価値のインターネットを創造することが目的

リップルは将来的に、既存のものとはまったく違う「価値のインターネット」を創造することを目的としています。
それはただ銀行や国家間の送受金に便利な通貨を作るということではなく、新しい流通スタイルそのものを作るという意味になるでしょう。

「Internet of Value」と呼ばれるリップルの理想は、証券や株、さらには知的財産権といった価値を持つ資産のトレードさえも実現します。
通貨以上の可能性を持つからこそ、リップルはあらゆる分野でその将来に期待されていくことになるでしょう。

リップルはどのようにして広まったのか?これからの展開と合わせて確認!

Ripple Inc への改名から実際の送金による普及

リップルは運営会社であるOpenCoin Inc.が2013年にその名前をRipple Labs.と改めたことから、少しずつ普及が加速していきます。
同年11月にはリップルの通貨単位であるXRPはThe World Community Gridによって配布され、世界への流通が始まりました。

それをきっかけにして本格的に企業との連携も始まり、2014年にはイギリスの電子決済サービス「Astropay」と提携、続けて「Cross River Bank」や「CBW Bank」といった銀行との関係を深めていきます。

以降もさまざまな企業との提携や実験を重ね、2015年にはその規模をさらに広げて会社名をRipple Labs. から現在のRipple Inc.に変更することになりました。

同年にはテクノロジーパイオニア賞の受賞やThe Fintech 50への選出など多くの評価を得ることで、少しずつリップルの知名度は一般的なものになっていきます。
その結果2016年には日本のみずほ銀行やりそなもリップルに関わり、その他あらゆる企業で本格的な実証実験が開始されるようになったのでしょう。

2017年になると送金実験が行われ、ベンチマークで1500TPSを達成するなどの圧倒的なスピードでリップルは大きな話題となりました。
そのあたりから仮想通貨のなかでもリップルの地位は盤石のものとなり、現在の時価総額につながっていきます。

そしていよいよ2017年10月には金融機関で実際にリップルを使った送金が開始されて、その実用性を世界にはっきりと示すことができました。
このように長い年月をかけて着実に色々な企業に認められていったことが、今のリップルを作り出すことになったのでしょう。

Ripple Inc は今後どうなるか?

リップルを支えるRipple Inc.は2018年以降も、大手企業との提携や送金実験を発表しています。
利用する企業が増えれば増えるほどリップルの価値は高まるため、このまま順調にネットワークが広がっていけば、価値のインターネットの実現は近づくかもしれません。

リップルを生み出したRyan Fugger氏、Jed McCaleb氏、Chris Larsen氏は既にそれぞれ別の道を歩んでいますが、今後も彼らによる新たなプロジェクトが出てくる可能性もあります。
Ripple Inc.だけでなく、これからは3人が見ている将来のビジョンにも注目していきたいですね。

リップル誕生の経緯はポテンシャルの高さを感じさせる!今後の価格にも期待大!

リップルはその長い歴史があるからこそ、現在の地位を確立することができたといえるでしょう。
この機にリップルの誕生した経緯をしっかりと学んで、投資やその後の運用に活かすことをおすすめします。

またリップルを作り出した3人の天才たちのツイッターやインタビューもチェックして、その動向を見守ってみるのもいいでしょう。
仮想通貨に通じた彼らはまた、リップルにも劣らない新しいアイデアを生み出してくれるかもしれません。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。
PAGE TOP