BITDAYS(ビットデイズ)- キャッシュレス・フィンテックの総合サイト。仮想通貨やスマホ決済の最新情報を発信

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)をマイニング!通貨を生み出して報酬を得るには?

リップル(Ripple/XRP)は他の仮想通貨と違う点が多いため、取引を行う前にその仕組みを知っておく必要があります。仕組みや特徴を知っておけば、リップルが今後どうなっていくのか予想がしやすくなり、リップルの持つ強みをうまく活用することができます。

リップルについて詳しく知りたい方はこちらから→
リップルの特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)とは?

リップル(Ripple/XRP)の特徴

リップルとは、リップル社が提供する決済サービスのことを指します。リップル社が発行する仮想通貨単位を「XRP」と言います。XRPは国際送金に特化した仮想通貨で、決済にかかる時間が早いのが特徴です。

1取引あたり平均4秒ほどで決済が完了するため、手間がかかりません。銀行間取引も従来迅速で、安い手数料で送金できるためコストもかかりません。日本の大手企業を始め海外の大企業や大銀行から出資を受けているため、将来性を感じることができます。

リップル(Ripple/XRP)の購入方法

XRPを購入するにはまず、仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。口座を開設することによって仮想通貨の購入や保管、出し入れや送金が可能になります。

ただ、全ての取引所がXRPを扱っているわけではないので注意が必要です。XRPを購入したいのであれば、XRPを取り扱っている仮想通貨取引所に登録しましょう。XRPを日本円で購入できる国内取引所は、ビットバンク (bitbank)やGMOコイン、DMM Bitcoinなどがあります。

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)、発行の仕組みとマイニングできない理由

リップル(Ripple/XRP)の発行上限

リップルは発行枚数・発行上限ともに1000億枚となっています。新規発行は行われません。発行上限である1000億枚すべてが発行されていますが、その全てが市場に出回っているわけではありません。市場に流通していないリップルは、リップル社がすべて保有しています。

リップル(Ripple/XRP)がマイニングできない理由

リップルは他の仮想通貨と異なる点が多く、マイニングができないのもその一つだと言えます。マイニングとは、仮想通貨を利用してそのネットワークに貢献したコンピューターが、コインや新規発行手数料を報酬としてもらう仕組みのことを指します。

このような取引は毎日膨大な量になるため、手助けするマイナーと呼ばれるマイニングする人が存在します。マイナーには誰でもなれますが、リップルにはマイニングが存在しないので、マイナーがマイニングする作業もありません。

リップルは発行総数が決まっており、徐々に枚数が減っていく通貨なので、マイニングができないのです。マイニングができない仕組みをとることで、管理者と利用者の利益が一致し、XRPの安定が生み出されています。

リップル(Ripple/XRP)の下落リスク

リップル社が出回っていないリップルを市場に流せば、リップルの価格が下落するリスクがあります。
しかし、2017年5月16日にリップル社によって「550億枚のリップルをロックアップ(売却禁止)する計画」が発表され、2018年から55か月をかけて毎月1日に10億枚のリップルのロックアップを解除する計画などが発表されました。

リップル社は550億枚のリップルを暗号化してロックアップしているので、この計画を自ら変えることはできません。一度にリップルを大量放出しないことが発表されたことによって、将来の下落リスクも解消されました。

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)を支える4つの技術

リップルでは「IOU」と「ILP」、「Proof of Consensus」と「XRP Ledger」という4つの技術によって支えられています。4つの技術のそれぞれの特徴を紹介します。

決済機能のIOUとは?

リップルの特徴の一つに「IOU取引」があります。リップルの決済機能であるIOUとは、「I owe you(私はあなたに借りがある)」の略で、「借用証書」という意味合いがあります。

IOU取引の場合、取引所に保管しているだけでは通貨ではなく、借用書という位置付けになります。この借用書は、通貨をいつでも引き出しできる権利を保証するだけのものなので、金銭としての価値はありません。リップルを自分で保管できるウォレットが必要になります。

インターレジャープロトコル(ILP)とは?

リップルには「インターレジャープロトコル(ILP)」というものがあります。インターレジャープロトコルは、異なる台帳間で価値やお金を簡単に送金するための規格となるものです。この仕組みによって、中継銀行を経由せずに送金が可能になります。

インターレジャープロトコル(ILP)のメリット

従来の国際送金の仕組みのままだと、国内銀行から海外銀行に送金するにあたり、複数の銀行を経由する必要があります。これだと、着金されるまで時間がかかるだけでなく手数料も高くなり、大きな手間とコストがかかってしまいます。

そこで役に立つのが、インターレジャープロトコルです。インターレジャープロトコルによって、規格の異なる台帳同士でもスムーズに送金を行うことが可能になります。

銀行など金融機関やクレジットカード、paypalなどのモバイル決済やブロックチェーンネットワークなど、異なる通貨を持っているネットワーク同士間で高速なやり取りを実現させることができます。インターレジャープロトコルの構想が実現すれば、オンライン上で資産の移動が完成できます。

Proof of Consensusの仕組み

リップルでは「Proof of Consensus」というコンセンサスアルゴリズムを使用しています。コンセンサスアルゴリズムとは、合意形成という意味です。リップルのProof of Consensusでは、不特定多数の利用者が取引の承認をおこなうのではなく、Validatorと呼ばれる代表者が取引の承認を行います。

この代表者は誰でもなれるものではなく、リップルが管理しているUNL(Unique Node List)から選出されます。代表者の8割が承認した取引を、分散型台帳で管理することになります。

XRP Ledgerの仕組み

リップルではブロックチェーン技術を使用していません。リップルで使用されているのは、分散型台帳の「XRP Ledger」です。XRP Ledgerは、送金した際の取引データを管理する台帳のことで、リップルネットワークの参加者で分散管理していることから分散型台帳と呼ばれています。リップルの取引データを分散して管理することで、システム管理費の削減やゼロダウンタイム、取引データの改ざん防止を実現できます。

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の将来性

リップル(Ripple/XRP)の追い風

リップルを活用した国際送金ネットワークに世界有数の銀行が参加していることや、リップルの送金システムを後押しするメガバンクや地方銀行の存在があることなど、リップルは後ろ盾が充実しています。これらの追い風が、リップルの将来性を高めています。

リップル(Ripple/XRP)の革命的な送金システム

リップル社が開発した送金システムは、従来の送金コストを大幅カットできるとともに、スピーディーな決済を可能にできるメリットがあります。リップルが本当にすごいところはXRPではなく、この送金システムにあると言えます。

送金手数料が安く、反映時間の短い送金システムは、銀行にとってとても魅力的なものです。また、リップルにはブロックチェーンが存在していないことから、既存の金融システムも受け入れやすいメリットがあります。今後はリップルの送金システムが幅広く活用される可能性があります。

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)はマイニングができない

以上、リップル(Ripple/XRP)のマイニングについてお話しました。
リップルは管理の方法や発行枚数などの理由により、マイニングで報酬を得ることができません。これは他の仮想通貨と比べ、リップルの大きな特徴と言うこともできるでしょう。
リップルの仕組みは今後、金融インフラの一部としてさらに広まっていくことが予想されています。リップルに詳しくなった今のタイミングで、リップルの今後の動向にも注目してみてはいかがでしょうか?

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰
PAGE TOP