BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)はしっかり管理!おすすめのウォレットは?

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

数ある仮想通貨の中でも匿名性が高いことから人気が高いアルトコインの「ジーキャッシュ」ですが、日本においてジーキャッシュ(Zcash/ZEC)を管理するためにはどのようなウォレットを使用すれば良いのか、注意点も含めて紹介していきます。

▼ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)について詳しくはコチラ

仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)が管理可能なウォレットは?

ジーキャッシュとは

現在、仮想通貨は数え切れないほどの数が生まれていますが、仮想通貨と一口に言っても様々なタイプがあり、その中には匿名通貨と呼ばれるタイプの通貨があります。
匿名通貨という名前の通り、匿名性が非常に高いことが特徴となっている仮想通貨なのですが、匿名通貨の中でも時価総額ランキング上位に位置している人気の通貨がジーキャッシュ(Zcash/ZEC)です。

ジーキャッシュはアドバイザーにイーサリアムの提唱者であるVitalik Buterin氏やビットコインの初期からの投資家でビットコインキャッシュのプロモートもしているRoger Verが着任していることからも仮想通貨投資家の中で注目を集める要因となっています。

ジーキャッシュの特徴としては高い匿名性が挙げられますが、これを実現させているのがゼロ知識証明を活用したシールドトランザクションです。ビットコインなどのような一般的な仮想通貨であればどのアドレスから、どのアドレスにいくら送金したのかという情報がブロックチェーンで第三者に全て公開されてしまいます。

しかし、ジーキャッシュの場合はどのアドレスからどのアドレスにいくら送金したという情報が第三者には公開されません。
また、マイニングについても変わっていて、マイニングによる新規通貨発行量が初期に減額されていて徐々に高くなるというシステムです。

さらに、マイナーに全ての報酬が配分されるのではなくファウンダー報酬によって10%ほど投資家や財団などに分配されるのも特徴と言えるでしょう。ファウンダー報酬によってジーキャッシュに不利益となる妨害行為を防ぐ目的があります。

ジーキャッシュを管理できる取引所

ジーキャッシュを取引するための取引所ですが、日本の仮想通貨取引所でジーキャッシュを取り扱っている取引所は存在しません。
したがって、日本の仮想通貨取引所でジーキャッシュの購入や売買を行うことは不可能です。取引所でジーキャッシュを購入取引したい場合には海外の仮想通貨取引所を利用しなければなりません。

ジーキャッシュを取り扱っている取引所は海外に数十カ所ありますが、代表的なのが「Binance」です。Binanceは仮想通貨の取引高が世界一で、取り扱い通貨数が約80通貨ほどあり手数料が安いことなどから人気が高い仮想通貨取引所になります。Binanceは日本語対応の取引所だったのですが、2018年初頭から日本語対応が外されています。
ただし、グーグル翻訳には対応されていますし、日本からの利用も可能です。

Binanceは海外の仮想通貨取引所となりますので、入金作業などを日本円で行うことは出来ません。ジーキャッシュをBinanceで使用するためには、日本の仮想通貨取引所などでビットコインなどを購入してビットコインで入金作業を行うという作業が必要になります。
また、手数料に関してはBinanceの独自発行通貨であるBNBを使用すると半額にすることが出来ます。

アプリなども提供されているので出先などでも手軽に利用が可能です。
日本語対応している取引所を使用したいという場合には「Bithumb」があります。Bithumbは韓国最大級の仮想通貨取引所で、ほとんどのページが日本語対応となっています。加えて、24時間365日対応してくれるサポートセンターに関しても日本語を話せるスタッフが対応しているため英語も韓国語も出来ないという方でも安心して利用することが出来るでしょう。

モバイルウォレット

ジーキャッシュをスマートフォンで管理したいという方に便利なのがモバイルウォレットアプリです。
ジーキャッシュに対応したモバイルウォレットの代表的なのが「Coinomi Wallet」です。Coinomi Walletは、ジーキャッシュ以外にも約50種類の仮想通貨に対応したモバイルウォレットで、日本語にも対応しているので誤操作などの危険性が低くなっています。様々な仮想通貨と一緒に管理したいという方には便利なアプリです。

次に「Jaxx」です。Jaxxも数多くの仮想通貨に対応したモバイルウォレットで、パソコンとの同期も可能です。
そのため、スマートフォンやタブレットを紛失、故障してしまった時にも安心です。
ただし、Jaxxはいわゆるホットウォレットと呼ばれるオンライン上で管理しているタイプになり、コールドウォレットよりはハッキングなどのリスクが高いです。

安心して管理できるコールドウォレット

ジーキャッシュを大量保有する場合などに安心なのがコールドウォレットです。インターネットから切り離して手元で管理できるのがポイントです。
「Ledger Nano S」はコールドハードウェアウォレットの代表的な存在で、非常に人気が高く注文から実際に手元に届くまで時間がかかる品薄状態が続いています。それだけ使いやすさと安全性が高く評価されているということでしょう。

ウォレット選びの注意点

取引所の場合

ジーキャッシュを管理するウォレットには様々なタイプがあり、それぞれ特徴が異なりますのでそれぞれ注意しなければならない点も異なります。
取引所で管理する場合には、その取引所のセキュリティなどがしっかりしているかどうかは大きなポイントとなるでしょう。ジーキャッシュの場合は必然的に海外の取引所を選択することになるので、自身の語学力や取引所のサポート体制などもよく考えて選択しなければなりません。

モバイルウォレットの場合

モバイルウォレットの場合、そのウォレットがどの様な管理を行っているのかを調べる必要があります。ホットウォレットの場合、ハッキングなどの被害によってジーキャッシュが奪われてしまう可能性もあるので多額のジーキャッシュを預けるのには不向きです。

ハードウェアウォレットの場合

ハードウェアウォレットはインターネットと切り離し手元で管理すれば非常に安全ではあります。
しかし、ハードウェアなのでウォレットそのものを紛失してしまったり破損させてしまったりすることに関しては注意が必要です。
また、中古などで購入したりすると、秘密鍵を盗み取るウィルスが仕込まれていて仮想通貨を全て盗まれてしまう可能性もあるのでハードウェアウォレットは信頼できるメーカーの正規品を購入することが大切です。

ジーキャッシュの管理は自分に合った方法で

個人情報を保護し、取引内容がクローズドなジーキャッシュですが、その高い匿名性からハッキングなどのターゲットになりやすいとも言えます。
ジーキャッシュだけでなく、仮想通貨をお持ちの方全般に言えますが、管理方法は常に意識し、想定し得るリスクから自分自身で守るようにしましょう。
ジーキャッシュを最も簡単に管理することが出来るのは取引所ですし、信頼できる取引所であればセキュリティに関してもある程度安心です。
しかし、ジーキャッシュの場合は国内取引所では扱っていないので海外の取引所に不慣れな場合は注意しなければならないでしょう。
また、モバイルウォレットやハードウェアウォレットに関してもメリットもあればデメリットもあります。どの様に管理したいのかをしっかりと自分自身で把握して、自分に合った管理方法を選択することが大切です。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP