BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)はしっかり管理!おすすめのスマホウォレットは?

主要な仮想通貨の1つであるジーキャッシュ(Zcash/ZEC)は、取引者の情報や金額を隠したまま取引ができるのが特徴です。このような秘匿性の高い仮想通貨も、スマホウォレットで管理をすることができます。ジーキャッシュを保管できるスマホウォレットを、ここでは幾つかご紹介していきましょう。

仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)を管理するならこのスマホウォレット!

スマホウォレットにはそれぞれ特徴があり、保管できる仮想通貨の種類も千差万別です。ジーキャッシュの場合は、以下のようなスマホウォレットを利用することができます。

「Jaxx」は多種多様な仮想通貨・OSに対応する

Jaxxのスマホウォレットは、iOS、Androidのどちらでも使用することが可能です。パソコン向けのアプリもあり、WindowsやLinuxといったOSでwebウォレットとしても使えるのが便利な点です。ちなみに、このJaxxで管理できるのはジーキャッシュだけではありません。

ビットコインやアルトコイン、ダッシュなどの有名な仮想通貨の管理も可能なため、国内でも利用している方が多いスマホウォレットです。各種トークンの保管もできることから、色々なシーンで役立つスマホウォレットと言えるでしょう。ただ、このJaxxのスマホウォレットの場合、ジーキャッシュの管理ができるのはAndroid版のみです。

OSによって管理できる仮想通貨の種類が変わることから、入金や受け取りの手続きをするときには少し注意が必要になってきます。Jaxxは日本語対応がなく、画面の表示はすべて英語です。したがって、使い始めた当初は少し戸惑うかもしれませんが、操作方法を一通りマスターしてしまえば使いこなすことは然程難しくはないでしょう。ブラックとオレンジでまとめられたJaxxの画面はシンプルで見やすく、操作性にも優れています。

「もにゃ」は日本語と英語で表示が可能

ジーキャッシュは、日本のスマホウォレットであるもにゃでも取り扱っています。猫のキュートなデザインを起用しているもにゃは、操作方法が分かりやすいとして人気を集めています。表示を日本語と英語のいずれかに切り替えることができるため、操作の仕方で戸惑うことも少ないでしょう。

もにゃは、日本のアプリらしく充実したサポート機能がついている点も要チェックです。例えば、このスマホウォレットの場合、使い方や使用上の注意点などを確認していくプロセスが最初にあります。操作を進めながら自然に知識が身につくシステムになっており、初めてスマホウォレットを使う方にとっても心強いアプリになるでしょう。ちなみに、このもにゃでもビットコインやモナコインなどの仮想通貨の管理ができます。

仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)のスマホウォレットの使い方

仮想通貨のスマホウォレットは、操作方法も概して似ていますが、細かい点はアプリによってやはり違いがあります。例えばアイコンのデザインや名前などは、スマホウォレットによってそれぞれ違っているケースが多いです。

「Jaxx」の送金・受け取り方法

Jaxxは画面の表示が英語であるため、操作をするに当たって抵抗を感じてしまう方もいるかもしれません。ただ、送金や受け取りの操作の際に使用するアイコンや、画面に出てくる単語はさほど難しいものではなく、一度流れを覚えれば操作は比較的簡単です。

例えば、Jaxxで送金をするときには、画面の上部にある「Send」をタップしてみましょう。次の画面では、送信先のアドレスや金額を入れる欄が出てきます。「Receiving Address」の欄には送信先のアドレスを、「Amount」と表示がある欄には送金する金額を入力しましょう。

ちなみに、画面上部の「Send」の左にあるアイコンをタップすると、QRコードを読み取って送金先を指定できるようになります。また、受け取りの手続きの場合は、自分のアドレス、またはQRコードを送金者に知らせてから、画面上で結果を確認します。「Receive」のアイコンをタップすると、ジーキャッシュの送金用のアドレスとQRコードが現れますので、いずれかを選んで送金者に伝えることができるというわけです。

他のウォレットから自分でJaxxに送金をしたい場合にも、この画面に現れているアドレスやQRコードを使用して宛先を指定します。

「もにゃ」の送金・受け取り方法

日本語に対応しているもにゃの場合は、アイコンの名前や画面の説明書きをしっかりと読んでいれば初心者でもスムーズに操作ができます。ちなみに、ジーキャッシュの送金で使用するのは、画面の上にある「送金」という黄緑色のアイコンです。

「送金」に続いて「送る」という部分を選択すると、送金先やコインの種類、送金する金額を入れる欄が現れてきます。送金先には先方のアドレスを入力しますが、右上の四角のアイコンをタップしてカメラを起動させれば、QRコードの読み取りも可能。

送金先やコインの種類、金額がすべて入ったら、次の確認画面でパスワードを入れて作業を終わらせます。仮想通貨を受け取るときは、「受取」という赤いアイコンを選択するところから手続きをスタートします。次いで「受け取る」の部分をタップすれば、受け取り用のアドレスとQRコードが出てくるでしょう。

第3者から送金を受ける場合は、相手に受け取り用のアドレスやQRコードを教えます。取引所などから自分で仮想通貨を入金する際は、自身のアドレスやQRコードを送金先に指定して手続きをすれば、もにゃのアカウントに送金が行われます。

スマホウォレットを使用するときには注意点がある!気をつけたいポイントは?

スマホウォレットはそれぞれ特徴を持っており、セキュリティのレベルや対応できる作業に差があるのが現実です。このようなスマホウォレットを使う場合、注意しておきたいポイントが幾つかあります。

スマホウォレットは大金の管理には向かない

価値の変動が大きい仮想通貨は、タイミングが良ければ一気に収益が上がることもあるでしょう。大金を得た場合、仮想通貨を安全に管理するために、とりあえずスマホウォレットに入れておくといった方も多いかもしれません。

しかしながら、スマホウォレットはこういった大金の管理には余り向きません。実際、スマホウォレットのJaxxなどは、CEOが自ら「大金を保管しないように」といった内容のコメントを発表しています。したがって、スマホウォレットを使うときには保管する仮想通貨の量を少なめにしておくのがベストです。

セキュリティの設定をしっかり行う

ジーキャッシュに対応しているJaxxなどは、使用を開始するときに自分でメニューを選択して暗証番号の設定を行うのが1つのスタイルになっています。

この手のスマホウォレットを使用する場合は、折を見て自分で作業を行わないと、暗証番号をいつまでも設定することができないのが問題です。設定を推奨するようなガイドがなくても、暗証番号やパスワードなどのセキュリティに関する設定は、最初の時点で忘れずに行っておいた方が良いでしょう。

仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)の管理。ウォレットのキャパシティーを考えて利用しよう

スマホウォレットのキャパシティーによっては、マイニングの報酬の受け取りなどに対応ができないことがあります。スマホウォレットは、日常的な仮想通貨の受け取りや送金を目的にしているケースが多いため、アプリのキャパシティーを超えない範囲で作業を行うことも大切になります。
これらの点に注意してジーキャッシュ(Zcash/ZEC)をスマホウォレットで管理してみましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP