BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

時価総額上位の仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)、選ばれる3つの特徴とは?

ビットコインなどの仮想通貨は、そのオープンなシステムによって人気を獲得し、さまざまな場所で利用されるようになったといえます。
しかし透明性の高さはときとしてデメリットとなり、ユーザーの資産を危険に晒すこともあるでしょう。

そんな不安を解消するかのごとく誕生したのが、アルトコインジーキャッシュ(Zcash/ZEC)です。
ジーキャッシュの持つ3つの特徴は、仮想通貨の可能性をさらに広げることになるでしょう。

こちらでその特徴を1つ1つチェックして、これからの運用に活かしてみてはいかがですか。

仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)の特徴とは?

匿名性が売りの通貨

ジーキャッシュは、匿名性という特徴が有名な仮想通貨となっています。
第三者が取引内容の詳細を確認できないという点は、今後もジーキャッシュが仮想通貨市場を生き抜く強みになるでしょう。

他の仮想通貨と同じようにブロックチェーン上で取引が行われますが、送金者や送金相手、支払額までは誰も知ることができません。
そのため気楽に通貨の移動が可能で、これまでにない使い道が想定されるようになるでしょう。

多くの仮想通貨がその透明性を魅力としているのに対して、内容を不透明にするジーキャッシュは、独特の立ち位置を持つ仮想通貨であるといえます。
しかしその匿名性は特定の人々だけでなく、プライバシーの保護という観点から多くのユーザーのメリットになりえるでしょう。

仮想通貨の流出や盗難といった問題が世界中で発生している現在、個人単位でも通貨の管理には気を使うべきです。
ジーキャッシュの匿名性はそういった個人の安全性を高め、プライバシーを尊重した仮想通貨との付き合い方を提示する1つのきっかけになるかもしれません。

少しでもプライバシー問題に関心があるのなら、ジーキャッシュの特徴には注目していきましょう。

仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)の現在の価格・時価総額は?

ジーキャッシュは2018年6月現在、1ZEC=18,000円前後を記録しています。
相対的にはやや下降気味ですが、比較的に昨年から安定した価格帯を推移しているので、売買しやすい通貨であるといえるでしょう。

時価総額は2018年6月の段階で16位となっていて、かなりの高順位となっています。
トップクラスの知名度を誇る通貨の一員となって長いので、今後も価格の上昇や投資者の増員に期待できるでしょう。

匿名性という特徴からジーキャッシュは実用性に長けている通貨といえますが、以上の結果から投資対象としても十分優秀です。
この機にチャートをチェックして、投資のタイミングをうかがってみるのもいいでしょう。

仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)の持つ3つの特徴とは?匿名性を支えるシステムをチェック

ゼロ知識証明による取引

ジーキャッシュの匿名性を支えるのは、「ゼロ知識証明」と呼ばれるシステムです。
ゼロ知識証明とは第三者に取引の詳細を伝えなくても、取引の存在や正当性を証明する状態のことを差します。

匿名性の裏で不正が行われることを防ぐことができるため、より通貨としての実用性が増すことになるでしょう。

ジーキャッシュではzk-SNARKと呼ばれるゼロ知識証明が使われていて、特別な鍵を用いて取引の証明が行われています。
取引内容の確認は約40秒で終了し、正当性を提示することができるとのこと。

そのスピードから世界最大規模を誇る銀行「JPモルガン」と提携を結ぶことになり、ジーキャッシュの存在を広めることに貢献しました。
ジーキャッシュの匿名性がもたらすメリットを証明するゼロ知識証明は、これからも魅力的な特徴の1つとして認知されていくことでしょう。

シールドトランザクションによるアドレス管理

ジーキャッシュは「シールドトランザクション」というシステムによって、通貨のトランザクションに安全な匿名性を提供しています。
送金元のアドレスと送金先のアドレスに「シールドアドレス」と呼ばれる特殊なアドレスをあてがうことで、ジーキャッシュの取引は外部から把握することができなくなるのです。

取引結果はブロックチェーンに公開されないため、完全に個人間だけでの取引が成立するのがシールドアドレスの特徴。
より高い匿名性を求めるユーザーにとっては、シールドトランザクションによる取引が便利に使えるかもしれませんね。

またジーキャッシュには「トランスペアレントアドレス」と呼ばれるシステムもあり、こちらはブロックチェーン上にそのトランザクションが記録されます。
シールドトランザクションのアドレスとトランスペアレントアドレスによる取引も可能となっているので、匿名性を利用することで特別な制約を受けることはありません。

>匿名性を存分に活用しつつ自由な取引が楽しめるシールドトランザクションのパフォーマンスやセキュリティの高さがさらに改善されるとのこと。
進化を続けることで将来的にはシールドトランザクションによる取引が、ジーキャッシュ最大の魅力となるかもしれません。

充実した開発環境も特徴

ジーキャッシュは数ある仮想通貨のなかでも、きちんとした開発体制を持つ通貨でもあります。
非営利団体「Zcash Foundation」によって運営され、これまでも順調に開発が行われてきたことから、今後もさらに充実した環境を作り上げることに期待できるでしょう。

通貨の匿名性は高くても開発状況は常にオープンで、誰でも公式サイトやブログから進捗を確認することができます。
ロードマップも公開されているので、将来的にジーキャッシュがどのような特徴を持つことになるのかもわかりやすいでしょう。

そういったシステムに対する透明性の高さは、ジーキャッシュの特徴となっています。
実際に通貨を売買するきっかけにもなりえるので、ぜひ1度ジーキャッシュの開発環境に注目してみましょう。

仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)の将来性とは?匿名通貨の未来はどうなる?

さまざまなアップデートが予定されている

ジーキャッシュは2018年の段階で、さまざまなアップデートが予定されている通貨です。
その将来性は高く、投資するユーザーを今後も増やしていくことになるでしょう。

たとえばシールドトランザクションに関する技術の向上や信頼性のアップ、その他セキュリティに関するシステムの改善が予定されているようです。
現状に満足せず常に進化の過程にあるジーキャッシュは、時価総額をさらに高めていくかもしれませんね。

他にも仮想通貨業界全体のアップグレードでもあるライトニングネットワークへの対応、プライバシー保護を目的としたBOLTのようなサポートも実施していくとのこと。
将来性を考慮するのであれば、ジーキャッシュはチェックに値する仮想通貨となるでしょう。

将来的にはもっと公然の場で使えるようになる

仮想通貨の匿名性は、ダークウェブやマネーロンダリングに使われることになるのではという疑惑を生み、一般層にはなかなか浸透しないといわれてきました。
しかしJPモルガンとの提携やイーサリアムチームとの連携をきっかけに、ジーキャッシュが匿名性の持つメリットは少しずつ公の場でも使われるようになっています。

将来的にはジーキャッシュの匿名性を有効利用した、新しいシステムが作られることもありえるでしょう。

たとえばプライバシー重視のショッピングや投資などは、ジーキャッシュを基軸に行われるようになるかもしれません。
そういった匿名性を使った可能性の広がりが見え始めているのは、ジーキャッシュにとっての追い風となることでしょう。

ジーキャッシュは今後も、さまざまな企業やチームとの連携に期待できます。
そのたびに匿名性という特徴は評価され、価格や時価総額に良い影響を及ぼすことになるでしょう。

匿名性に対する誤解が完全に解かれたときこそ、ジーキャッシュの価値は本物になると予想できます。
今から提携のニュースや新システムの開発に注目して、匿名性の魅力が高まっていく過程をチェックしてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)の特徴は新しい可能性になる!これからの活躍にこそ期待大!

匿名性に特化したジーキャッシュ(Zcash/ZEC)の特徴は、仮想通貨が一般的なものになりつつある今こそ注目されてしかるべきものです。
その魅力が世界中に広まっていけば、ジーキャッシュの価格はこれまで以上の値をつけることになるでしょう。

ぜひこの機にジーキャッシュの全貌をチェックして、その選ばれる理由をしっかりと把握しておくことがおすすめされます。
匿名性を持った仮想通貨がどのような活躍を見せるのかはまだまだ未知数であるため、今後もジーキャッシュの将来には注目されることになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial