BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)をマイニング!通貨を生み出して報酬を得るには?

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)は仮想通貨取引所で購入、もしくはマイニングによって獲得することができます。マイニングで報酬を得たいのであれば、まずマイニングの仕組みやメリット、注意点などをよく理解しておきましょう。

▼ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)について詳しくはコチラ

仮想通貨、マイニングの仕組み

マイニングとは?

仮想通貨はマイニングという方法によって手に入れることができます。マイニングとは、直訳すると「採掘」です。採掘という言葉から連想できるように、掘り起こして新発行された仮想通貨を獲得する作業をマイニングと呼んでいます。

報酬がもらえる仕組み

もっと具体的に説明すると、マイニングとは仮想通貨の取引を承認するために必要な計算作業のことをいいます。仮想通貨には「ブロックチェーン」という技術がありますが、このブロックチェーン技術を使用している仮想通貨には、取引の記録がどんどん蓄積されていきます。

この記録が正しいものかどうかを計算して承認する作業が、いわゆるマイニングに当たります。最初に承認作業を完了させたマイナー(採掘者)には、報酬として仮想通貨が新規発行される仕組みになっているのです。

自動的に収益が発生

マイニングは一見、地味に見える方法ですが、一度設定してしまえば何もしていなくても自動的に収益が発生していきます。コツコツ積立式の仮想通貨を稼ぎたい人におすすめの方法です。

マイニングするメリットと注意点

電気代以外にお金がかからない

マイニングは初期投資さえすれば、 電気代以外にお金がかかりません。
それだけでなく、マイニングした仮想通貨が値上がりすれば、さらに大きな利益を得ることもできます。

高い手数料を取られない

仮想通貨を取引所から購入する場合、決して安くない手数料が取られます。
しかし、マイニングにはそれがありません。自作のパソコンではなく、マイニングプールを利用する場合は手数料を取られることもありますが、取引所に比べれば大した額ではありません。コストを抑えられるのも、マイニングを利用するメリットの一つだと言えます。

自分で働く必要がない

最初に設定を完了させてしまえば、後はパソコンが自動で働いてくれるため、自ら動く必要がありません。メンテナンスを行うだけで収益が発生するので、ほぼ不労所得状態となります。毎日チャートを眺める必要もないので、ストレスフリーで仮想通貨を手に入れることができます。

税金対策になる

マイニングに必要な機材購入費や電気代など、マイニングには経費がかかるため、これらを費用計上すれば税金対策になります。日本円に両替せずに、仮想通貨のまま保有していれば税金もかかりません。

ただし、手持ちの仮想通貨で別の仮想通貨、またはモノやサービスといった経済的価値のあるものを購入すると、その金額分の税金がかかるので注意が必要です。

パソコンの知識が必要

マイニングをしたくても、市販のパソコンをそのまま使うわけにはいきません。効率よくマイニングするには、普通のパソコンではなく、GPUを複数搭載した特殊なパソコンが必要になります。

特殊なパソコンを作るためには、一から自分で組み立てなければならないので、パソコンの知識がないと、かなり苦労することになります。組み立て自体は誰でもできる作業なのですが、知識のない人にとってはハードルが高いでしょう。仮に組み立てができたとしても、セッティング作業がかなり複雑なので、マイニングできる環境を整えるまでに苦労することになります。

電気代がかかる

自作のパソコンでマイニングするとなると、電気代がかかります。電気代はマイニングの最大の費用となるため、利益が出るかどうかを考えなければなりません。最初にパソコンのパーツ代や電気代を計算して、割に合うか確認しておきましょう。

発熱対策が必要

畳の上に設置すると火災の危険性があるので、設備はきちんと整えて発熱対策を行う必要があります。

マイニングを始めるために必要なもの

マイニングに必要なパソコンを自作する場合、様々な機材が必要になります。

グラフィックボード

マイニングに最重要のパーツとなるのが、GPU(グラフィックボード)です。このGPUの性能でマイニングの性能も決まります。

マザーボード

GPUを搭載する母体となるのがマザーボードです。このマザーボードにGPUをどれだけ多く搭載できるかで、採掘できる量も変わってきます。

電源

マイニングにおいて、GPUの次に重要とされているのが電源です。GPUの搭載数が増えれば増えるほど消費電力も大きくなるので、その電力に十分耐えられる電源ユニットを用意する必要があります。コストをかけずに収入を得るためには、電源の性能も重要です。高効率でないと電気代が高くなってしまいます。

ライザーケーブル

ライザーケーブルとは、マザーボードの端子を変換するケーブルです。このケーブルを使って、GPUを接続します。ライザーケーブルがあれば、1つのマザーボードにいくつもGPUが搭載できるようになり、マイニングに大きなメリットが生まれます。

マイニング中はGPUから膨大な熱が発せられますが、ライザーケーブルを使えばGPU同士を離すことができるので、排熱にも有利になります。

ウォレット

マイニングしたジーキャッシュを貯めておくウォレットを事前に用意しておく必要があります。ジーキャッシュを取引所に預けておくとハッキングなどのリスクがあるので、ウォレットで管理するほうが安全です。

ジーキャッシュを取り扱いできるウォレットは、「Ledger Nano S」や「Trezor」などがあります。「Ledger Nano S」はオフラインで秘密鍵を管理できるハードウェアウォレットです。「Trezor」はLedger Nano Sと同様に、秘密鍵を端末で管理するハードウェアウォレットです。

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)のマイニング方法

マイニングのやり方は1つではありません。プロだけでなく、パソコンの知識がない初心者でもできるやり方があります。

自作パソコンを使う

マイニングの計算を行うパソコンを自分で組み立てて、システムを動かし続けるやり方です。自作パソコンの場合、マイニングで得た報酬は全て自分のものにできるので、大きく稼げるチャンスがありますが、技術とある程度の労力が必要になるので、初心者にはハードルの高いやり方となります。
また、ハイパワーなパソコンを24時間動かし続けるため、電気代がかかります。

マイニングプールに投資する

マイニングプールとは、集団でマイニングを行うグループのことを指します。マイニングプールなら組織が大きいため、マイニング競争で勝ちやすいメリットがあります。マイニングプールに投資すれば、自分でパソコンを作らなくても利益を受け取ることができます。

ただ、大人数で協力してマイニングをするため、当然ながら配分される金額も割合に応じたものになります。大きく稼ぐには不向きですが、お金さえ支払えば後は全てマイニングプール側が作業を行なってくれるので、細かい設定や計算が不要になるのは嬉しいメリットだといえます。ジーキャッシュのマイニングプールリストは、公式コミュニティに掲載されています。

マイニングの知識を身につけよう

一口にマイニングと言っても、そのやり方や必要な機材はたくさんあります。初心者も参入しやすい魅力がある一方で、気をつけるべきポイントもいくつかあります。
ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)のマイニングを始める前に、マイニングに関する知識を蓄えることも必要。安定した収益を稼ぎたいなら、事前に正しい知識を身につけておきましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP