BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

イーサリアムでドット絵をトレード!DApps「Crypto Punks(クリプトパンク)」の特徴は?

ブロックチェーン上で動作する非中央集権型のアプリケーション「DApps」。最近ではこのDAppsでRPGやシミュレーションなど、さまざまなジャンルのゲームやサービスが誕生しています。今回はそのなかの一つ、絵文字を集めて取引できる「Crypto Punks(クリプトパンク)」についてご紹介します。

無料で配布された絵文字に価値がついて流通

イーサリアムのブロックチェーンに保存されている絵文字を取引する「Crypto Punks(クリプトパンク)」。所有権証明つきの10,000個のユニークな絵文字が用意されています。本来イーサリアムのウォレットを持っている人に無料で配布されたものですが、すぐに10,000人を突破したため、今はそれらを売買する形で流通しているようです。
24×24ピクセルの10,000種類の絵文字は全て人の顔が描かれており、パンク系の人が主になっていますが、なかには顔がエイリアンやゾンビまで特徴的なイラストが並んでいます。懐かしさを感じるドット絵なのも味があるように感じます。

絵文字を購入するには?

ずらりと並んでいる絵文字の背景の色は3種類に分かれ、青色の背景は「オファーがある(買いたい人がいる)」、赤い背景は「販売可能」、紫色の背景は「アクティブな入札がある」とそれぞれのステータスを表しています。
また、Crypto Punksのdiscordではリアルタイムですべての入札、オファー、販売の情報を発信しています。


絵文字を数回クリックすると拡大され、番号を確認することができます。

絵文字の購入方法

絵文字を購入するには、googleChromeをダウンロードし、イーサリアムのウォレット「MetaMask」をプラグインする必要があります。
新たにアカウントを作成し、イーサリアム(ETH)を購入。MetaMaskプラグインには、CoinbaseからEtherを購入できるボタンがあります。そしてプラグインがインストールされると、Webサイトでプラグインが認識され、インターフェイスに直接パンクを購入、売買するためのボタンが追加されます。

1つの絵文字が0.41ETH!?

絵文字の平均入札単価は0.11ETH、平均販売価格は0.41ETH(2018年2月23日時点)と、決して安くはない絵文字ですが、取引を重ねることで価格が大きくなるためユーモアのある投機として注目してみてもいいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial