BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

DApps

DApps(分散型アプリケーション)とは?読み方や概要、おすすめのゲームを紹介。仮想通貨やイーサリアムの将来を担う!?

DApps(分散型アプリケーション)とは?読み方や概要、おすすめのゲームを紹介。仮想通貨やイーサリアムの将来を担う!?

「DApps」という言葉、聞いたことがありますか?現在進行形で仮想通貨界を賑わしている、今注目のワードです。今回はこの「DApps」について概要や読み方、メリット・デメリット、活用事例、BITDAYS編集部がおすすめするDAppsゲームなどを紹介します。

DAppsとは?ブロックチェーンで動く仮想通貨アプリ

DAppsの概要。気になる読み方は?

DApps(ダップス)はDecentralized Applicationsの略語。非中央集権の分散型アプリケーションのことを指します。

仮想通貨の根幹技術であるブロックチェーンを利用して、中央管理者なしで運営・管理できるのが特徴で、ブロックチェーンを利用しているため、アプリ内データの安全性・整合性についても折り紙付き。今、仮想通貨界でもっとも注目を集めるワードと言っても過言ではありません。

また、ほとんどのDAppsはEthereum(イーサリアム)のプラットフォーム上で開発が行われています。これはもともとイーサリアムがアプリケーションを開発するプラットフォームとして誕生したため。「イーサリアムアプリ」や「イーサリアムゲーム」と表記がある場合、これらも基本的にDAppsと同じものを指していると考えることができます。

DAppsの定義

DAppsと定義されるには大きく4つの条件があります。

①アプリケーションがオープンソースであること。また、オペレーションが自動で、中央による管理ではないこと。アプリケーションは提案やフィードバックに応じてプロトコルを適合させることができるが、すべての変更においてユーザーのコンセンサスを得る仕組みであること。
②アプリケーションのデータや記録は、公開・暗号化されたブロックチェーンを利用していること。
③オープンに流通可能な暗号化トークンを持ち、アプリケーションを利用する際にはそのトークンを利用すること。また、ユーザーに報酬が発生する場合はそのトークンによって報酬が支払われること。
④アプリケーションへの貢献が暗号アルゴリズムによって証明され、それに従ってトークンが生成されること。

(参考:https://github.com/DavidJohnstonCEO/DecentralizedApplications

このように一般的にはブロックチェーンを使ったサービスやアプリ、ゲームといった意味で捉えられるDAppsですが、広い意味ではBitcoin(ビットコイン)をはじめとした一部の仮想通貨もDAppsと言えます。

DAppsのメリット・デメリット

この項ではDAppsのメリットとデメリットについて紹介します。

DAppsのメリット

DAppsのメリットとして1番に挙げられるのは、やはり非中央集権・分散管理型のアプリケーションだということでしょう。定義にもあったとおり、DAppsは自動でオペレーションされるので、中央管理者を必要としません。そのため、管理者の都合(利益)のためにユーザーが振り回されることがないのです。

また、取引に透明性があることもメリットでしょう。ブロックチェーンの性質上、DApps上の取引をユーザーは確認できます。管理者の意図によって特定の取引が隠蔽されるというようなことがないため、ユーザーは安心してDApps上で取引を行うことが可能です。

ほかにもDAppsは、ユーザー同士で相談し使いやすい方向へ柔軟にアップデートしていくことができること、非中央集権ではないためハッキングのリスクが低いこと、など多くのメリットがあります。

DAppsのデメリット

大きなデメリットは存在しません。強いて言うのであれば、スケーラビリティ問題により取引に時間がかかってしまう可能性があること、それに伴い手数料が高くつく可能性があることトークンの価値が不安定ということでしょうか。

DAppsの活用事例

DAppsにはさまざまな活用事例があります。ここでは主なものをピックアップし、紹介します。

DAppsの活用事例①仮想通貨やICO通貨

DAppsの定義の項でも説明したとおり、Bitcoin(ビットコイン)をはじめとした一部の仮想通貨もDAppsと捉えることができます。ICO通貨に関しても定義に該当すればDAppsの一部と考えることができるでしょう。

DAppsの活用事例②分散型取引所(DEX)

一般的によく知られている仮想通貨取引所は中央集権で管理者が存在する取引所です。例えばそれは、bitFlyer(ビットフライヤー)DMM BitcoinBinance(バイナンス)など。
世の中にはこれら中央集権の取引所とは違う、分散型の仮想通貨取引所(DEX)が存在します。分散型の取引所では通常の取引とは違い、ウォレット同士での取引が可能。これにより取引所に通貨を預ける必要がなくなるので、ハッキングされるリスクは著しく下がることとなります。
2018年1月にあったNEMの流出事件はまだ記憶にあたらしいところ。DAppsを活用した分散型の取引所であれば、こういったケースの心配もなく、安心して利用することができます。

主な分散型取引所(DEX)

EtherDelta(イーサデルタ)
0x(ゼロエックス)
Kyber Network(カイバーネットワーク)
Bancor(バンコール)

DAppsの活用事例③ゲーム

DAppsの知識が既にある人であれば、1番イメージしやすいのがゲームだと思います。DApps=ゲームと思っている人も少なからずいるかもしれません。
DAppsを活用したゲームでは、イーサリアムのスマートコントラクトを利用することで、個々の取引相手への信頼なしでトークンの取引を行うことが可能です。

DAppsを活用した主なゲーム

BitPet(ビットペット)
Etheremon(イーサエモン)
CryptoKitties(クリプトキティーズ)
ETH.TOWN(イーサタウン)

これらのゲームは後ほど、BITDAYS編集部おすすめのDAppsゲームで詳しく紹介します。

MetaMask(メタマスク)とは?DAppsゲームをプレイするなら必携のイーサリアムウォレット

DAppsゲームのサイトを見たり、実際にプレイしようとするとMetaMask(メタマスク)と呼ばれるものを頻繁に目にすると思います。
MetaMask(メタマスク)とはイーサリアムやイーサリアム系トークンをまとめて扱えるデジタルウォレットのこと。ChromeやFirefox、Operaといった現在主流のブラウザの拡張機能やアドオンで使用することができ、とても便利なため、DAppsゲーム用のウォレットとして頻繁に登場します。

イーサリアムのウォレットとしては「MyEtherWallet」も有名で、中には名前を聞いたことがあるという人もいるかもしれません。MetaMask(メタマスク)ではMyEtherWalletで作成したウォレットの中身を取り扱うこともできてしまいます。DAppsゲームをプレイしたい人はもちろん、イーサリアムやイーサリアム系トークンを所有している人も、この機会に使い方を覚えておくのがおすすめです。

Chromeブラウザ用MetaMask(メタマスク)のインストールはコチラ

BITDAYS編集部おすすめのDAppsゲームは?

「DAppsには興味があるけれど、どれをやってみようか悩んでいる」そういった人に向けて、BITDAYS編集部がおすすめするDAppsゲームを紹介します。

BitPet(ビットペット)

BitPet(ビットペット)は、ペットを購入・育成し、さらには繁殖させて販売することもできるゲームです。ゲーム内ではPOPと呼ばれる独自のトークンを通貨として使用します。POPはイーサリアムと等価で交換可能。実質的にゲーム内で繁殖させたペットを販売してイーサリアムが得られるという仕組みです。

BitPet(ビットペット)公式サイトはこちら
BitPet(ビットペット)の特徴と遊び方

Etheremon(イーサエモン)

疑似世界の中でイーサーモンスター(イーサエモン)を捕獲、育成するゲームがEtheremon(イーサエモン)です。アプリ内ではイーサエモンのレンタルや販売などで、ERC-20トークンを稼ぐことも可能。Etheremon(イーサエモン)でもトークンはイーサリアムと交換することが可能なので、ゲームを遊んでイーサリアムを得ることができます。

Etheremon(イーサエモン)公式サイトはこちら
Etheremon(イーサエモン)の特徴と遊び方

CryptoKitties(クリプトキティーズ)

ブロックチェーン上で仮想の猫を購入・育成し、コレクション・トレード・交配などを楽しむゲームがCryptoKitties(クリプトキティーズ)です。猫の売買はイーサリアムを使って行われます。

CryptoKitties(クリプトキティーズ)公式サイトはこちら
CryptoKitties(クリプトキティーズ)の詳細記事はこちら

ETH.TOWN(イーサタウン)

ETH.TOWN(イーサタウン)はブロックチェーン上に仮想の不動産を作り出し、それを取引するゲーム。不動産から得られる利益でイーサリアムを手にできるのはもちろんのこと、「ヒーロー」と呼ばれるゲーム内キャラクターを所有・育成することで、利益を最大化することも可能です。制作が老舗のゲーム開発スタジオということもあり、DAppsゲームのなかでも突出したクオリティが話題となっています。

ETH.TOWN(イーサタウン)公式サイトはこちら
ETH.TOWN(イーサタウン)の特徴と遊び方

仮想通貨の将来を担う!?DAppsは今注目のテクノロジー

以上、DAppsについて詳しく紹介しました。
DAppsというとゲームのイメージが強いかもしれませんが、通貨や取引所、そのほかのサービス、アプリなど、DAppsの定義に則ったものであれば、そのジャンルは多岐にわたります。未来の経済を語る上で絶対に外せないテクノロジーであるDApps。2018年以降少し停滞する仮想通貨界の将来を変えていくのはDAppsかもしれません。

DAppsの将来性に関する記事一覧

PAGE TOP