BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

DApps『Axie Infinity(アクシーインフィニティ)』の特徴や登録方法、遊び方、稼ぎ方は?

「DApps(ダップス)」とは「Decentralized Applications」の略称で、非中央集権・分散型のアプリケーションを意味しています。
特定の国家に管理されない通貨が仮想通貨であるように、世の中に流通しているサービスとは違って中央管理者がいないアプリケーションが「DApps」です。誰かが管理をしなくても自動的にアプリケーションが機能して、そして利用の際に必要な手数料も格段に安くなります。

そんなDAppsの一つとして人気を博しているのが『Axie Infinity(アクシーインフィニティ)』です。
今回は可愛らしいモンスターがたくさん登場する『Axie Infinity(アクシーインフィニティ)』について紹介します。

▼DAppsについて詳しくはコチラ

DApps『Axie Infinity(アクシーインフィニティ)』の特徴は?

『Axie Infinity(アクシーインフィニティ)』は2018年よりリリースされたイーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン上で展開されるゲームです。
アクシーと呼ばれる愛らしいモンスター達を育成してバトルをしたり、ユーザー同士で交換し合うことができます。
そのため、人気ゲームの『ポケットモンスター』や『たまごっち』に近いと考える人もいるでしょう。

ゲームに登場するアクシー達はブロックチェーンに保管されているキャラクターなので、違法なコピーやステータスを改竄する行為は不可能です。
そのため、プレイヤー達が自分の手でアクシーに対する愛情と情熱こそが左右されるゲームと言えるでしょう。
そしてアクシーは見た目こそはとてもキュートですが、バトルに突入すると強くてカッコいいファイターとして生まれ変わります。プレイヤーによって鍛えられてきたアクシー達が繰り広げられるバトルは熱く、またそれぞれの特徴を活かした戦術が求められるので、手に汗を握ること間違いなしです。

アクシーの外見と性格は一匹ずつ異なっています。私達の身近にいる犬や猫のような動物をモチーフにしたアクシーがいれば、ファンタジーに登場するドラゴンをイメージにしたアクシーもいます。
「ビースト」、「アクアティック」、「プラント」、「バード」、「インセクト」、「レプタイル」の6つの属性に別れており、それぞれに相性の良し悪しがあります。相性によって、相手に与えるダメージの量が変わるので、状況次第では戦況が大きく変わるでしょう。アクシー達の個性を見極めて、3体チームの編成を考えることがバトルの勝敗を左右します。


『Axie Infinity(アクシーインフィニティ)』はPCで遊べるゲームですが、モバイル版でプレイすることも可能です。もしもちょっとした空き時間に『Axie Infinity(アクシーインフィニティ)』で遊びたくなったら、ぜひともモバイル版もダウンロードしてみましょう。
もちろん、プレイするにはイーサリアム(ETH)の購入が必要なので、まずは仮想通貨取引所で口座を開設しましょう。その後は無理のない範囲でイーサリアムを購入し、アクシーを購入してください。

基本的には英語表記ですが、画面の右上では日本語に切り替えることも可能です。
そのため、英語が苦手な人でも楽しめるのが大きなメリットと言えるでしょう。

DApps『Axie Infinity(アクシーインフィニティ)』の登録方法は?

ここからは『Axie Infinity(アクシーインフィニティ)』の登録方法について紹介します。通常のスマホゲームと違って登録方法は異なりますが、それを一つずつ説明します。


まずは、イーサリアムのウォレットである「MetaMask(メタマスク)」のダウンロードから始めましょう。
MetaMaskに対応するブラウザにはChromeとFireFox、あるいはBraveやOperaがあります。
そのため、自分が普段利用しているブラウザのこともきちんと知ってからMetaMaskをダウンロードしてください。


MetaMaskのサイトにアクセスしたら「GET CHROME EXTENSION」をクリックして、「CHROMEに追加」と書かれたボタンを押せばインストールが可能です。

追加されたキツネのマークをクリックして、利用規約をスクロールさせれば「ACCEPT」のボタンに色が付きます。
その後、パスワードを設定すればインストールが可能なので、こちらにイーサリアムを送金しましょう。

「Show QR Code」をクリックすればQRコードが表示されて、「Copy Adress to Clipboard」を選べばアドレスをコピーすることが可能なので、こちらを利用して送金してください。

DApps『Axie Infinity(アクシーインフィニティ)』の遊び方は?


次に、『Axie Infinity(アクシーインフィニティ)』のHPの「マーケットプレイス」にアクセスして、欲しいアクシーを選びましょう。0.05程度から1000まで、価格は幅広いです。
そのため、まずは自分の購入できるアクシーを選ぶようにしてください。
興味を持ったアクシーのページにアクセスをしたら「今すぐ買う」をクリックして、送金が完了すれば購入することができます。アクシーを購入したら、愛情を持ってしっかりと育てていきましょう。
アクシーはテラリウムと呼ばれる6×6の人口環境に住んでいます。彼らのエサやりや睡眠に気を配ってあげてください。アクシーの健康を維持することもプレイヤーの役割であり、体調を整えてあげなければバトルも不利になるでしょう。

そしてバトルは3対3のチーム戦になり、アクシー達の配置を決めてフォーメーションを組みます。
前線に配置されたアクシーは攻撃を受けやすく、後方のアクシーは攻撃を受けにくいです。配置や相手との距離でダメージが変化して、隣にいる味方の攻撃力も変化します。アクシーのステータスを把握した上でフォーメーションを考えましょう。

アクシーはツノやキバで攻撃を仕掛けたり、丈夫な殻で身を守るなどのムーブを行います。それぞれのパーツが強化すれば新しいムーブを覚えますが、レベルが高ければその分だけアクシーに与えられた10ポイントが消耗されます。このポイントを消耗しないよう、戦略を工夫しなければいけません。

アクシーがバトルで取るムーブは事前に決めなければいけません。大技はいつ出すか、そして防御や味方を回復させるタイミングも考えて、フォーメーションを決めましょう。最初に相手チームのアクシーを全て倒した方が勝ちになります。

また、バトルは予想外の行動が起こる可能性もあり、戦況が一気に変わってしまうことがいくらでもあります。
アクシーの攻撃が外れてしまう『ミス』が起きたり、アクシーが『反撃』に出ることもあるでしょう。他にも相手に与えるダメージが倍になる『クリティカルヒット』が決まる可能性もあれば、HPが0になったアクシーが最後の抵抗を行うケースもあります。
これらの行動が逆転のきっかけにもなり得るので、バトルは最後まで気を抜くことができません。

DApps『Axie Infinity(アクシーインフィニティ)』の稼ぎ方は?

育てたアクシーをマーケットプレイスに売却して、その分だけイーサリアムを得ることができます。
ステータスが高ければ、その分だけ価格も高くなるでしょう。
そのため、収益を得るためにアクシーの育成に励むこともおすすめします。

ただし、一度売却したアクシーを取り戻すことは困難になります。イーサリアムを得られるからといって簡単にアクシーを売却するのではなく、愛情を持って接したアクシーを手放していいか、慎重に行いましょう。

強くてキュートなアクシー達と一緒に過ごしてみよう!

ここまで『Axie Infinity(アクシーインフィニティ)』の特徴や遊び方などについて紹介しました。そのキュートなデザインからアクシー達は多くの人から愛されるようになり、また手に汗握るバトルで盛り上げてくれます。そんなアクシーに興味を持ったら、まずはイーサリアムの購入から始めてみましょう。
イーサリアムの価格は高額になっていますが、少量からの購入もできます。初心者はお手軽に入手できるアクシーから始めて、コツコツと育成していきましょう。アクシーの育て方はシンプルなので、ゲームが好きな人ならば誰でもできます。
DAppsは今後、仮想通貨の流通と共に進歩していくでしょう。すでに『Axie Infinity(アクシーインフィニティ)』の他にもイーサリアムをベースにしたゲームは数多く生み出されているので、興味があればこちらもチャレンジしてみましょう。仮想通貨は決済だけでなく、ゲーム作りにも役立つのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial