BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

初心者必見!DApps「Bitpet(ビットペット)」でペットを手に入れる方法

ビットコイン(Bitcoin/BTC)イーサリアム(Ethereum/ETH)のように全体的な仕組みを管理しているものが不在のままで稼動しているアプリケーションのことをDApps(分散型アプリケーション)と言います。最近では特にDAppsのゲームが数多く登場しています。

ビットペットもDAppsのゲームのひとつです。プレイヤーはイーサリアムを使ってペットを購入したりペットを育てたりできます。

DApps「Bitpet(ビットペット)」の概要

ビットペットは、ウサギのような可愛らしいペットを収集したり育てたり競わせたりするゲームです。自分の所有するペットを他の人に売ったり、合成して新しいペットを生み出したりすることも可能です。

現在(※2018年10月)はレースゲームを開催しており、それぞれのレース結果や総合ランキングなども公開されています。
これらのレースに参加するだけでも手数料が必要となりますが、高順位を抑えることができれば手数料以上の収入を得ることも出来ます。

開発元は韓国のBITMATRIX 、2018年3月2日にビットペットがリリースされ、3月22日にレースが公開されています。ロードマップ上では2018年4月に2つ目のゲーム、5月に3つ目のゲームの公開と書かれていますが、これらのゲームはまだリリースされていません。

現段階ではレースゲームしか存在していないため、レースで高順位を狙える敏捷度の持つ価値が大きくなっています。今後別のゲームも公開されて敏捷度以外のステータスの価値が出てくると、ペットの相場がまた変わってくる可能性があります。

DApps「Bitpet(ビットペット)」でペットを入手!

方法①オークション

公式サイトのイベントにてビットペットのオークションが行われています。出品中のペットの上部には金額も表示されていますが、こちらは現在入札されている中での最高額を意味しています。
オークションで競り落とすためには、現在表示額以上の金額を提示する必要があります。
またペットの右下には時間も表示されています。こちらはオークションの残り時間になります。この数字が0になるとオークション終了、最高値を付けている人がペットを入手することになります。

方法②マーケットプレイス

こちらは公式サイトのマーケットプレイスで売られているペットを購入する方法です。オークションのように人と価格を競る必要はありませんが、同じように時間制限がつけられています。時間が経過するとマーケットプレイスから削除されます。

マーケットプレイスではオークションに比べて高値がつけられていることが多いです。popという独自通貨を使っているため安く見えますが、1pop=1ETHなので0.1popでも2,000円~3,000円になるため注意しましょう。

「Bitpet(ビットペット)」で楽しく遊んで稼ぐ!

ビットペットの最も大きな魅力はペットの可愛らしさでしょう。デフォルメされているウサギなので一見種類が少ないようにも見えますが、マーケットプレイスを覗くとかなりの種類が存在していることが確認できます。

体力や敏捷など5つのパラメータが設定されており、特に敏捷の高いペットは高値がつきやすくなっています。もし敏捷の高いペットを安く手に入れることができれば、自分で愛でるだけではなくレースで遊びながら稼ぎましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アルパカ

アルパカ

最近は日本でも仮想通貨で村おこしが出来るのか考えています。
PAGE TOP