BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

クリプトベースボール|ブロックチェーンゲームがメジャーリーグに進出!?

こんにちは。「SHIMAUMA DAPPS!」の運営者、垂水ケイ(@tarumi_kei)です。

現在のブロックチェーンゲームが抱える悩みのひとつが、プレーヤーの少なさです。

しかし、2018年7月にブロックチェーンゲームの認知度を爆発的に増やしてくれるポテンシャルを持ったゲームが発表されました!

それが今回紹介する「クリプトベースボール」です。

クリプトベースボールは、開発が発表されたばかりで詳しい情報はまだ出回っていません。2018年7月末の時点でわかっている情報をまとめます。

クリプトベースボールはどんなゲーム?

メジャーリーグのキャラクターがブロックチェーンに保管される

クリプトベースボールでは、メジャーリーグのキャラクターを使って、育成やバトルを楽しむことができます。しかも、ゲームで勝つと報酬がもらえます

「プロ野球スピリッツ」とか「パワプロ」とか好きな人は向いているかもしれませんよ!?

公式サイトから動画も見ることができるんですが、実際のゲームでも動画のようなグラフィックだったら、他のブロックチェーンゲームよりもかなり綺麗です。

ブロックチェーンゲームはまだまだ発展途上ですが、クリプトベースボールは「ゲーム」として楽しめるゲームになる可能性大です。

ブロックチェーンに保管されるとどうなる?

  • チートが極めて難しくなる。
  • キャラクターの所有権はプレーヤーにある。
  • 自由に売買できる。

ブロックチェーンの技術を使うことで、このような特徴をもちます。順番に解説しますね。

ブロックチェーンに保管されたキャラクターは、データを改変することが事実上不可能です。仮想通貨の取引をごまかせないのと同じだと思ってください。

『イチローのステータスは「打撃A、守備A」だよ』というデータを、ブロックチェーンを管理する人全員で承認するためです。『いやいや「打撃SSS、守備SSS」でしょ』みたいなデータ改変をしても承認されません。あくまでイメージですが。

ブロックチェーンに保管されていると、そのキャラクターにアクセスできるのは「秘密鍵」を持つプレーヤーだけです。これまでのゲームは運営のサーバーに保管されていたので、アカウント凍結や削除によってキャラクターを失うこともありましたが、ブロックチェーン上に保管されていればそれがありません。

保有権がプレーヤーにあるので、キャラクターの売買も自由にすることができます。今はスマホゲームのアカウント売買がヤフオクなどでされていますが、本当は禁止されていますからね。

人気の選手のキャラクターなんかは、高値がつく可能性が高いですね。ゲームをプレイしつつ、運がよければ稼げるかもしれない。ブロックチェーンゲームの醍醐味ですね!

クリプトベースボールは怪しい?

メジャー公式と提携

メジャーリーグのキャラクターや球団のロゴがサイトで使われていますが、「クリプトベースボール」はメジャーリーグとの提携を発表しています。

アメリカのヤフーニュースでも取り上げられていましたし、メジャーリーグの公式ツイッターがクリプトベースボールのツイートをリツイートしていたので、信憑性はまずまず高いと思います。

運営会社は実績がある

クリプトベースボールを作っているのは、Lucid Sightというゲーム開発会社です。これまで、ブロックチェーン以外のゲームの開発実績もありますし、同時並行で他に2本のブロックチェーンゲーム開発もしています。

CSCとCryptoConjureというブロックチェーンゲームなんですが、そのどちらも着実に開発が進んでいることを公式コミュニティで確認できます。実績・実力ともに安心できる運営会社です。

事前登録・紹介プログラムで選手をゲットしよう!

クリプトベースボールでは、事前登録と紹介プログラムで選手をゲットすることができます。
登録だけでゲットできる枠は埋まってしまったので、最低3人紹介しないともらえません

登録に必要なのは、「メールアドレス」「パスワード」「ETHアドレス」の3つです。

友人を誘って登録してみてはいかがでしょう。

事前登録はこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 垂水ケイ

 垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れてます。
PAGE TOP