BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

イーサリアムでクジラを飼育!?DApps「Fishbank(フィッシュバンク)」の特徴と遊び方は?

世界一のクジラを目指し、自分の魚を育てて戦う・交換するということが楽しめるゲーム「Fishbank(フィッシュバンク)がDAppsで公開されています。
CryptoKittiesにハマった人におすすめする、育成シミュレーションゲームです!

▼DAppsについて詳しくはコチラ

自分の魚を食べさせる!?

Fishbank(フィッシュバンク)は、魚を他のプレイヤーと戦わせたり、他の魚を食べさせたりして成長させていく育成シミュレーションゲームです。

Fishbank(フィッシュバンク)の魚は釣るか、購入するか

メタマスクをダウンロード

ゲームを始める前に、まずはイーサリアムウォレットのMetaMask(メタマスク)をダウンロードします。
ダウンロード後は、アカウント復元のためのシードフレーズを保存することをお忘れなく。

イーサリアム(Ethereum/ETH)

魚の入手方法

Fishbank(フィッシュバンク)をプレーするには、少なくとも1匹の魚が必要です。

メタマスクにログイン後、ゲーム画面から「My Assets」をクリックすると上記の画面になり、次の2通りの方法で入手できます。

1、Aquarium(水族館)で釣りをする
「Catch」をクリックすると1回0.03ETHで釣りをすることができます。
魚の珍しさによって釣れる確率は異なり、Rareが5分の1、Epicが50分の1、Legendaryが5,000分の1、Whaleが1,000,000分の1となっています。(最後は珍しさの区分ではなく、単に「クジラ」ですね)

2、「Market」で他のプレイヤーから購入する

「Market」をクリックすると上記の画面になり、他のプレイヤーから購入することもできます。
もちろん、自分の魚を売ることも可能です。
ちなみにこちらは「Market」の先頭画面ですが、右端に確率50分の1のEpicが0.067ETH(釣り2回分程度)で売られているので、外見にこだわらなければここで探すのもアリですね。

魚のパラメーターについて

上記の画面で右上のOzは魚の重さ、下側のPOWER(体力)とAGILITY(敏捷性)は他の魚との戦いにおいて攻撃力と防御力に関係し、SPEED(スピード)は次の戦いを仕掛けられるまでの回復の速さを表しています。

魚の育て方

魚の育て方も2通りあり、他の魚と戦わせるか、自分の他の魚を食べさせるというものになります。
戦いたい場合はホーム画面で「Attack」をクリックすると下記の画面になるので、相手の魚を選んでください。

戦いに勝つと魚の重さが増え、負けると減ってしまいます。
また、戦った後は一定のクールダウン期間があり、その間は戦うことができません。

パラメーターのSPEEDの値が大きいほど、クールダウン期間が短くなります。

魚を育てる二つ目の方法は、自分の他の魚を食べさせることです。
ホーム画面で「Aquarium」をクリックすると自分の所有している魚が映し出されるので、その魚を選んでから、「Unite(合体)」をさらにクリックしてください。
食べた側の魚は最大2倍にまで重さが増えます。
また、食べられた側の魚が食べた側の魚の重さ以下だった場合は、食べられた側はなくなります。

Modifier(調整剤)とChest(宝箱)について

他の魚と戦う際に、自分の魚のパラメーターを数日間上昇させるなどの効果を持つのがModifierです。
「Market」から「Modifier」をクリックして他のプレイヤーから購入するか、「My Assets」の「Get Chests」をクリックして購入してください。ランダムですが、Modifierを手に入れることができます。
Modifierの中には自分のパラメーターを上げるだけでなく、その効果を延長するエキストラタイム(Extra Time)や、一定期間相手の攻撃を受けないようにするフリーザ―(Freezer)があります。

Fishbank(フィッシュバンク)は革新的なブロックチェーンゲーム!?

「革新的なブロックチェーンゲームだ!大流行したCryptoKittiesは子猫を育てるだけだったが、バトルシステムを取り入れたFishbankは将来さらなる人気を集めるだろう」(SMALLCAPASYAより)とも言われているFishbank(フィッシュバンク)。
キャラクターもかわいらしいのも人気の理由です。

Fishbank(フィッシュバンク)はCryptoKittiesにハマった人におすすめ!

ネット上のレビューではCryptoKittiesとの比較が多く見られましたが、魚の重さという要素を取り入れたことで、魚の成長に奥行きが出ています。
他のプレイヤーとの戦いで相手の魚を食べたり、あるいは自分の魚同士で食べさせたりするという発想はなかなか珍しいですが、絵柄もよく見ると愛嬌があるので、とっつきやすいゲームなのではないでしょうか。
Whaleまでの道のりは長いですが、自分だけの魚を育ててみましょう!

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP