BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

650万円でカードが落札!?ブロックチェーンTCG「GOD UNCHAINED」とは?

こんにちは。「SHIMAUMA DAPPS!」の運営者、垂水ケイ(@tarumi_kei)です。

今回ご紹介するのは、カードの落札価格が650万円にも達したことで話題になっているトレーディングカードゲーム「GOD UNCHAINED」です。

ハースストーンやシャドーバースが好きな方にオススメのブロックチェーンゲームです。

▼DAppsについて詳しくはコチラ

GODS UNCHAINEDはどんなゲーム?注目のポイントは?

  • 相手のライフをゼロにしたら勝ちの、ターン制トレーディングカードゲーム
  • カードはブロックチェーンに保管されるので、自由に売買できるようになる
  • eスポーツとして世界大会が開催予定
  • プレセールの売れ行き・話題性がバツグン

GODS UNCHAINEDは、ブロックチェーンの技術が使われたトレーディングカードゲームです。シャドウバースやハースストーンをプレイしたことのある方は、それをイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

これら従来のゲームとの違いは、カードデータが運営のサーバーではなく、プレーヤーのみがアクセス可能なブロックチェーン上に保管される点です。カードデータの所有権がプレーヤーに帰属するため、カードデータの売買やトレードが可能になります。マジックザギャザリングや遊戯王の実在するカードが売買できるのと同じですね。

GODS UNCHAINEDのロードマップを見ると、eスポーツの大会が予定されています。プレセールで集めたお金が賞金としてプールされるんですが、この1週間を見ただけでも800ETH(3200万円)以上も売り上げています。相当な賞金になりそうですよね!

ブロックチェーンゲームはまだまだ認知度が低いんですが、この魅力的な賞金のおかげでプレーヤー数はどんどん増えてきてくれそうです。プレーヤーが多ければそれだけマーケットも活発になりますからうれしいですね。

シャドバやハースストーンのガチ勢の方は、これまで培ったノウハウを活かせるのでうらやましいです。ブロックチェーンゲーム業界が盛り上がったらうれしいので、是非とも参戦してみてください。

GODS UNCHAINEDの簡単なルール説明

  • デッキは30枚固定。ゴッドを選び、それに対応した属性のカードで構築する。
  • 相手のライフを先にゼロにしたほうが勝ち。
  • マナの最大が毎ターン増えていき、マナを消費してカードをプレイする。
  • マナは毎ターン回復する。
  • カードの種類は「クリーチャー」「スペル」「ウェポン」の3種類

GODS UNCHAINEDの試合はターン制、1対1です。コンセプトとなる「ゴッド」を選択し、ゴッドに関連する属性またはどのゴッドでも使える属性の2種類のカード30枚でデッキを構築します。

カードには「クリーチャー」「ウェポン」「スペル」の3種類があり、これらのカードを駆使して相手のライフを先にゼロにした方の勝ちです。

カードを使用するためには「マナ」を使用します。マナの最大値は毎ターン増えていき、ターンの始めに回復します。

序盤は低マナのカードを中心に展開し、後半は高マナのカードで戦況を大きく変えていきます。各マナ毎のバランスは非常に難しいですが、デッキを構築して試していくうちに、しっくりくるバランスが見つかると思います。

GODS UNCHAINEDのプレセールに参加してみよう!

プレセール概要

GODS UNCHAINEDは、現在プレセール中で、限定のジェネシスパックを購入することができます。本リリース後には、パックの購入なしでもプレイできるようですが、ジェネシスパックの再販はないのでご注意ください。レアなカードはもちろん、強いカードにも後々高値がつく可能性は十分にあります。私もすでに数万円分購入済みです。

パックを買うなら、一番安くて枚数を増やせるレアパック(0.012ETH)がオススメです。たくさん買いこめます。もちろん狙うのは650万円の値がついた「ミシック」という最高レア度のカードです。これをひいた方は、是非教えてください。

シャイニーカードと呼ばれる、いわゆるキラカード的なものもあります。「シャドウ」「ゴールド」「ダイヤモンド」の3段階です。通常のカードよりも出にくくなっているので、レジェンダリーのダイヤモンドなんて引き当てちゃったら・・・

カードがダブった時は、同じシャドウを5枚集めれば、ワンランク上のゴールドにコンバートすることもできます。ゴールド5枚ならダイヤモンドです。無駄にはならないので、たくさん買っても安心です。

カードの購入方法

GODS UNCHAINEDはブロックチェーンを利用したゲームなので、カードの購入は仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)で行います。また、通常のブラウザでは仮想通貨による支払いができないため、METAMASKという仮想通貨の支払い機能を持ったアドオンをgoogle chromeにインストールします。

スマホの方は、Trust walletを使ってください。play storeにMETAMASKが出現することがありますが、公式のものではないので、絶対に使わないでください。

METAMASKをアンロックした状態(スマホならTrust)で、公式サイトにアクセスします。
公式サイトへアクセス

右上の「GET PACKS」からこちらの購入画面にきます。

4つの中からレアリティを選び、数量を決めて「BUY」をクリックします。METAMASKの支払い画面がポップアップされるので「確認」をクリックして、支払いをします。

右上の「OPEN CARDS」からパック開封画面にきます。

購入したカードパックを石板の中心にドラッグアンドドロップすると、カードが開封されます。

開封後のカードは、メニューの「INVENTRY」から確認できます。レアリティ、属性、シャイニーなどでソートが可能です。

まとめ:カードゲーム好きならGODS UNCHAINEDに参戦してみよう!

ブロックチェーンの技術を使ったTCG「GODS UNCHAINED」についてまとめました。

シャドバやハースストーンに似たゲームシステムで、実在するカードのようにデータを取引できるってすごくないですか。

プレセールの売れ行きから考えると、これからどんどん盛り上がってきそうなゲームなので、TCG好きなら是非参加してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 垂水ケイ

 垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れてます。
PAGE TOP