BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

アクションゲーマー必見!ブロックチェーンRPG「9LIVES」とは?

こんにちは。「SHIMAUMA DAPPS!」の運営者、垂水ケイ(@tarumi_kei)です。

今回ご紹介するのは、9月12日にKickstarterでの資金調達を間近に控えた期待のアクションRPG「9LIVES」です。

ダークソウルの対人戦のような、1vs1のアクションゲームが好きな方はオススメです。他のブロックチェーンゲームと比べても、グラフィック・ゲーム性のどちらもレベルが高く、かなり期待のできるゲームです。

▼DAppsについて詳しくはコチラ

9LIVESはどんなゲーム?注目のポイントは?

9LIVESは1対1の対人戦がメインとなるアクションRPGです。素材やアイテムを調達して、武具を作ったり、トレーニングでヒーローの育成をすることができます。

他のゲームにはない特徴は、9つのライフを失ったヒーローは永遠に使用できなくなること。ヒーローはブロックチェーン上に保管されており、永遠に使用できなくなったこともバッチリ記録されてしまいます。

従来のゲームのように「セーブして巻き戻し」みたいなことは絶対にできないんです。他のゲームにはない緊張感が味わえそうですね。

注目のポイントは、なんといってもキモカワなサポートキャラクター「Ooogie」です!

自分がゲームにログインしていないときでも、スマホから指示を出して採掘やクラフティングをしてくれるようになるそうです。9月から始まる資金調達のリターンの中にもOoogieが入っています。

ヒーローは9つのライフを失ったら永遠に戻ってきませんが、Ooogieは死なないので安心です。対戦を有利に進めるための心強い相棒になってくれること間違いなしです。

9LIVESの特徴

9LIVESでは、ヒーロー・装備・Ooogieなどはブロックチェーン上に保管されます。所有権はプレーヤー自身にあり、チートで強い武器を作ったり、不正にアイテムを増殖させたりすることができなくなっています。

9LIVESの開発には、ブロックチェーンゲームを開発するためのプラットフォーム「ENJIN」が使われており、 ブロックチェーン上に保管されているアセットはERC1155という規格のトークンです。ヒーロー+装備のように、トークンをひとまとめにしてやりとりできることがこの規格の特徴です。

ENJINを利用したゲームは続々と増えてきており、かなり注目度の高いプラットフォームです。

9LIVESのKickstarterについて

9月12日から、Kickstarterにて資金調達を行う予定にしています。

これまでのゲームではプレセールやICOによる資金調達が多かったんですが、9LIVESでは仮想通貨を知っている人以外にもアプローチするため、透明性を確保するためにKickstarterを利用することにしたそうです。運営にインタビューする機会に恵まれたので、教えてもらいました。

Kickstarterの参加特典は、「ゲームの割引」「アルファ版のプレイ権」「限定アイテム・キャラ」となっています。

私は限定Ooogieをゲットしたいので、金額次第で参加する予定です!

まとめ:アクションゲーマーはKickstarterに参加してみては!?

期待のブロックチェーンゲーム「9LIVES」について紹介しました。

本リリースが2019年春とだいぶ先になっているのが残念ですが、現状発表されているブロックチェーンゲームの中では最先端を突っ走っているゲームなのは間違いありません。

アルファ版から参加してみたい方は、Kickstarterに参加してみてはいかがでしょう。

公式サイト:https://www.9livesarena.com
公式Telegram:https://t.me/NineLivesArena

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 垂水ケイ

 垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れてます。
PAGE TOP