BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

MLB Cryptobaseballが開幕!メジャーリーグが好きならプレイしてみよう

こんにちは。「SHIMAUMA DAPPS!」の運営者、垂水ケイ(@tarumi_kei)です。

メジャーリーグと提携したことで話題になったDApps「クリプトベースボール」が実際にプレイできるようになりました!

DApps初心者にもオススメできて、DAppsらしさも味わえるイチオシのゲームです。

・クリプトベースボールは何をするゲーム?
・いくらくらいで遊べるの?
・稼げるの?
・どうやってプレイするの?

このあたりをまとめて解説します!

▼DAppsについて詳しくはコチラ
DApps(分散型アプリケーション)とは?読み方や概要、おすすめのゲームを紹介。仮想通貨やイーサリアムの将来を担う!?

DApps「クリプトベースボール」とは?

クリプトベースボールはメジャーリーグで活躍する選手のフィギュアを集めてチームをつくるゲームです。フィギュアはブロックチェーンに保管されており、他のブロックチェーンゲーム同様に自由に売買してETHを稼ぐことができます。

クリプトベースボールが特徴的なのは、実際のメジャーリーグの試合の結果を反映して報酬がもらえる点。

報酬の仕組みを簡単に説明しますね。

実際の試合で勝つと報酬ゲット!

あなたの作ったチームが実際の試合で勝利すると報酬として新しくフィギュアがもらえます。

例えば、レッドソックスのフィギュアでチームをつくり、レッドソックスが試合で勝てば報酬ゲットのチャンスを獲得します。

イベント次第で追加報酬ゲット!

フィギュアにはそれぞれイベントが設定されており、実際の試合でそのイベントが発生すると報酬がもらえる仕組みです。

「5ヒット」のイベントをもつフィギュアがチームに入っていて、実際の試合でヒットが5回出て条件が達成されると報酬をもらうことができます。

イベントには比較的発生しやすいものから、「パーフェクトゲーム」のようにかなり確率の低いイベントもあります。イベントの発生確率が低いほど、もらえる報酬のレア度もアップするようになっています。

クリプトベースボールはいくらで遊べる?

DAppsは基本的に課金必須なゲームです。クリプトベースボールも例外ではありません。

・フィギュアを買う:0.01~0.02ETHくらい
・チームを作る:0.001ETH
・報酬を受け取る:0.004ETH

手数料はこのようになっており、それぞれのトランザクション手数料が別途発生します。

フィギュアは1体からでもチームを作ることができますが、9体フルポジションそろえておくと勝利報酬が100%になります。

3体×2チーム作って遊ぶとすると、だいたい0.2ETHくらいかかります。報酬をもらってチームを拡張していっても、0.2ETHくらいあればそこそこ遊べるゲームになっています。

クリプトベースボールの始め方

選手のフィギュアを購入する

ゲームをプレイするためには、チームをつくるためのフィギュアが最低でも1体必要です。公式のマーケットプレイスで購入しましょう。購入のためにはETHを入金したMETAMASKかTRUSTなどのDAppsブラウザが必要です。アンロックした状態で公式ページにアクセスしましょう。

クリプトベースボール公式マーケット

選手を買うときには、チームのフィルターと並べ替え機能を使うと探しやすいですよ!最初始めるときには「Cheapest first(安い順)」で並べることをオススメします。傾向としてはピッチャーがポジション被りしやすい分、安くマーケットに出回っています。

同じチームのピッチャーを2体買っても配置できないので、ポジションはばらけるように買ってください。

ゲームカードを作る

選手を揃えたら、ゲームカードを作成します。ゲームカードの作成とは、選手をポジションに配置してチームを作ることで、最低1体・最大9体のフィギュアをそれぞれのポジションに配置します。

このとき、選手が持っているアトリビュート(イベント)も一緒にゲームカードに登録され、実際の試合で登録されたイベントが発生したら報酬をもらうことができます。

ゲームカードの作成は「GAME PLAY」から行います。保有しているフィギュアをポジションに配置して、「CREATE CARD」をクリックし手数料の0.001ETHを支払えば準備完了です。あとは実際の試合が終わり結果が出るのを待ちましょう。

試合に勝ったら報酬をもらおう!

試合に勝ったりアトリビュートの条件を達成すると報酬としてフィギュアがもらえます。受け取りには0.004ETHと地味に手数料がかかります。手数料が無料だと、マーケットのフィギュア価格がどんどん下がってしまいますからちょうどいいくらいの価格設定だと思います。

受け取り方を説明しますね。
メニューの「REWARD」から報酬受け取り画面にいき、「CLAIM REWARD」をクリックします。手数料を支払えば手続きは完了です。

現在はサーバーに負荷がかかっており、自分の画面に報酬が反映されるまでに1日かかることもあります。運営が頑張って対応しているようなので、優しい気持ちで気長に待ちましょう。

報酬を売却してETHを稼ごう!

あなたの保有するフィギュアは、自由に売買することができます。マーケットプレイスで相場を調べながらうまく売却できれば、多少ETHを稼ぐことができます。

比較的売却しやすのはブロンズ以上のレアリティのフィギュアや人気チームで価格の安いピッチャー以外のポジションのフィギュアです。

売却方法はとっても簡単。
メニューの「PLAYERS」から売却したいフィギュアを選択し、中段の「SELL」から売却条件を設定します。指定した期間で徐々に価格が下がっていく逆オークション方式なので、「Starting Price」にオークション開始価格、「Ending Price」にオークション終了時の価格、「Duration」に開始価格から終了価格になるまでの期間を入力します。

最後に「CREATE SALE」をクリックし、トランザクションを承認すれば出品完了です!あとは売れるのを待ちましょう。

まとめ:メジャーリーグが好きなら是非プレイしてみよう!

クリプトベースボールでは、試合に勝ったり、自分で作ったチームのイベントが達成されると報酬をゲットすることができます。これまでよりも、試合の行方が気になること間違いなしです。

メジャーリーグが好きなら、是非プレイしてみてくださいね!

クリプトベースボール公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 垂水ケイ

 垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れてます。
PAGE TOP