国産DApps「コントラクトサーヴァント」の特徴とプレセール参加方法

こんにちは。「SHIMAUMA DAPPS!」の運営者、垂水ケイ(@tarumi_kei)です。

10月に入ってから、日本でもDAppsが徐々に増えてきています。現時点で話題になっているのは「マイクリプトヒーローズ」ですが、今後もメタップスの「DIGSTAR」やアクセルマークの「コントラクトサーヴァント」が控えています。

そこで今回は注目の国内DAppsとして、コントラクトサーヴァントを紹介します。

コントラクトサーヴァントはブロックチェーンの技術を利用したトレーディングカードゲームです。ゲームの特徴や注目している理由も解説しますので、興味が湧けばプレセールへの参加も是非検討してみてください。

見込みのあるゲームのプレセールに参加して、後から売却するというのは、DAppsで稼ぐ王道パターンですからね。

▼DAppsについて詳しくはコチラ
DApps(分散型アプリケーション)とは?読み方や概要、おすすめのゲームを紹介。仮想通貨やイーサリアムの将来を担う!?

コントラクトサーヴァントとは?

開発・運営はアクセルマーク

コントラクトサーヴァントは、Blockchain Game Infoを運営する、アクセルマークが開発中のDAppsです。アクセルマークはもともとスマホアプリの開発・運用や広告関連の事業をしている会社です。

DAppsを開発するためには、当然資金が必要です。すでに他の事業で収益を上げていて開発体力のある企業ですから、「プレセールだけやって消える」といったリスクは比較的低いです。

残念ながら、国内DAppsでもプレセール後に開発が思うように進まず、返金騒動になったゲームもあります。これからプレセールへの参加を検討するのであれば、運営元のチェックは欠かさないようにしたいところです。

ブロックチェーンを利用したトレーディングカードゲーム

コントラクトサーヴァントはでは、サーヴァントと呼ばれるカードを使って戦います。サーヴァントは一部を除いてブロックチェーンに保管されます。

ブロックチェーンに保管されているアセットは、OpenSeaなどのブロックチェーンアセット用のマーケットプレイスを使って売買することができることがほとんどです。コントラクトサーヴァントでも同じようになれば、カードを売買して稼ぐこともできます。

プレセールで販売されるカードもブロックチェーンに保管されるので同じように売買できるようになる可能性があります。売却できるようになって、コントラクトサーヴァントの人気が出れば、プレセール購入価格以上の値段でサーヴァントを売却できる可能性があります。

ゲーム概要

コントラクトサーヴァントは、5マスx3列のマス目に、8枚のサーヴァントを配置して対戦するカードゲームです。

サーヴァントには、「所属」「国」「職業」「見た目」「行動順」「攻撃範囲」「スキル」が定められており、ランダムな組み合わせでサーヴァントのカードが成り立っています。そのため、従来のカードゲームのように、「最強デッキのテンプレ」のようなものがなくなります。スキルや攻撃範囲などを自分なりに考えてデッキを組まなければなりません。

あれこれ考えるのが好きなカードゲーム好きには、むしろこちらの方が楽しめるかもしれませんね。

さらに、サーヴァントは配合によって新しく生み出すこともできます。親となるサーヴァントの特徴を引き継ぐのであれば、強いスキルや攻撃範囲を持っているサーヴァントの価値は高まりますね。単純にカードゲームの試合の勝敗だけでなく、ブリーダー的な楽しみ方もできそうです。

コントラクトサーヴァントに注目している理由

仮想通貨がなくてもプレイできる

ブロックチェーンに保管されない、無料のサーヴァントも用意される予定になっています。そのため、仮想通貨を持っていないプレーヤーであっても、コントラクトサーヴァントを楽しむことが可能です。

「仮想通貨を持っている」ことは、プレーヤーを増やすための大きなハードルになります。コントラクトサーヴァントではそれが解消されるため、これまでのDAppsにはないレベルでの一般ゲーマー流入が期待できます。

公式ツイッターが親切

コントラクトサーヴァントは公式ツイッターを運営しており、プレーヤーからの質問があればしっかりと回答してくれています。ゲーム開発の進捗やゲームの内容もちょくちょくつぶやいてくれています。

公式のツイッターは、プレーヤーのコミュニティを成長させていくために重要な要素のひとつですから、公式ツイッターが親切であることは評価すべきポイントだと思っています。

コントラクトサーヴァントの公式ツイッター

単純にゲームが面白そう

これまでのDAppsは課金するほど強い課金ゲームであったり、そもそも面白くないゲームがたくさんありました。コントラクトサーヴァントは、DAppsらしくバトルはオートで進みますが、スキルや攻撃範囲、設置場所など、戦略的に考えるポイントが非常にたくさんあります。

こういったタイプのゲームは、課金額以上に戦略の立て方が重要になってきます。弱いカードでも考えなしの課金デッキを打ちのめすことができるって、気持ちよくないですか?

テンプレデッキのないトレーディングカードゲームというのも珍しく、自分で試行錯誤しながらデッキを構築していく楽しみも味わえそうです。

コントラクトサーヴァントのプレセール

プレセール概要

プレセールでは、レベル・進化度がMAXな状態となったサーヴァントが販売されます。限定100枚程度なので、場合によっては一瞬で売り切れるかもしれません。

気になる価格は、「ダッチオークション」とよばれる、価格が徐々に下がっていく方式のオークションで決められます。安く買うためには待たなければいけないが、待っていたら売り切れてしまうかもしれない、というオークションです。

プレセールの参加方法

コントラクトサーヴァントのプレセールに参加するためには、アクセルマークのプレセール予約プラットフォーム「PlayDApp」に登録する必要があります。

やり方を簡単に説明しますね。

METAMASKを起動した状態でPlayDAppにアクセスし、画面右上の「新規登録」から登録を済ませます。登録に必要なのは、「ニックネーム」「メールアドレス」「パスワード」です。

DApp一覧からコントラクトサーヴァントを選び、「プレセール通知を受け取る」をクリックします。これだけで終了です。登録しておくと、リリース後にコモンサーヴァントを1枚もらえます。

コントラクトサーヴァントは、期待の国産DAppsです。トレーディングカードゲームが好きなゲーマーはプレセールへの参加も検討してみてはいかがでしょう。

コントラクトサーヴァント公式ホームページ

 垂水ケイ

 垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れてます。