BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

イーサリアムでカードバトル!?DApps「コントラクトサーヴァント -CARD GAME-」の特徴と遊び方は?

DAppsには対戦型ゲームがたくさんありますが、その多くは1対1、もしくはチームバトルでも、キャラクターの配置にまで細かくこだわったものはそれほどありません。
20種類ものステータスを備えた美しいサーヴァントたちが、チームバトルを繰り広げるトレーディングカードゲーム「コントラクトサーヴァント -CARD GAME-」をご紹介します。

コントラクトサーヴァントとは?

コントラクトサーヴァントは様々なサーヴァント(カード)でデッキを組み、他のプレイヤーと戦うトレーディングカードゲームです。マーケットプレイス以外のバトルなどを、ブロックチェーン上ではなくオフチェーンで行なうなど、ゲームにかかる費用を抑えたシステムになっています。

コントラクトサーヴァントの遊び方

ゲームを始める前に、まずイーサリアム(Ethereum/ETH)ウォレットのMetaMask(メタマスク)をダウンロードしてください。

サーヴァントについて

コントラクトサーヴァントはさまざまなサーヴァントが存在します。
上記画面はサーヴァントの一例ですが、画面下部左側の『HP』、『POW(攻撃力)』、『DEF(防御力)』、『DEX(敏捷性)』の他に、下部右側には『SKILL(スキル)』や『TARGET(ターゲット)』など、名前の他に計20種類ものステータスが存在し、かなり細かい戦略がバトルに必要になることが予想されます。

サーヴァントは2体を掛け合わせることで、新たな1体を手に入れることができます。元のサーヴァントのレベルが高いほど、次の1体のレベルも高いものが生まれます。
バトルでレベルを上げていく以外にも、この掛け合わせによって強いカードを作ることができるということですね。
また、バトルで獲得できるゲーム内通貨を使ってサーヴァントを強化することも可能です。

バトルについて

本作のバトルは上記画面のように縦5マス×横3マスのスロットにカードを配置して行ないます。サーヴァントのステータス画面右下の『TARGET』にも同じマス目が描かれており、その効果範囲を考慮した陣形を組むことになります。
デッキ枚数は8枚で、サーヴァントのステータス同様、カードの枚数も多くなっています。

バトルが手動だとある程度の長期戦になるかもしれませんが、本作のバトルはオフチェーンで行なわれるのでコストは抑えられています。

ステータスに注目!

どの画面を見ても1枚1枚丁寧に描かれた美しいグラフィックが目につきますが、本作コントラクトサーヴァントで注目すべきはその細かいステータスでしょう。

通常のカードゲームではあまり見られない『SIN(罪)』や『FAITH(信仰)』などは、ゲーム展開にどのような影響を与えるのか予想もつかない文字が並んでいます。
現在(※2018年10月)はプレセール段階で、レベルとEVO(進化度)が最大というサーヴァントが販売されています。

正式展開の時期は未定ですが、魅力あふれるキャラクターと深い戦略性を兼ね備えたゲームになることを期待したいですね。

この記事に関連するタグ

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP