BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

戦略的モンスターバトル!CryptoandDragonsとは?

こんにちは。「SHIMAUMADAPPS!」の運営者、垂水ケイ(@tarumi_kei)です。2018年3月からブロックチェーンゲームにどハマりしており、最近はゲームを中心に情報を発信しています。

今回、BITDAYSさんで私の注目しているゲームを紹介させていただくことになりました。

第1回目は、レトロなデザインがナイスで戦略性の高そうなブロックチェーンゲーム「CryptoandDragons」を紹介します。

ブロックチェーンゲームを始めて知る方でも大丈夫なように、基本的な内容を交えつつまとめます。

ブロックチェーンゲームとは?

ブロックチェーンゲームは、その名の通りブロックチェーンの技術が使われているゲームです。猫育成ゲームのクリプトキティーが有名で、猫のデータが数百万で売買されていることから話題になりました。

ブロックチェーンゲームには次のような特徴があります。

•ゲーム内の通貨が仮想通貨。
•モンスターやアイテムがブロックチェーンに保管される。
•廃課金ゲーが多い。
•仮想通貨が稼げることもある。

ブロックチェーンゲームはイーサリアムベースで作られていることが多く、ゲームの通貨がETHやETHトークンになっています。クリプトキティーの猫もETHで取引されています。

ブロックチェーンゲームのモンスターやアイテムは、トークンと同じようにブロックチェーン上に記録されます。これによって、仮想通貨と同じようにゲームデータ自体がアセット(資産)としての価値を持つようになります。ブロックチェーンアセットとかクリプトアセットとか呼ばれています。

一番の特徴は、とにかく廃課金ゲーであること。1回ガチャを回すのに0.1ETH(1ETH=7~8万円;2018年5月11日)かかるなんてこともザラにあります。それでもプレイしてしまうのは、仮想通貨が稼げる可能性があるからです。

CryptoandDragonsはどんなゲーム?

CryptoandDragons(長いのでクリドラと呼びます)は、モンスターを育成・トレード・バトルさせるブロックチェーンゲームです。クソゲーの多いブロックチェーンゲームの中で、デザインとゲーム性がよさげだったので、注目しています。

本リリースはまだされておらず、バトルのデモとモンスターの卵(ガチャ)のプレセールが実施されています。

現状で出ている情報をもとに、ゲームを紹介します。

ドット絵のレトロなデザインが素敵

ゲームデザインは基本的にドット絵で、スーファミ世代が懐かしく感じるようなレトロなデザインになっています。最先端技術のブロックチェーンと、レトロな雰囲気のミスマッチ感が逆に素敵だと思いませんか。

3vs3のモンスターバトルの奥が深そう

クリドラで特徴的なのはバトルシステムです。
3体のモンスターを選択し、5ターン分の行動をあらかじめセットしてからバトルに入ります。属性や状態異常などもあり、相手のモンスターを見ながら行動を選ぶ必要があるため、単純な攻撃力の大小だけで勝敗が決まるようなゲームではありません。
ただ、バトルシステムはまだ実装されておらず、デモ版でプレイするのみとなっています。後ほどデモ版のプレイ方法も紹介しますね。

モンスターはブロックチェーン上に保管される

クリドラのモンスターはブロックチェーン上に保管され、あなた自身が保有することができます。
従来のゲームでは、モンスターなどのデータは運営会社のサーバーに保管されています。サーバートラブルであなたのデータが消えてしまうリスクがありましたが、ブロックチェーンゲームではありません。
仮想通貨と同じように価値を持ちますから資産として保有できます。ただし、価値の大小はもちろんあって、ゲームをプレイする人がいなくなったり、運営会社が潰れれば価値は小さくなります。

ゲーム内通貨「DTT」がある

クリドラでは、DTTというトークンがゲーム内の通貨になっています。
現時点ではモンスターの卵を買った時やアフィリエイトのボーナスとして配布されており、卵を買うために使うことができます。将来的に、バトルやモンスターの売却でDTTを稼ぐことができるようになれば、ゲームをプレイしながら稼ぐことができるようになるかもしれません。
「稼げる!?」と話題になったゲームには人も集まりやすいため、注目ポイントになっています。

CryptoandDragonsのデモ版をプレイしてみよう!

公式ページからデモ版がプレイできます。ブロックチェーン上に乗っていないため、完全無料でプレイできます。通常はMETAMASKをインストールしたgooglechromeやTrustなどのWEB3.0と呼ばれる、イーサリアムのウォレットとインターネットブラウザが一体化したものを使わなければいけませんが、これはデモなので大丈夫です。

クリドラでは、バトルの前に5つの「アタックスロット」を埋めます。アタックスロットは、攻撃の指示のようなもので、攻撃するモンスターと攻撃方法を選択します。

アタックスロットの空き枠をタップした後にモンスターを選択して、スキルを選びます。スキルには状態異常のつくものがあったり、次に使えるまでの「リチャージ」があったりとなかなか複雑です。

5枠埋めて「バトル」をタップすれば、バトルシーンが楽しめます!

正直最近のスマホゲームと比べると「何が楽しいの?」ってなると思います。数々のブロックチェーンゲームのクソゲーに触れていないと感動は小さいかもしれません。

ただ、他のブロックチェーンゲームと比べると明らかにクオリティー高めです。

CryptoandDragonsのプレセールに参加してみよう

クリドラでは現在モンスターの卵のプレセールを実施中です。
モンスターには種族値と個体値(ゲーム中では遺伝値と記載)があり、プレセールでは強い個体値のモンスターが生まれやすくなっています。スーパーレアの上のモンスターをゲットできれば、マーケットがリリースされた時に高く売れるかもしれません。プレセールの参加にはMETAMASKをインストールしたgooglechromeとETHが必要です。METAMASKとは、ETHウォレットの機能を持っています。googlechromeにインストールすることで、ブロックチェーンゲームで発生する支払いをMETAMASKからすることができます。

METAMASKのインストールはこちら(googlechromeでアクセスしてください)

インストールできたらMETAMASKにETHを送金してください。卵は1個0.1ETHです。gas代(イーサリアムのネットワーク手数料)の支払い分を加味して、少し余分に送っておくといいですよ。
ゴールドかプラチナの卵を買うと、1個あたり5DTTがもらえます。つまり、ブルースターエッグが買えちゃいます。他のゲームのプレセールと比べると、ちょっとお得な気がします。

まとめ

CryptoandDragonsについてまとめました。
今はまだプレセール中ですが、マーケットやバトル環境が整ってきて、ゲーム内通貨のDTTが稼げるようになってくれば一気に盛り上がるんじゃないかと期待しているゲームです。
珍しく日本語にも完全対応しているゲームなので、プレイのハードルは比較的低くなっています。
気になった方はとりあえずバトルデモをプレイしてみて、可能性を感じたのであればプレセールにも参加してみてはいかがでしょうか。

関連記事

DApps(分散型アプリケーション)とは?読み方や概要、おすすめのゲームを紹介。仮想通貨やイーサリアムの将来を担う!?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
 垂水ケイ
ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れてます。
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial