メタバースで暗号資産(仮想通貨)が使える!関連性や取引方法も紹介

メタバースで暗号資産(仮想通貨)が使える!関連性や取引方法も紹介

最近、注目を集めているテクノロジーの一つにメタバースがあります。

メタバースは、主にゲームで取り入れられていることが多いですが、実はメタバースでは暗号資産が使用できるのをご存じでしょうか?

この記事では、メタバースと暗号資産の関連性についてや、取引方法などを紹介します。

メタバースとは?

メタバースとは?

メタバースとは、インターネット上に構築された仮想空間のことであり、自分の分身である「アバター」を使って、他のユーザーとコミュニケーションを取ることができます。

また、メタバース上で買い物ができるサービスが展開されており、他にも次のようなシーンでも活用が検討されています。

  • リモート会議
  • 探索・探検
  • ゲーム
  • バーチャルライブ
  • トーク
  • メタバースには、現実世界では実現できないことを体験できるというメリットがあります。

    メタバース上で仮想空間上の土地やアイテムの売買をすることもでき、バーチャルオフィスやバーチャル店舗を構えることも可能です。

    また、メタバースはイベントの会場としても最適で、現実で開催するイベントとは異なり、コストを抑えて会場を準備できる点が魅力です。

    メタバースでも使える暗号資産(仮想通貨)とは?

    メタバースでも使える暗号資産(仮想通貨)とは?

    暗号資産とは、円やドルといった法定通貨とは異なり、インターネット上でやり取りできる財産的価値のことを指します。

    紙幣や硬貨など有形として取引されている法定通貨に対し、暗号資産は電子データとして存在しています。

    また、暗号資産は法定通貨と同様に、次のような取引が可能です。

  • 交換
  • 決済
  • 送付(送金)
  • 融資
  • 投資目的として注目を集めている暗号資産ですが、日本でも暗号資産を用いた決済の導入が進んでいます。

    暗号化技術を取り入れており、公開鍵暗号やハッシュ関数などによって、偽造や二重払いを防止できるというメリットもあるのです。

    メタバースと暗号資産(仮想通貨)の関係性

    メタバースと暗号資産(仮想通貨)の関係性

    メタバースは、2000年代前半から主にゲーム業界で導入されていました。

    全世界がオンラインでつながるメタバースゲームでは、世界共通の通貨が必要になります。

    世界で通用する米ドルを採用する手もありますが、インターネット上で取引できる共通通貨として、暗号資産が使われるようになったのです。

    また、暗号資産自体が世界的に普及して、活発に取引されていることも、メタバースと暗号資産の関係性を深めています。

    メタバース内で暗号資産を使用する方法

    メタバース内で暗号資産を使用するためには、まずは取引所や販売所で暗号資産を購入しましょう。

    取引所や販売所の口座開設は、無料で行うことができます。

    また、購入した暗号資産を保有する際は、ウォレットが必要になります。

    ウォレットとはその名の通り財布であり、ウォレットをメタバースと連携することで、メタバース内で暗号資産を利用することができます。

    メタバースで暗号資産(仮想通貨)を使用する際におすすめの口座

    メタバースで暗号資産(仮想通貨)を使用する際におすすめの口座

    ここでは、メタバースで暗号資産を使用する際におすすめの口座を5つ紹介します。

    Coincheck

    Coincheck

    Coincheckは、金融庁に登録されている暗号資産取引所です。

    マネックスグループの子会社かつ運営に信頼性があり、取引画面が見やすい点も評価されています。

    また、2021年12月現在、取り扱い通貨数が国内の暗号資産取引所の中でも最も多く、アルトコインの取り扱いが多いのも特徴です。

    Coincheckについて詳しい記事はこちら

    DMM Bitcoin

    DMM Bitcoin

    DMMグループの暗号資産取引所であるDMM Bitcoinは、DMM FXを運営している実績から、トレードアプリが非常に使いやすく設計されています。

    スマートフォン用アプリは、シンプルな取引画面で簡単に売買が行える「STモード」や、チャート画面のカスタマイズや高度な取引が可能な「EXモード」が用意されており、初心者から上級者まで使いやすい仕様となっています。

    取り扱う暗号資産の数が多いため、プレーしたいゲームで使用できる暗号資産を購入しやすいというメリットがあります。

    また、アルトコインのレバレッジ取引ができる点も特徴です。

    DMM Bitcoinについて詳しい記事はこちら

    BITPoint

    BITPoint

    BITPointでは、現物取引にかかる手数料がすべて無料な点が評価されており、入出金手数料や口座管理料なども無料としています。

    また、現物取引に限らず、レバレッジ取引やレンディングサービスも利用可能です。

    取引で使うツールは、初心者から上級者まで使いやすいスマートフォン用アプリの他にも、現物取引やレバレッジ取引、「TradingView」を利用したチャート表示・分析が可能なWeb取引ツールもそろっています。

    また、セキュリティを強化するために次のような対策を実施しています。

  • 2段階認証
  • 不正アクセスなどのメール通知
  • ユーザーが保有する暗号資産をコールドウォレットで管理
  • BITPointについて詳しい記事はこちら

    bitFlyer

    bitflyer ロゴ

    bitFlyerは、株式会社bitFlyerが運営する暗号資産取引所です。

    日本では、SMBCベンチャーキャピタルやみずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタルといった著名な企業が出資していることで知られています。

    取り扱う暗号資産の数が多いだけでなく、自動購入サービスやTポイントビットコインへ交換できるサービスもあり、初心者にもおすすめの取引所です。

    bitFlyerについて詳しい記事はこちら

    GMOコイン

    GMOコイン

    GMOコインは、2017年に金融庁から暗号資産交換業者として認可を受けている取引所です。

    アルトコインを含む暗号資産の現物売買とレバレッジ取引が可能です。

    また、口座開設、即時入金、日本円の出金、暗号資産の預入・送付など、各手数料がすべて無料となっているのも魅力です。

    口座開設から取引まで最短10分とスピーディーなため、すぐに取引を開始したいという方にもおすすめです。

    GMOコインについて詳しい記事はこちら

    メタバースで現実世界のような暗号資産(仮想通貨)取引もできる

    メタバースで現実世界のような暗号資産(仮想通貨)取引もできる

    メタバースでは、現実世界と同様に暗号資産取引もできるのが魅力です。

    メタバースを用いたゲームの中には、ゲーム内で使用できる独自のトークンが発行されることがあります。

    このトークンは、ゲーム内で多くのユーザーを集めれば価値が高まる傾向があるのです。

    これにより、価値が高まることを目的としてメタバースに投資する方もいます。

    メタバースと暗号資産(仮想通貨)は深い関係がある

    メタバースと暗号資産(仮想通貨)は深い関係がある

    メタバースと暗号資産には、実は密接な関係があります。

    特に、メタバースを採用したゲームでは、アイテムの売買などで暗号資産が欠かせません。

    メタバース内で暗号資産を使用したいという方は、この記事で紹介した取引所で暗号資産を購入してみてはいかがでしょうか。

    取り扱い通貨数国内トップのコインチェックがおすすめ!

    メタバースで暗号資産(仮想通貨)が使える!関連性や取引方法も紹介
    最新情報をチェックしよう!
    WRITER