BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

独創的なICO仮想通貨、GMT Token(GMT)の特徴、将来性、購入方法は?

ICO案件の中には、独創的なプロジェクトも多く存在しています。今回紹介するGMT Tokenも、間違いなく独自の道を行っており、前例を見ないプロジェクトの一つです。

気になるサービスの内容はもちろん、ICO情報もまとめていますので、是非参考にしてみて下さい。

仮想通貨GMT Token(GMT)の特徴とは?

まず、GMT Tokenとは何なのでしょうか?最初にGMT Tokenに関する基本的な情報から見ていきましょう。基本的な情報を知っているだけで、その後の理解がより一層深まりますので、しっかりと確認してみて下さい。

GMT Tokenとは、OR Realbitという企業が提供しているグローバル・マイニング・プラットフォームです。「ハッシュ・レート」を購入して取引する権利を得られるイーサリアムベースのトークンとなります。

マイニング・プラットフォームと言えば、2018年1月に中国EC大手のアリババがマイニングプラットフォームに参入というニュースが各メディアで話題になったのも記憶に新しいかと思います。(アリババは、P2Pノードは会社のコンテント配信ネットワークビジネスの一端であり、仮想通貨マイニングや独自仮想通貨に使用するわけではないことを後に発表)

マイニングとは?

そもそもマイニングとは、なんなのでしょうか?マイニングの仕組みについて、理解していないとGMT Tokenについて理解を深めることができませんので、マイニングの仕組みについて説明します。

マイニングとは、仮想通貨の暗号化システム、取引履歴のシステムに参加するということです。
仮想通貨は、一定期間ごとに取引記録を取引台帳に追記することで整合性を管理しています。この処理には、ネットワークに分散されている過去の取引台帳データと、追記の対象期間に発生したすべての取引データの整合性を記録することが求められます。このシステムのおかげで、中央管理する機関を必要とせずに、仮想通貨は正当性を保っています。

計算には有志のPCリソースを利用

取引台帳データの整合性を確かめる作業には、膨大な計算量が必要となります。そこで、仮想通貨では、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算をおこない、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記をおこなっています。

計算の報酬として新たなコインが支払われる

しかし、何もメリットがなかったら、わざわざ膨大な計算力を取引台帳データ生合成の為に貸し出しませんよね?

そこで、この追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、報酬として新たな通貨が支払われます。

この報酬は、新たに発行した通貨によって支払われます。つまり、この瞬間に通貨の新規発行われます。この一連の流れを、「マイニング(採掘)」と言います。

ハッシュ・レートとは?

実は、GMT Tokenについて、理解する上でもう一つ知っておかなければならない単語があります。それが、ハッシュ・レートです。

ハッシュレートとは、マイニング(採掘)がおこなわれる際の採掘速度のことを言います。ビットコインにおけるマイニングでは、およそ10分間に世界中のマイナー(採掘者)が一斉に計算をおこない、一つの答えを探します。

この時の1秒あたりの計算回数をハッシュレート(採掘速度)と言います。単位としてhash/sが用いられ、例えば、1Mhash/sでは1秒間に1,000,000回計算がおこなわれていることになります。

ハッシュレートは、仮想通貨の価格やマイナーの報酬、仮想通貨の信頼性にも影響を及ぼす大事な指標となるので、GMT Tokenに限らず、覚えておきたい単語だと言えます。

表で見る!GMT Token概要

 

プラットフォーム

Ethereum

通貨名

GMT

ブラジル

GMTのサービス

・GMTは、複数の暗号通貨で異なるハッシュレートを購入する際に、累積的な割引を提供すします

・GMTトークンは、選択したハッシュレート(BTC/BCH/LTC/など)の購入に応じ割引を適用します

Webサイト

https://globalminingtoken.com/

ホワイトペーパー

https://globalminingtoken.com/docs/GMT_White_Paper.pdf

徹底解説!仮想通貨GMT Token(GMT)

GMT Tokenのサービスや仕組みについて、より詳しく見ていきたいと思います。運営会社であるRealbitについても、紹介しますので、GMT Tokenの全体像がつかめるはずです。

GMT Tokenの仕組み

GMT Tokenは、ハッシュレートトークンの購入で割引を提供するサービスです。ハッシュレートトークンを購入すると、選択したウォレットに対しマイニングを開始します。GMT Tokenは、ハッシュレートトークンを販売するまでは、使用不可の状態となっています。そして、GMT Tokenと割引は何度も使用することができます。

GMT Tokenのここが凄い

GMT Tokenの割引を使用することで、収益性の大幅向上が見込めます。下の表のように、GMT Tokenを購入すればするほど、多くの割引が適用され、より多くの利益を得ることができます。

 

GMTトークン

米ドル

ディスカウント

割引/GH

BTCgH価格

30日間のROI

USD容量

 

$

   

0.50

4.93%

$

1

0.05

10%

0.05

0.45

5.47%

0.45

1,000

50

20%

0.10

0.40

6.16%

400,00

10,000

500

30%

0.15

0.35

7.04%

3,500.00

100,000

5,000

40%

0.20

0.30

8.21%

30,000.00

1,000,000

50,000

50%

0.25

0.25

9.85%

250,000.00

10,000,000,000

500,000

60%

0.30

0.20

12.32%

2,000,000.00

運営会社Realbit

◆プロジェクト
GMT Token以外にも仮想通貨関連のプロジェクトを手がけているRealbit。GMT Token以外のサービスには、170人以上の投資家による世界初のBitcoin Miningファンド「OR Blockchain Investments」・公式のBitmainディストリビュータ、専門家のデータセンターマネージャー、BTCを効率的に採掘するスペシャリストを集めた「REALBIT MINING」があります。

◆メンバー
2018年2月22日現在、GMT Tokenのプロジェクトに関わっている主要メンバーは、CEOの「Bernardo Schucman」をはじめとした7人です。アドバイザーには、6人が参加しているので、全員で13人のプロジェクトチームです。

仮想通貨GMT Token(GMT)の将来性


GMT Tokenのこれからのスケジュールについて、ロードマップやトークン販売の予定をもとに確認していきましょう。GMTトークンの購入方法も、記載していますので、もし気になった方は、参考にしてみて下さいね。

ロードマップで見るGMT Token

 

2017年12月1日〜2018年3月1日

GMTトークンの一般販売

2018年2月1日

BTCおよびBCHハッシュレートバイヤーへの最初のGMTトークンの発行と配布

2018年5月1日

残りの全てのトークンの発行と配布

2018年6月1日

LTCハッシュレート運転開始

2018年7月1日

ETHおよびダッシュハッシュレートの運用

トークン販売スケジュール

 

セール日

発行日

キャップ

プレセール

11月1日〜12月1日

2018年2月1日

2000万

バッチ1

12月1日〜1月1日

2018年3月1日

60百万

バッチ2

1月1日〜2月1日

2018年4月1日

60百万

バッチ3

2月1日〜3月1日

2018年5月1日

60百万

GMT Token の購入方法

2018年2月22日現在、GMTトークンは、まだ購入することが可能です。購入の手順もいたってシンプルですので、サービス内容を理解した上で、トライしてみるのもいいかもしれません。

まず、GMT Tokenの公式ページにアクセスします。
公式ページURL:https://globalminingtoken.com/

公式ページにアクセスすると、TOP画面に大きく「BUY GMT」と書かれたボタンが表示されていますので、クリックします。クリックすると、大きく「Sign Up」と書かれたボタンが表示されますので、クリックして下さい。あとは、新規会員登録ページから「名前・メール・パスワード」を登録し、再度サインインすると、自分が購入したい通貨でGMT Tokenを購入することができます。

セールは3月1日まで

今回は、GMT Tokenについて、まとめてみました。2018年2月22日現在、GMT Tokenはまだ購入することができます。販売期間は、2018年3月1日までですので、もし購入したいという方は、しっかり日にちを把握しておくことをオススメします。

また、GMT Tokenは日本語での情報がほとんどなく、英語のみでしか情報を取得することができません。そのため、英語が苦手な人にとっては、少しハードルが高いかもしれませんが、翻訳機能などを使えば、理解できる部分もありますので、気になった方は、自分の目で確かめてみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial