BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

未来の出会いを創出するICO「Rate Date」の特徴や将来性は?

仮想通貨のICOは、今世界中で一種のブームとなっています。
ブロックチェーンの技術を用いたアイデアがあらゆる場所で披露されていて、それに期待した多くの人々が日夜投資先を探しているのです。
しかしマーケティングや学習方法を新たに提案する試みが目立つため、気軽にICOに参加しづらい雰囲気が感じられるかもしれません。
そこでご紹介したいのが、2018年大注目のICO「Rate Date」です。
Rate Dateは人と人との出会いを提供するマッチングシステムを売りとしたICOで、未来の婚活になるのではと期待する人も増えてきています。
今回はそんな出会いを演出するRate Dateの特徴や将来性について紹介します。

将来的には婚活も可能?Rate Dateの概要をチェック

Rate DateってどんなICO?

仮想通貨ICO「Rate Date」は、主に人間同士の出会いをサポートするシステムを取扱っています。
インターネットを通じたコミュニケーションが当たり前となっている世代にとっては、Rate Dateのような気軽な出会いを楽しめる存在は魅力的に見えることでしょう。
これまでのSNSとはちがい、ブロックチェーンの新技術が利用されていることから、よりスムーズで安全な出会いが提供できるとされています。
グローバルな世界が既に実現している現代、もっと踏み込んだ出会いが流行すると予想する人が、Rate Dateへの投資を検討しているようです。
従来の「出会い」から一歩進んだシステムに興味があるのなら、Rate Dateはチェックする価値のあるICOかもしれません。

2018年はプレセールのチャンス

Rate Dateは2018年、トークンのプレセールをおこなっています。
購入者には通常のレートに加えてボーナスが付属するので、今ならお得に購入することができるでしょう。またRate Dateのトークン「RDT」は、イーサリアムのブロックチェーンプラットフォームを利用している関係から、イーサリアムでのみ購入が可能です。
取引所で日本円や他の通貨をトレードすれば簡単に準備できるので、Rate Dateへの投資を考えるのならまずは投資用のイーサリアムを手に入れましょう。
ロードマップによればRate Dateは2018年のうちに、ウェブサイトのベータ版の解禁やもろもろのサービスを開始すると予定しています。
プレセールから1年以上待たなければサービスが開始されないICOもあるなかで、このレスポンスは安心して投資できる材料の一つとなるでしょう。

開発チームやホワイトペーパーも整っている

ICOへの投資の際に注意したいのが、詐欺などを目的とした悪意のあるプロジェクトです。
せっかく投資した結果が無駄に終わるだけでなく、仮想通貨が戻らないといったことになると大問題であるため、投資前にしっかりと見極める必要が出てきます。
Rate Dateはその点、投資するユーザーが無駄な心配をしなくてもいいようにきちんとした環境ができ上がっているようです。
ICO用の専門サイトが準備されていることはもちろん、CEOや開発者チーム、顧問の顔まで掲載されています。
透明性の高いのがすぐにわかるので、比較的投資しやすいICOだといえるでしょう。
また公式サイトやホワイトペーパーがいつでも閲覧できるため、Rate Dateの特徴や資金状況をすぐに確認できるのもメリットです。
はじめてICOに投資する人は、なるべくRate Dateくらいオープンなプロジェクトを選ぶことをおすすめします。

気軽に素敵な出会いを探せる!Rate Dateの特徴について

デジタルな時代で出会いをサポート

Rate Dateはその名の通り人の出会いをサポートし、双方の意思を尊重したデートを取りまとめるICOです。
ネットワークの発展はさまざまなものを便利にしましたが、同時に人間同士のつながりや接点を薄めてしまったともいわれています。
Rate Dateはそんな社会にブロックチェーンを利用したシステムを届けることで、新しい出会いの方法を提案しているのです。
ネットを介した出会いに抵抗を感じることが少なくなるであろう将来、Rate Dateのシステムは出会いを求める若者が利用する当たり前の手段になるかもしれません。
Rate Dateは単純にグローバルなコミュニケーションを推奨するプロジェクトとしても解釈できるので、今後同じ趣味を楽しむ仲間を世界中から集うようなサービスが出てくることも考えられます。
ブロックチェーンを利用した出会いのスタイルからは色々な未来が想像できるので、先行投資しておくのもいいかもしれません。

オークションというユニークな形

Rate Dateではオンラインビデオを使い、出会いを兼ねたオークションを開催できるのも特徴です。
自分のプロフィールとオークションの開催時刻を設定し、実際にそこに来てくれた人とオンラインビデオでコミュニケーションを取る。そうした手順によって「なかなかいい人と出会えない」といった問題を解消し、よりスムーズな交流を促進します。
もちろんRate Dateを利用しているユーザーはオークションを見に行くこともできるので、積極的に出会いを求める人にもおすすめです。
RDTトークンがあればさらにギフトやステッカーといったアイテムを利用することも可能なので、自分の好意を表現しやすくなるのもポイント。
Rate Dateのオークションはユニークでありながら、実は非常によくできたシステムと評してもいいのかもしれません。

安心して利用できる環境

出会いをサポートするシステムと聞くと、どうしても安全性や健全性といったものが気になってしまいます。
Rate Dateはそうした問題を把握しているので、不健全な内容や商業目的の出会いをシャットアウトする意向を表明しています。
あくまで本当に出会いたい人、生涯のパートナーを探したい人のためのプラットフォームとして、Rate Dateは稼働していくことを目指しているようです。
グローバルかつ安全な出会いを求めるのなら、Rate Dateがうってつけのサービスになる日がやってくるかもしれませんね。

人が出会える機会が増える?Rate Dateの将来性に期待

婚活のメインの手段となる日がくるか

Rate Dateはその広い出会いの場を利用して、未来の婚活のメインとして台頭するかもしれません。安全を確保でき、かつスピーティーな出会いが実現できるのなら、利用者は増えていくことでしょう。
Rate Dateは単純にデザインや使いやすさにもこだわっているようなので、将来的にユーザーは世界中に広がっていく可能性はあります。
よりグローバルで効率的な婚活が、Rate Dateによって標準となるかもしれません。

自分の趣味や考え方に同調してくれる人と出会いやすくなる

趣味や考え方は、パートナーを見つける上で重要なポイントです。
Rate Dateはそういった出会いに肝心な要素を尊重した出会いのシステムを構築していくので、これまで以上に自分と合う人と出会いやすくなるかもしれません。
出会いをマッチングすると謳いながら、実際に出会えることは稀な既存のサービスとはちがって、Rate Dateはブロックチェーンの技術とそれによって生み出されるトークンを用いています。
ユーザーから直接たくさんのお金を集める必要がないので、健全でユーザーの使い心地を重視したサービスが提供できるのです。
Rate Dateは自分に欠かせない友人や恋人を見つける上で、将来的に何よりも頼りになるサービスとなることだってあり得るでしょう。

ブロックチェーンで世界の人々をつなげるRate Date

Rate Dateはブロックチェーンの技術を最大限活かした出会いのシステムを作り上げることで、世界の人々をより身近な存在とするでしょう。
商業理由や不健康な理由を排除した環境は、すべてのユーザーにとって魅力的な場となり、本気で交流や結婚を求める人々を引き寄せます。
もしかしたらRate Dateを通して、いつでも簡単に素敵な誰かとつながれる未来がやってくるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial