BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

投資を助ける便利なICO「Scrinium」の特徴や将来性は?

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

仮想通貨を利用したICO(Initial Coin Offering)は、ビットコインや有名アルトコインとは少しちがった特徴と魅力を持っています。
ICOとはサービスや技術をはじめるための資金集めですが、ブロックチェーンに関わる場合は投資した額に応じた独自のトークンをもらえるのが一般的です。
展開されたサービスが成功した場合、先行投資で手に入れたトークンには価値がつくため、上手くいけば大きな利益をあげることができるでしょう。
2018年もまた、魅力的なICOがどんどん発表され、新しいチャンスをユーザーに提供してくれています。
今回は特に魅力的なICOである「Scrinium」についてご紹介しますので、ICOへの投資を考えている人はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
Scriniumはトークンそのものだけでなく、分散型投資フォームとしても大変便利なシステムを提供してくれるので、投資全般に興味がある人はチェックしておいて損はないでしょう。

Scriniumの基本について!まずは概要をチェックしよう

2018年に本格始動開始

Scriniumは2017年3月にアイデア開発がおこなわれ、同年6月までに分析とリサーチをおこない、7月に開発の初期段階を迎えたICOです。
その後もテスト用のプロトタイプを開発するなど、順調に進展しているようです。
2018年2月現在もICOの資金調達とプラットフォームの開発が進められていて、5月には公開プロトタイプをリリースし、9月には製品リリースが予定されています。
イーサリアムのプラットフォームが元となっているため、多くのICOと同じように拡張性や利便性に期待できるのも魅力。
ERC20の1つとなっているので、ウォレットの互換性に悩むこともないでしょう。
トークンの単位は「SCR」で表され、ICO中に売れなかったものはすべて破棄される仕様になっているそうです。
購入はイーサリアムとビットコインのいずれかで可能なので、Scriniumを求める場合はどちらかを準備しておきましょう。
本格始動となる2018年には多くのユーザーが購入に踏み切る可能性があるので、興味があるなら早めにチェックしておきましょう。

きちんとした環境が整っている

Scriniumは公式サイトが準備されているので、いつでも簡単にICOの概要を確認することができます。
残念ながら日本語に対応していませんが、気になったらすぐにその特徴や投資方法にたどり着けるのはありがたいですね。
公式サイトでは今後のロードマップやトークンの詳細な割り当ての他、開発チームの名前と顔写真が掲載されており、透明性の高いICOといえるでしょう。
近年では怪しいICOなどもめずらしくなくなっているので、サービスの詳細や開発者の顔が見やすいのは大きな利点だといえます。

投資家を助ける便利なシステム!?Scriniumの特徴やメリット

個人に最適な投資計画を提供するプラットフォーム

Scriniumとは、投資家の求める結果を達成するための「投資計画」を提案するシステムです。
簡略化して説明すれば、実際に資産を動かすトレーダーと投資家を結びつけるプラットフォームとなり、大切な資産をより効率的に運用したいときに利用するツールといえるでしょう。
単純な投資信託とはちがい、世界中のトレーダーの実績と投資家(ユーザー)の設定する収益率やリスクレベルが考慮されるので、自分では気づけないような投資計画が立てられます。
投資の知識や市場を分析する能力がまだ未熟な場合も、Scriniumを使えば現段階で最適な投資方法を見つけることも難しくありません。
仮想通貨や株式、FXといった投資には、いくつもの「おすすめ投資方法」が存在します。
しかしそれらの方法は個々のポートフォリオ(資産の種類・組み合わせ)には対応できないため、状況によっては決して最適なものとはいえなくなってしまうのです。
Scriniumはユーザー個人にとっての最適を求めてくれるシステムなので、投資で利益をあげたい人には非常に便利なものとなるでしょう。
投資の勉強をしたい人にもおすすめできるので、仮想通貨以外も色々と手を出しているのならこれを機にチェックしてみてはいかがでしょうか。

ユーザーは自分に合った使い方を選べる

Scriniumでは、投資するユーザーが自分に合った使い方を選ぶことができます。
投資したい資産の種類、リスクと求める収益性を自由に設定できるので、無理をせずに目標とする値を目指せるでしょう。
投資先の市場に詳しい場合は、ドローダウンや取引量、その他の制限などを細かく設定して、より専門性の高い計画が立てられます。
自分の思う通りの投資ができるため、利用中のストレスや心配を最小限に抑えることができるかもしれませんね。
またScriniumは投資する側・トレーダーの両方から手数料を取らないので、利用に関する余計な費用を必要としないのも特徴。
さらに契約に対する拘束力もないので、いつでも好きなときにScriniumの利用を止めることができます。
投資を自分一人でおこなうのは難しい、けれどルールに拘束されたくはない。そんなユーザーにとってScriniumは、大変魅力的なプラットフォームとなるでしょう。

Scriniumは投資の常識を変える!?将来性と可能性について

投資がさらに一般化する可能性

仮想通貨が世界中で広まりつつある事実は、これまで以上に投資が一般的なものになる可能性の表れでもあります。
しかし誰もが投資家になれるわけではなく、多くの場合は仕事や家事をしながら片手間で投資をすることになるでしょう。
そうなると本格的な投資計画をじっくりと考えることができないため、なにか便利なサポートが必要になることは想像できます。
そこでScriniumの出番となるのです。
Scriniumは投資に役立つ多くの情報を持ち、それをユーザー個人に提供してくれるため、仕事や家事をしながらでも利益を狙った本格的な投資が可能となります。
片手間でも投資をしたいといった個人が増えるのなら、Scriniumの将来はかなり明るいものとなるでしょう。
仮想通貨の影響で投資に関心が持ちやすくなっているので、Scriniumの将来性に期待して先行投資を考えてみるのもいいですね。

Scriniumのようなプラットフォームを参考にするのが当たり前になるかも?

投資で利益を得るためには、さまざまな知識や市場の流れを読む力が必要となります。
そういった情報を効率良く取得するには、Scriniumのようなプラットフォームを利用するのが手っ取り早いでしょう。
もしScriniumが成功すれば、今後も同じようなサービスが展開される可能性は十分あります。
すると投資の前にはScriniumのようなサービスで投資計画を立て、それを参考に投資するのが当たり前になるかもしれません。
Scriniumはこれまでに前例のないサービスであるため、実際にどのようなユーザーに広まっていくのかはわかりませんが、未来の投資になくてはならないツールになることだって考えられます。
今のうちにその将来性を買っておけば、トークンによって大きな利益を得られるかもしれませんよ。

トレーダーにもメリットがある?

投資家だけでなくトレーダーも、Scriniumが発展することでメリットを得られます。
仮想通貨やその他の投資に興味があり、専門家として活躍したいと考えているのなら、Scriniumのようなプラットフォームが活動の場としてふさわしいものになるでしょう。
Scriniumには仲介者がおらず、トレーダーにも手数料がかかりません。
将来的にトレーダーの人数が増えれば、Scriniumはさらに便利な場所となり、その価値を高めることになるかもしれません。

Scriniumは2018年大注目のICO!

Scriniumは数あるICOのなかでも、2018年特に注目すべき対象となっています。
もしかしたら今暴騰しているトークンのように、SCRが高値を付けることがあるかもしれません。
今のうちにその特徴や魅力を確認して、先行投資を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP