BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

グローバルマーケットを作りだすICO「MarketXL」の特徴や将来性は?

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

仮想通貨は世界の共通通貨として、これからも市場規模が拡大していくことが期待されています。
もし仮に仮想通貨が世界のどこでも利用できる通貨となることができた場合、次に求められるのはおそらく世界に広がる共通のマーケットでしょう。
「MarketXL」はそんな未来のグローバルマーケットの開発を目指すICOとして、2018年にトークンのセールを開催しています。
どこからでもアクセスできて、どこからでも共通の価格帯で購入できるグローバルマーケットの登場は、商品やサービスの販売方法を塗り替えるかもしれません。
MarketXLの特徴や将来性をチェックして、今後ICOが成功するかどうか見極めてみてはいかがですか。

グローバルなマーケットで世界を席巻!?MarketXL計画の概要について

仮想通貨を上手に活かしたマーケットをつくる

MarketXLは、仮想通貨のグローバル性と流動性を活かしたマーケットの開設を目的としたICOです。
将来的に現在のインターネットショッピングや実店舗での買いものが過去の技術になると予想したメンバーによって運営され、新しい市場原理の想像を目指しているそう。
マーケット内では独自のトークン「MXLトークン」を利用することで、さまざまなサービスに利用できます。
よりスピーディで活用しやすいスマートトークンを自ら作りだすMarketXLのプロジェクトは、日々の買いものをさらにお得で楽なものにしてくれるかもしれません。
マーケット全体の将来を左右する可能性すらある企画力であるため、MarketXLで配布されるトークンは今後高値をつけることもあるでしょう。

MarketXLは2018年3月現在、先行販売のプレセールを実施中です。
そのためお得なボーナスと合わせてトークンを購入したいのなら、今がチャンスだといえるかもしれません。
販売は2018年8月までおこなわれ、その後は取引所等と交渉して上場を目指すとのこと。
MarketXLが今後マーケティングの基礎を作るという予想を信じられるのなら、投資を検討してみてはいかがでしょうか。
MXLトークンはイーサリアムのプラットフォームが利用され、ERC20にも対応。そのため投資するにはイーサリアムを準備する必要があるので、取引所などで購入しておくとよいでしょう。
ちなみにプレセール中の最低購入額は、0.009ETHとなっています。

創業者の実績に期待できる?

MarketXLには公式サイトがあり、発案者や開発メンバーがオープンにされています。
とりあえずICOに参加したいと思わせるだけの信頼性は確保できているといえるでしょう。
また創業者であるCarlos Afonsoは、2002年にポルトガルのコミュニティ市場をつくりだした実績があり、このICOでもその経験を活かしていくことが期待されています。
かつて新しい市場作りに挑戦した人物が、仮想通貨業界でどのような活躍を見せるのかに注目するのなら、MarketXLへ投資してみるのもいいかもしれません。

分散型市場が最大の魅力!MarketXLが持つ特徴とは

未来の分散する市場に向けた準備

MarketXLは今後、技術やシステムがどんどん高度になって細分化していくであろうマーケットを見越した、分散型市場の提供を目指します。
市場が分散してしまうと、購入したいユーザーが別々のサイトや通貨を使わなければならなくなるため、非常に買いものがしづらい世の中になってしまうでしょう。
そんな分散型市場をまとめるには、グローバルに展開するシステムが必要となります。
MarketXLはそんなシステムを仮想通貨とブロックチェーンの技術によって作りだし、世界中で利用できるようにするとのこと。
予想したように市場が細かく分散するのだとしたら、特別な技術やメリットを持った商品を買うのに面倒な手順が必要になってくるかもしれません。
MarketXLがこれまでどおり買いものを楽しめるプラットフォームを創造することができれば、将来的になくてはならない存在として確立する可能性もあるでしょう。

手数料の安さで商品価格を抑える

分散型市場がユーザーにとって有益なものであるためには、価格の安さが重要なポイントとなります。
MarketXLは手数料の安さで出品者に還元し、その分価格を下げてもらうことを目指すようです。
MXLトークンがその役割を担うことで、スムーズで利用しやすい市場を作り上げることでしょう。
またMXLの操作に関連するコストはブロックチェーンによって最小限に抑えられているため、そもそも手数料自体があまり負担にならない環境になるとのこと。
その点こそMarketXLが他の市場とちがうメリットだということなので、商品価格も特徴的なものになるかもしれません。

国境のないグローバルな市場

MarketXLはどこの国からでも、どんな人でも参加できるグローバルな市場を展開する予定です。
国境のない市場は仮想通貨という流動性の高い通貨の登場によって現実味を帯びてきているため、MarketXLの計画に期待する人も多くなるでしょう。
他にもグローバルな市場を目指すICOはたくさんあるので、それらとどのように差別化していくかが、MarketXLのこれからを左右するポイントになります。
MXLトークンが明確な特徴を持った通貨だと認知されたとき、価格の上昇につながるかもしれませんね。

本当に分散型市場はくるのか!?MarketXLの将来性について

MarketXLの将来に期待することといえば、やはりMXLトークンを中心に回る市場の形成でしょう。
それもすべてを一直線でつなぐのではなく、分散したそれぞれの場所をつなげる存在となれれば、MarketXLがあらゆる場面に欠かせない通貨となります。
既にインターネットの発達によって、世の中の市場はかなりグローバルで便利なものになっているといえるかもしれません。
しかし仮想通貨とブロックチェーンが、そのさらに先を示唆しているとMarketXLは考えるようです。
まだまだ未知数な部分も多いですが、MarketXLを中心に広がる市場に興味があるのなら、投資の機会を狙ってみてもいいでしょう。

さまざまな文化や技術が融合していく?

MarketXLで市場がグローバル化すると、さまざまな文化や技術が自然と集まっていくでしょう。
それはやがて新しいシステムや魅力を作ることにつながる可能性を秘めているため、そういった文化の融合にも期待できるかもしれません。
MarketXLは商品やサービスだけでなく、コミュニティや契約を積極的につなげていくことも計画しているようです。
そういった場所でたくさんの文化のやりとりがおこなわれていけば、さらに素晴らしいアイテムやサービスが誕生するかもしれませんね。

ロードマップの詳細に期待?

MarketXLはロードマップをユーザーに解放していますが、ざっくりとしたステージ構成が書かれているだけで、イマイチどのような作業がおこなわれるのかわかりづらく感じてしまいます。
特に最終段階のプランが曖昧で、ICO後にどのようなシステムや環境を目指すのかがロードマップだけでは伝わってこないかもしれません。
ロードマップを詳細に記すことがMarketXLの将来性を変えることになると思われるので、これからの改善には注目したいですね。
ICOへの投資を考えるユーザーは、トークンを購入してから不安を覚えないためにも、ロードマップの充実度はチェックするようにしましょう。

MarketXLが市場を変えるICOとなるか!?

最近の仮想通貨ICOは、現在の市場原理やシステムに疑問を持ち、自分なりの解決法を提示するものが増えてきているように感じます。
そんな激戦区で多くの資金を集めるには、確かな技術とさまざまなアピールが必要になるでしょう。
MarketXLがこれからどのように躍進し、その魅力を伝えていくのかは、ICOをチェックしているユーザーにとって重要な情報となるかもしれません。
サービスに興味がある、トークンの値上げに期待したい、そういった人はプレセール以降のMarketXLにもぜひ注目しておきましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。
PAGE TOP