BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

次世代の買いものを実現するICO「Shping」の特徴や将来性は?

商品の売買を便利にする技術やシステムを提供する仮想通貨ICOは、年々増えてきています。
なかでも実店舗での利用に特化したICO「Shping」は、その他のICOと比べてもかなり魅力的な存在だといえるでしょう。
Shpingは現在のネットを中心とした買いものスタイルを次の次元に押し上げ、消費者にとっての新しいメリットを提供してくれます。
マーケティングを楽しいものに変える可能性を秘めたShpingの特徴や将来性が気になるなら、ぜひこちらでチェックしていきましょう。

マーケティングを変える存在?ICO「Shping」の概要とは

Shpingとはマーケティングに関する技術革新を目的としたICOで、2018年1月からトークンの事前販売が開始されています。
将来的に小売りや販売ブランドのシステムを大きく変えると宣言していて、買いものを頻繁にする人にとっては魅力的なICOだといえるでしょう。
特に消費者にもメリットが多いシステムが特徴的で、Shpingが広まっていけば買いものをするだけでも利益が得られるようになるかもしれません。
Shpingのプラットフォームにはイーサリアムのブロックチェーンが使われていて、ERC20の一種にもなっています。
参加に使える通貨が豊富なのも魅力で、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)だけでなく、ライトコイン(LTC)、ダッシュ(DASH)、ジーキャッシュ(ZEC)、イーサリアムクラシック(ETC)、法定通貨で投資をおこなうことが可能です。
あらゆる通貨で投資が行えるということは、資金を集めやすいということになるので、Shpingのシステムが採用されていく可能性も高まることでしょう。

安心して投資できるICO

Shpingにはきちんとした公式サイトが用意されていて、いつでも企画の詳細を確認することができます。
内容も非常に見やすく整理されているので、日本語に対応していない現段階でもメリットを理解するのは難しくありません。
またサイトには開発チームの名前や顔写真が載せられているので、透明性の高いICOとして評価されています。
チームメンバーもかなり多いので、システムの発展にも期待できるかもしれませんね。
もちろんホワイトペーパーもあるので、より詳しくShpingを知りたいのなら目を通してみるといいでしょう。

買いものを楽しくさせる技術!Shpingの特徴について

商品の情報が簡単にチェックできるようになる

Shpingはお店で売られている商品のバーコードをスキャンすることで、その商品に関するあらゆるデータを消費者に提供してくれます。
製造元から提供されている情報はもちろん、関連する商品や製品の回収状況(問題がないかどうか)、さらに製品レビューや真贋まで1度にチェックすることが可能です。
またShpingを利用している他のユーザーから報告された「ここだけの情報」も確認できるので、商品の購買意欲を高めることができるでしょう。
Shpingは消費者がよりイメージ通りの購入意思決定がおこなえるようにサポートすることを目的としたことから、こういった簡単な情報収集システムを作り上げたようです。
多くのユーザーがもっと慎重に買いものをしたいと考えているのに、現在はその買いもの基盤が整っているとはいえません。
ネットで購入すると現物を手に取ることができず、実店舗で購入すると商品の詳細なデータを瞬時に調べることができない不便さは、誰もが感じていることでしょう。
しかしShpingがあれば、買いたい商品を手に取りながらすぐに関連するあらゆる情報を獲得することができます。
ユーザーは手に取った感覚以上の情報が手に入ることに安心感を覚え、より買いものを楽しめるようになるでしょう。
Shpingは現代の買いものを大きく変える、最初の一歩になるかもしれませんね。

消費者に報酬が与えられる

Shpingは商品のスキャンやマーケティング活動への参加などをたユーザーに対して、トークンで報酬を与えるシステムを導入しています。
普通の買いものが利益を得るチャンスに変わるため、節約志向やショッピングが趣味の人にもおすすめされるICOですね。
サービスへの積極的な参加はShpingのシステムや環境をより良いものとするきっかけにもなるため、結局は自分のメリットにもなることがポイント。
偽ものや危険な商品を手に取る可能性を減らすだけでなく、金銭的なメリットがあることから、Shpingは今後一般的な買いものスタイルの一種となるかもしれませんね。

販売側にも大きなメリット

Shpingはこれまで企業や実店舗が広告のために使っていた資金を消費者に還元する形を提供しているため、より直接的で効果が期待できる宣伝プラットフォームとなっています。
しかもShpingは店舗で購入を迷っている最中に有益な情報を提供できるので、これまでのCMや看板広告とはちがうリアルタイムでのマーケティング活動が可能となるのです。
おまけにShpingを使った消費者は報酬が得られるため、お互いにとってwin-winの関係を維持することができるでしょう。
Shpingは販売側の広告スタイルまでも大きく進化させる可能性を秘めているため、もしかしたら今後広告を目にするタイミングが変わってくるかもしれません。

Shpingでこれからの店舗はどう変わるか?期待できる将来性に注目

実店舗の価値が高まる

Shpingのシステムは、実店舗で商品を手に取ることが前提となっています。
そのため近年ネットショッピングの台頭によって苦戦を強いられてきた実店舗が、新しいマーケティングの場として復活するかもしれません。
実店舗での買いものは消費者にとっても納得できる経験となるため、よりほしいものを探しやすくなります。
そして店舗も来店客が増えることで利益を確保しやすくなり、より良いサービスへの発展につなげることができるでしょう。
Shpingは将来的にネットの情報力と店舗のリアルな魅力を合わせた、まったく新しいマーケティングスタイルを作りだす可能性を持っています。
今のうちに投資をしておけば、Shpingのトークンが価値を上昇させるかもしれませんよ。

買いものがもっと楽しいものになる

Shpingは消費者と販売側の距離を近づけることで、これまで以上に「楽しめる」マーケティングスタイルを提供することを目指しているようです。
Shpingのシステムは一種のコミュニケーションとなり、買いものの体験をさらに感覚的なものとしてくれます。
それは生活用品や趣味のアイテムを購入することに楽しみを与え、精神的なメリットにもつながることでしょう。
将来的にはShpingによって、「ただ安いいものを選択する」買いものが、「自分にとって1番役に立つものを選択する」ことに変わるかもしれません。
ショッピングが好きな人は、ShpingのICOをこれからもチェックしておくといいでしょう。

Shpingが新しい決済の手段にもなる

Shpingは自らが配布するトークン「Shping Coin」を、今後新しい決済方法として確立することを目指すとしています。
世界のどこでも使える通貨として、さらに実店舗での買いものに特化した通貨として広まれば、どこでも気軽なショッピングができるようになるでしょう。
またShping Coinが普及すれば、日本から海外の通販サイトを利用する際にも余計な手間をかけずに買いものを行うことができます。
国の境を気にしない買いものは、Shpingが広まっていくことでどんどん現実味を帯びていくことでしょう。

Shpingが消費者の感覚を変えていくかも

Shpingは上記のような特徴や将来性をアピールしたことで、世界中から多くの支持を集めはじめています。
現在のマーケティングスタイルはまだまだ発展途上で、もっともっと良くなる要素を含んでいるとみんなが感じているのでしょう。
実店舗の存在が揺るぎだしている今だからこそ、Shpingのようなシステムには価値が生まれています。
Shpingの魅力に納得できたのなら、ぜひこの機に投資を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial